南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  第2回清教中学模試 参加者は560名 

11/3に実施された清教中学模試ですが、参加者は560名。
昨年よりも、かなり人数がしぼられました。

具体的には、昨年の789名に対して、229名の減です。
人数は大きく減じていますが、実際は、「実情にあった人数」に落ち着いたといえるでしょう。

そのひとつの理由は、今回のテストの申し込み方法にあります。
昨年度までは、第1回の試験終了後すぐの段階で、第2回テストの申し込みを受け付けていました。
つまり、第1回の結果を見ないまま申し込む方もあったわけです。
しかし、今年度は、第2回の申し込みの時期をずらしました。
受験生・保護者のほうも、第1回の清教模試の結果や五ッ木・駸々堂の結果などを見て、受験するかどうか判断する余裕が出てきたわけで、この段階で、中学模試への参加者が絞られたようです。

こういったことからも、「目標をきちんと絞る」という、今年の受験生の傾向が現れているように思います。


もちろん、インフルエンザなどの可能性も考慮する必要があります。
同じ日にテストを行った帝塚山学院泉ヶ丘と、参加者を合計してみると、以下のような状態になります。

       2009年度  帝泉525人+清教560人 =1085人
       2008年度  帝泉498人+清教789人 =1287人

合計では、約16%の減少。
他の学校の状況などをお聞きすると、インフルエンザの影響で1割~2割の欠試者がでているようですので、ほぼ、府下の平均と同じぐらいの影響を受けているようです。


さて、肝心の清教学園の難易度ですが、募集コースを変更して、同時に40名の募集定員の増をしています。
結局、今春と同様のレベルではないかと思われますが、今後、今回の結果を受けて、受験生がどう動くかに注目しておく必要があるでしょう。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1816-8f4a1122

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。