南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「ヒヤリ・ハット」 

今日のNHKニュースを見ていると「ヒヤリ・ハット」という言葉が登場していました。
ニュースの内容から推察すると、医療事故には至らないものの、「ヒヤリ」としたり、「ハッと」した出来事のことのようです。

こんなときに頼りになるのが、フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)です。
項目を引用すると…

   ヒヤリ・ハットとは、重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかし
   くない一歩手前の事例。
                             とのこと。

現在では、忘れがちなこういった事例を、きちんと公開・蓄積・共有することで、事故を未然に防ごうとしているということです。



さて、受験勉強を考えてみても、こういった「ヒヤリ」「ハット」ということがありますね。
不正解だった問題を「まちがいなおし」するのは、みんなやっているわけですが、「まちがいそうだった」場合の理由を分析するということは、あまりやっていないのではないでしょうか。

  ・算数のテストの冒頭に「円周率を3にする」とあったのに、問題を解くときは、
   3.14で解いてしまった。
  ・間違いを選ぶのに、正しいものを選ぼうとして、時間がかかってしまった。
  ・北条○○がたくさんいて、誰が何をしたのか、混乱してあせってしまった。
  ・テスト終了5分前の注意があってはじめて、名前を書いていないことに気づいた。
  ・「一文を抜き出せ」なのに文の途中から抜き出していた。
  ・「ころもへん」と「しめすへん」の区別がつかなくなった。
  ・小数のわり算のあまりで、小数点をおろしてくるのを忘れそうになった。
  ・デシリットルとリットルの関係があいまいだった。
  ・BTB液の色の違いが混乱していた。


どうでしょうか。
こういった事例は、まだまだたくさんありそうです。

医療現場では、「各個人が経験したヒヤリ・ハットの情報を公開させ、蓄積、共有することで、重大な労働災害の発生を未然に防止する」(前述 ウィキペディア)ようにしているとのこと。
自分が経験するたびに、事例を書き出して、整理しておくといいかもしれません。
本当は、「共有」をしたいところですね。


   》》》フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)ヒヤリ・ハット-----
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1774-2da16d61

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。