南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  速報! H 22 入試 帝塚山学院泉ヶ丘も3・4教科選択制に 

1月下旬に、いち早く明星から同様の発表がありましたが、2月24日付で帝塚山学院泉ヶ丘からも同様の発表がありました。

--------------------------------------------------------------------------------
 平成22年度 中学 1次入試・2次入試とも、3教科・4教科の選択制を採用
--------------------------------------------------------------------------------
    
    方法:出願時に以下のいずれかを選択する。
        ①「3教科型」受験(国120・算120・理80)
                      ……上記合計300点×1.25=400点が満点
        ②「4教科型」受験(国120・算120・理80・社80)
                      ……上記点数合計の400点を満点とする
    判定:3教科型は、上記合計が判定対象の得点になるが、4教科型は、以下の
       いずれか高いほうを判定対象とする。
        ①3教科(国+算+理)×1.25=400点満点の得点
        ②4教科(国+算+理+社)=400点満点の得点

--------------------------------------------------------------------------------

これまで、こういった3科or4科選択制+アラカルト判定方式は、男子校である清風・星光・明星などを中心として見られる方法でした。
清風南海の場合は、4教科受験が必須で、判定のみアラカルト方式で、実施していますが、こういった学校に共通するのは、兵庫の男子上位校受験者との併願者を確保したいとの狙いです。

しかし、今回、帝塚山学院泉ヶ丘にまで、こういった動きが広がったことで、今後、他の中堅校、また、共学校へも影響があるかもしれません。

さらに、例年、入試制度の改革は、正式発表が9月以降ということがほとんどでしたが、2月下旬というタイミングでの発表も異例です。
他の学校でも、入試要項の発表まで、検討する余地は充分にあるわけで、影響の広がりに注目する必要があります。


なお、その他の行事日程も発表になっていますので、ご紹介しておきます。
--------------------------------------------------------------------------------
 帝塚山学院泉ヶ丘 入試関連行事日程
--------------------------------------------------------------------------------
   ■中学体験入学
      対象:小学校4年生・5年生
      日程:6/13/土、6/20/土
      内容:両日とも同一内容。参加者は一方を選択する。
      定員:200名。それを超えた場合は抽選とする。

   ■その他行事
      07/11/土…学校説明会:授業見学も実施。午前中に開催。
      10/03/土…入試説明会:午後
      11/03/火…中学入試プレテスト
--------------------------------------------------------------------------------

上記内容については、詳細がわかり次第、エントリーしていきます。


参考リンク

   》》》南大阪中学受験地図「速報!明星:来年度入試、3科・4科選択制を採用 」(2009/01/23)


医療事務の講座案内を無料一括請求

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

3科受験

南十字☆先生
 近畿圏中学入試から早や1ヶ月以上が経ちました。
 火曜日、難波スイスホテルで開催された「某N研」主催の入試分析会に参加しました。
 冒頭のお話の中でも、星光を始め、大阪男子校が次々と3科目受験に移行することが述べられてました。
 南十字☆先生同様、兵庫県の受験者を取り込むことが1番の狙いとのお話でした。
 星光、高槻、明星、清風はその立地上、兵庫県の受験生も多いようですが、南部御三家(←懐かしい)の場合は、まず兵庫県の影響は考えられないでしょうね。たぶんに、上記の学校群の併願狙いなんでしょうが、、、、。
 しかし、そんな流れに逆らい独自の入試制度で進んでいく学校ってないものでしょうか?
 東京方面は2科入試から4科入試へと動いてるのに・・・・
 トップの灘・甲陽が変わらない限りやっぱ無理でしょうね。
 独自の教育方針、建学の精神を誇る私学なのに
みなが右に倣え!では面白くないなぁ~と・・・・。

2009/02/26(木) |URL|北斗七☆ [edit]

ほしい生徒をきちんととることが必要

灘、甲陽をトップとして仰ぐかぎり、状況は変わらないでしょう。
灘を受ける生徒は灘に行きたいから。
では、「我が校を受験したい生徒」をきちんと見つめて確保するという動きをすればいい。
そこまでいけば「独自の教育方針、建学の精神を誇る」私学といえるでしょう。
って、ちょっと、厳しすぎますか…?
でも、受験生の立場で考えても、「行きたいひとつの学校を受験する」という受験が理想だと思います。
中学受験はするけれど、本当に相思相愛で受験し、成功できるシステムが、なかなか確立されません。
受験に携わるものとしては、一番、考えるべきことだと思うのですが…。
「なら、入試は全校1回だけ、同時に行なえばいい」ということになりますが、それは難しい…。
なかなか悩ましい問題です。
で、結局、私達は、今、お預かりしている生徒さんをいかに成功へ導くかということへ集約されるわけです…。
私学・受験生・保護者、それから塾も、それぞれの立場や状況を抱えていますから、大変です。
なんだかまとまりのないコメントになりましたが、(理想と現実…)コメントありがとうございました。
何とか、良い方向へ動いていくといいですね。
来年度、入試日程が変更されたりすると、また、台無しですが…。
これからも、コメントお待ちしています。
ありがとうございました。

2009/02/27(金) |URL|南十字☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/186-835561be

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。