南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  日本とマダガスカルの意外な共通点 

ニュースをチェックしていると、日本とマダガスカルの意外な共通点がありました。

まず、マダガスカル。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると…。
--------------------------------------------------------------------------------
マダガスカル共和国(-きょうわこく)、通称マダガスカルは、東アフリカのインド洋に浮かぶマダガスカル島を領土とする共和制国家。マダガスカル島は長さ約1,570km、最大幅約580kmで世界第4位の大きさを持つ島。首都はアンタナナリヴ(タナナリヴ、通称タナ)。
--------------------------------------------------------------------------------
とのこと。
アフリカ大陸の東にある島国で、テレビCMで有名になったワオキツネザルが住んでいます。

さて、日本との共通点のお話ですが、もちろん教育に関係すること。
2/16付の産経ニュース(ソースはBenesseの教育情報サイト)によると、1966(昭和41)年の国連総会で採択された国際人権規約中に、中等教育(日本では中学校と高校)について、「無償教育の漸進的な導入」を求める条文があるそう。
ところが、日本とマダガスカルだけが、いまだにこの条文を留保しているそうで、これは、条約締約国160か国のうち2か国だけだそうです。

記事では、今回の高校無償化によって「ようやく≪国際標準≫の仲間入り」と書いています。

確かに、条約が40年以上前に採択されたということですから、かなりの時間がかかっています。

記事は、最後に以下のように結んでいます。
--------------------------------------------------------------------------------
それでも高校は、国内法上は「義務教育」ではありません。進学率が98%にまで上る現在は「準義務教育機関」とさえ言われていますが、単位を落としたり、経済的に困窮したりすれば当然、中退も余儀なくされます。しかし生徒の実態を考えても、いま高校教育には、義務教育並みの手厚さが必要になっているのではないでしょうか。単なる授業料の無償化で終わらせることなく、高校の在り方を改めて考える、良い機会のように思えます。
--------------------------------------------------------------------------------


日本の持つ最大の資源は、日本文化というバックボーンに支えられた「人的資源」だという見方があります。
しかし、その資源も、劣化・枯渇が目立つ状態です。
私教育・公教育といったわけ隔てなく、それをつなぐ理念(共通の認識)が必要では…。
しかし、その内容を高めるのも教育ですから、難しい話です。


   》》》参考リンク
       ■産経ニュース 高校「無償化」の意味するもの 2010.2.16 02:23
       ■ウィキペディア(Wikipedia) マダガスカル
       ■ウィキペディア(Wikipedia) ワオキツネザル


(追記)
先ごろ行なわれた私立高校入試ですが、平成3年度以降、最高の倍率となったそうです。

   》》》参考リンク
       ■産経ニュース 無償化…私立高、逆に競争率上昇 2010.2.10 10:57


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1837-f2ead707

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。