南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  図を見る力養おう! 

算数は、いろいろな力を伸ばすことが出来る教科です。

例えば、論理性がなければ答えは導き出せませんし、計算力はもちろん、読解力の一部も伸ばせます。
中でも、図を見る力は、算数ならではかもしれません。

しかし、特に女子をはじめとして、苦手な生徒さんがいるのも事実。
たとえば…
以下の図は、立方体ですね。

立方体



この図を、何度説明しても六角形と答える子がありました。
どうも、以下のように見えるらしい。

六角形


何度も書いたり、立体を作ったり、問題を解いたりするうちに心配はなくなりましたが、大人などすでに当たり前と思って感じている人からすると、理解しにくいことかもしれません。

要するに「目に映っていること」と「映像の意味を理解していること」は違うようで、私も授業中に「見えてる?」と、何度も確認したりします。(言い方によっては、失礼な言い方なので、充分に注意していますが…。)


一番効果的なのは、立体物を様々な視点から眺める経験のようです。
自分で、展開図から立体をつくるとか、画用紙から円すいを作るとかいう経験の中からも学べるようです。


しかし、おそらくこれも低学年のほうが効果的。
受験生には、そんな余裕がないかもしれません。

そこで、お勧めしたいのが、「図の書き取り」です。
テキストにある図を書き写す練習です。
実際にさせてみると、意外に正確に書けません。

このとき、実際の長さや角度を測らずに書くのが、それらに関する感覚を磨くコツです。
(以前から、目盛りのない定規はないものかと思っているのですが…)
例えば、小6生でも、相似の問題で、図形の対応する辺がつかみにくいときには、そのふたつの三角形だけを抜き出し、同じ向きに並べて書き直すといい。

漢字を覚えるのと同じで、いわば「手で理解する」といったところでしょうか。

そんなに、時間のかかることではありません。
毎回の学習の中に、少し取り入れてはどうでしょうか。



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/189-fb338bda

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。