南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  高校無償化:私立高校では? 

民主党の代表選挙も終盤戦。
子供手当てや高校授業料の実質無償化を掲げているだけに、けっして現在の教育環境と無関係とはいえません。

ところが、意外と知られていないのが「私立高校」の授業料についての情報。

先日、羽衣学園中学校・高等学校の説明会で、大変、わかりやすい資料が紹介されましたので、ご紹介します。

資料は「高校無償化で私立高校の授業料負担はどう変わる?」と題されたリーフレットで、下の図はその抜粋です。
意外と知られていないことですが、国の支援金・府の補助金ともに、私立「高校」では利用できるのです。

図は、大きく2段に分かれていて、上段が年間の費用、下段が月あたりの保護者負担額になっています。
羽衣学園の年間授業料は55万円ですが、年収500万円以上の家庭で、月額約36000円、430万円以上の場合は約21000円、350万円以上は約13000円、それ以下は負担がありません。
現在、中学受験をめざされている方は、お通いの塾の費用と比較していかかでしょうか。

私立高授業料


もちろん、この制度は「授業料」を対象にしたもので、入学金・教科書代・修学旅行の費用などは対象外。
ただし、上記以外にも各種の奨学金制度がありますので、そういったものを利用すると、もっと、負担が軽減されます。
ただし、奨学金は給付と貸付があります。

羽衣学園が作成された資料ですが、以下のリンクからご覧いただけるようにしました。
表面・裏面ともpdfファイルになっています。

   》》》「高校無償化で私立高校の授業料負担はどう変わる?」  》》■表■  》》■裏■

なお、上記の表は、羽衣学園の授業料を元に作成されているわけですが、実は羽衣学園の年間授業料は、府下私立高校の平均金額と同じに設定されているそうです。
そういった意味でも、上記の資料は一般的なものとして考えることが出来ます。


残念なのは、私立「中学」に対してはこういった制度がないこと。
府の考えでもあるのですが、本来、義務教育として公立中学校が整備されている中で、私立中学へ通わせるというのは、各家庭の選択によるわけです。
あえてそういう選択をするならば、経済的にも当事者(各家庭)が負担すべきということのよう。

しかし、公立中学校が担えない部分を私立の各校が補っているという面もあるはずです。
そういった点も、もっと注目されていいと思います。




スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1905-fc8e0591

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。