南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ペース再確認の時期 

8月に入り、夏期講習会のペースにも慣れてきたことでしょう。
しかし、一方では、疲れもたまりやすい時期です。

夏期講習会の指導パターンをいろいろと見てみると、一般的に拘束時間が大変に長い塾が多いように思います。
先に「塾弁」(塾で食べるお弁当のこと)を取り上げたときにも、少し触れましたが、昼・夜を塾で食べる生徒さんもおられるようです。

ここで点検したいのが、その「時間」が「効果」があるもの・「成果」を生み出すものであるかどうか。

確かに、私も長時間、がんばらせることがあります。

   手が届きそうなのに、どうしても正解できない問題に取り組む。
   不合格が続く漢字テストの予習をする。
   特定の単元の知識をきちんとまとめる。
   ノートに丁寧に書くことの大切さを理解してもらう。    など。

この例で言えば、次のような状態になれば成果が出たといえるでしょう。

   難問がやっと解けた。
   漢字テストに合格できた。
   苦手単元の知識をまとめることで、自信を持てた。
   ノートの書き方と、丁寧に書くことの意味がわかった。

指導する私たちが注意しなければならないのは、むしろ後段で、その「成果」「効果」の部分。
たとえば、「がんばった!」という実感を持って、帰宅するというのもひとつの成果です。

しかし、ともすれば「長時間」がんばらせることだけに目が行きがちなのも事実。
夏期講習会は「天下分け目の戦い」の時期であることは事実ですが、期間が長いだけに、あまりにがんばりすぎるのも禁物です。

また、「他の子と同じようにしなければ…」というあせりも禁物。
自分が受験する学校にあわせて、自分にあった勉強方法をするのが一番効果的なわけで、隣の席のお子さんと同じ勉強量・勉強方法で伸びるのかどうかはわかりません。

慣れればこそ、点検が必要な時期です。
今一度、勉強時間と中身の点検をしてください。
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

No title

ナニーーーーー!!!!???
こないだの女勢い凄すぎwwww
だって会ってすぐに朮〒」レ直行して部屋に入った瞬間┐ェラだよwww まじビビったわ(^^;
だから俺も指入れてちょっと動かしてやったんだけど、それだけで潮ブッシャーーーー(゜д゜)!
結局俺何もやってないのに8マ ソくれたwwww この女ウマすぎたわwwwww-----

2008/08/03(日) |URL|ぽんた [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1765-6aaba0dc

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。