南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  清教学園:第2回「清教模試」に参加者636名 

現在、大阪府の高校入試状況は、大きく変化しようとしています。
文理科の誕生・私立の授業料の実質無償化など、いくつかの理由があるわけですが、私立の中学校にも、その影響は及んできています。
そういった影響については、別にエントリーを予定していますが、そういった中で、「私立」が注目されているのはまぎれもない事実です。

さて、そういった流れの中、11/3に実施された清教のプレテスト会「清教模試」ですが、昨年の1割以上増員の636名という参加者がありました。

以下は、過去3年間のデータです。
テストの受験者数と、4教科平均を併記しています。
清教模試では、昨年から3教科・4教科の2種類の判定を実施されていますが、2008年度との比較のために4科平均のみを記載しました。

     2008年  789名     4科平均 168.1点
     2009年  560名     4科平均 171.2点
     2010年  636名     4科平均 168.2点

昨年は、受験者人数が落ち込み、募集コースの変更などが影響したかと心配されましたが、今年度は約80名の増加。
2004~2005年の水準に戻した格好ですが、新コース体制であっても、清教の本質に変化はないという学校側の着実な説明が受験生に浸透してきたのではないでしょうか。


お気づきの方もあると思いますが、11/3は清教だけではなく、帝塚山学院泉ヶ丘もプレテストを実施しています。
受験生からすると、どちらかの学校を選ばないといけないわけで、それだけ専願度が高いテストといえるでしょう。
今後、今回の試験の結果や、後日、実施される懇談の結果などを参考に受験生は動くわけです。
しかし、清教は従来から受験生の専願傾向が強い学校ですから、清教模試の結果が入試当日の受験者数に影響する可能性が高いため、注意が必要です。

今回の試験問題を確実に理解しておくとともに、しっかり、過去問を研究しておきましょう。



なお、最近の3年間の両校の受験者数を合計してみると、以下のような数値です。

     2008年  1287名
     2009年  1085名
     2010年  1232名

この結果を見ても、受験希望者の増加が分かると思います。



この時期になると、受験者数や模試の結果など、さまざまなデータが見えてきます。
しかし、そうはいっても、当面は着実に力を伸ばすことしかありません。
見逃している知識は無いか、苦手は克服できたか、あいまいな解法で満足していないか等、きちんと自己点検をして、入試当日に備えてください。




スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1919-1e4f9e4d

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。