南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  家庭学習のワン・ポイント:(1):家庭学習って? 

今回から数回にわたって、家庭学習で効果をあげるためのコツをエントリーします。
受験生はもちろん、低学年の方にとっても参考になる内容にできるよう、がんばります!

今回は、塾での学習と家庭学習の違いを考えてみます。


塾によっても指導方法・方針が違いますから、一概に言えませんが、塾での学習は次のような流れだと思います。

  新しい事柄を学習する
     ↓
  学習した内容を演習する
     ↓
  時期を見て定着の程度を確認する

また、受験を目指す場合は、「限られた時間に実力を発揮する練習」も行いますし、時には、様々な「ウラワザ」「テクニック」も指導します。


実は、「勉強」ということから考えると、大切な作業が抜け落ちています。
それは、「身につける」「出来るようになる」という過程です。

「理屈はわかっても、自分でやるとなると練習が必要」ということは、世の中にたくさんあるわけで、「勉強」もそのひとつ。

算数で、つるかめ算の解き方を学習しても、自分で解けるようになるには練習が必要です。
また、「1600年 関ヶ原」と習っても、覚える作業は自分でしなければなりません。


つまり、塾で習い家庭学習で定着するというのが、基本的な流れです。
そうすると、次のような学習が家庭学習に分担されることになるでしょう。

   ・知識を身につける
   ・「できる」ことを、「よりはやく正確にできる」ように練習する

実は、これ以外に「時間を気にせず、じっくり取り組む」というのも家庭学習の大切な働きですが、それについては今後、エントリーします。


※多くの塾では…
  自習室・自習の時間など設けて、上記の作業をする機会を作っていると思います。
  それはどんどん利用していただきたいのです。
  それでも、家庭で何もしなくていいわけではありません。
  塾によって指導方法など違います。
  ひとつの参考としてご覧下さい。



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1904-b8811ced

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。