南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  五ッ木・駸々堂第4回 結果分析:共学校 

第4回の五ッ木・駸々堂の結果分析です。

今回は、共学校。
数年前に比べて、学校が増えました。

対象は、当Blogで取り上げている中学校が中心です。
五ッ木・駸々堂の分類にしたがって、コース別に分けている場合は、コースごとに分析をしています。

--------------------
表の見方
--------------------
対象としたのは、各学校の1次入試(前期、A日程などの呼び方もありますが、1番早い時期の入試だと考えてください)の志望者の動向です。
これは、志望者の数が一番多くなっているということと、他校との掛け持ちがしにくく、希望が比較的ストレートに出ているデータだと考えられるからです。

   ◎志望者数推移
      その学校を志望校とした生徒さんの人数の推移です。
   ◎平均偏差値
      志望者の偏差値を平均したものです。
      五ッ木・駸々堂やその他のテスト会が設定する
      合格基準偏差値とは違います。
      志望者全体のレベルの変化を比較するための数値としてあげました。
      ただし、志望者の人数が少ないと、誤差も大きくなります。
   ◎1000人あたり人数
      全受験生に対する志望者の人数を
      1000人中何人かという形で表現しました。
      百分率(パーセント)の10倍ということが出来ます。
      年度によって、五ッ木・駸々堂の全体の受験者数に変動があります。
      そのため、実人数とは別に計算をしてみました。



上宮志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次特進 65 48 45 43 42 43 7.7 6.1 6.2
1次標準 91 92 82 39 39 39 10.8 11.7 11.2
志望者人数は、1000人当たり人数から見て昨年並み。ただし、特進の平均偏差値が上昇していることに注目。今回のデータからは、女子の希望者数はわからない。
関西大学連携浪速志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次A関大 66 52 39 38 41 45 7.8 6.6 5.3
1次A特進   49 40   39 40 6.2 5.5
 昨年よりも人数は減じているが、平均偏差値が大きく上昇。大学連携校はどこも増加傾向だが、学校の改革が根付いてきたことも、大きな要因。
近畿大学附属志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期医薬 63 58 52 50 51 50 7.5 7.4 7.1
前期特進 186 161 129 48 48 48 22.1 20.4 17.6
前期標準 284 234 197 43 43 43 33.7 29.7 26.9
 平均偏差値は微減といったところだが、志望者が大きく減じている。関関同立レベルの連携・提携校の増加が影響しているか。次回以降の状況に要注目。
清教学園志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期S特進2類専願 343 197 180 54 53 54 40.7 25.0 24.6
前期S特進1類専願 286 217 210 50 49 49 33.9 27.5 28.7
 ほぼ、昨年並みとなったが、特進Ⅱ類のレベルが上昇。1000人当たり人数では、2009年が52.5、2010年がとわずかに増加傾向。上位の生徒の動向を注目したい。
清風南海志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
男子A日程S特進 54 53 50 65 65 64 6.4 6.7 6.8
男子A日程特進 164 145 136 59 60 59 19.5 18.4 18.6
女子A日程S特進 56 50 71 65 66 66 6.6 6.3 9.7
女子A日程特進 110 104 88 60 60 61 13.0 13.2 12.0
清風南海も大手塾の影響を受けやすいが、データでは、3年間で、大きな変化はない模様。ただし、女子A日程のS特進の人数増は要注意。 
初芝富田林志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次Ⅲ類 58 51 40 51 51 51 6.9 6.5 5.5
1次Ⅱ類 59 60 45 47 47 48 7.0 7.6 6.2
1次Ⅰ類 85 82 63 42 44 43 10.1 10.4 8.6
1000人当たり人数で、2009年24.5人が、今年は20.3人と減じている。 レベルに大きな変化は無いようであるが、実人数でも45名の減となっている。初芝立命館に流れたか。
初芝立命館志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
A日程立命館 56 43 59 38 42 43 6.6 5.5 8.1
 実人数で16名の増加。平均偏差値も上昇傾向である。茨木市への立命館進出を受け、大阪北中部での注目度が上がっている。人数・レベルともに難化傾向か。
桃山学院志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
A方式選抜 51 63 48 49 50 49 6.0 8.0 6.6
A方式進学 132 141 104 44 44 45 15.7 17.9 14.2
 志望者人数が52名の減。選抜で平均偏差値を1ポイント下げた分、進学で1ポイント上げた格好だが、上下の差が詰まってきたよう。


なお、上記のデータ以外の、一部の学校・コースについては、データ数が少ないなどの理由で取り上げていない場合があります。
また、帝塚山学院泉ヶ丘に関しては、今回から専願・併願の別ができましたので、昨年との比較がすぐできません。
そのため、明日以降にエントリーします。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1914-1e0a2f7a

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。