FC2ブログ

南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  大谷中学から入試に日程発表  …なんですが 

大谷中学から平成20年度の募集要項が発表になりました。
以下が日程を中心とした、その内容です。

--------------------------------------------------------------------------------
大谷中学校(大阪) 平成20年度 募集要項
--------------------------------------------------------------------------------

  募集定員  英語コース88人(44×2)、特進コース120人(40×3)、医進コース(35×1)
  入試科目  国語・算数(100点・60分 全コース共通)+医進のみ理科(80点・50分)
  試験日程
    [一次]
      出願期間  1/9(水)~17(木)
      入学試験  1/19(土)
      合格発表  1/20(日) 学校にて掲示発表
      入学手続  1/21(月)

--------------------------------------------------------------------------------

以上です。


さて、例年、2回実施している2次試験ですが、現在のところ未定とのこと。
発表のおくれは、今春の受験者数の変化に原因がありそうです。



大谷への出願者は、ここ数年間、順調に伸びていました。
ところが、今春は、昨年より92名の減少となっています。

  2004~2007の出願者数推移 ⇒ 1345 ・ 1371 ・ 1407 ・ 1315

これを実受験者数で見ると以下のような推移です。

  2004~2007の実受験者数推移 ⇒ 1531 ・ 1578 ・ 1664 ・ 1483

昨年比181名も減少しています

原因は、様々だと思われます。
その中でも、今春の入試日程の変更が、一つの原因ではないでしょうか。

2006年まで、大谷は、解禁日に一次を実施したあと、1日あけて二次A・二次Bを連続日程で実施してきました。
ところが今春は、その3入試日を、解禁日からの3日間連続日程に設定して実施。
おそらく、四天王寺の単日入試への変更を受けての措置だと思われます。

その結果、これまでよりも専願傾向が強い入試になった。
大谷の受験機会を増やすと、他校との併願が難しくなったのです。


そういった点を念頭において、来春の入試日程を検討されているのではないでしょうか。


しかし、先に書いたように、原因は様々あるはずです。
入試日程の変更は、戦略的には大変に重要なポイントだと思いますが、入試日程が学校選択の本質ではありません。
大谷中学の魅力を、今後、どのように表現されるのか、興味のあるところです。




[参考リンク]
大谷中学平成20年度募集要項
大谷中学入試データ





********************************************************************************
現在、総合ランキングでも392位です。
6日前には、104383サイト中33811位でした。

 現在…  ・受験ランキング 6位 -587サイト中
        └中学受験ランキング 6位 -135サイト中
      ・総合ランキング 392位

ありがとうございます。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

********************************************************************************







スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

No title

ありがとうございます。
南十字☆先生、大谷について教えていただきありがとうございました。
大谷は、いろいろ考えているのですね。
大谷では英語コースしか考えていませんでしたので
定員減には少し動揺してしまいました。
また説明会に参加して、情報を得て来ようと思います。-----

2007/08/06(月) |URL|もも [edit]

No title

確かに…
もも様、コメントありがとうございました。

ご指摘のように、英語コースの定員数減については、その理由などきちんと把握しておきたいところです。
現時点では、そういった理由の発表はありません。

考えられることとしては、今春の入試で、募集定員287名のところ366名が入学してきたため、教室に余裕が無くなったということがあるかもしれません。
ここ3年間では、募集定員287名に対して、平成17年度363名、18年度325名、19年度366名が入学していますので、そういった理由も考えられます。

ただ、その中で英語コースの入学者数を見ていくと、平成17年度から159→132→128と推移しています。
大谷の場合は、入試合格のシステムが複雑で、受験生のニーズの変化なのか、学校側の意図なのか、外部からは判断しにくいのですが、上記のように減少しているのが実際のところです。

もともと標準という名前のコースであったものを、英語コースとし、レベルアップを図っておられたのは確かです。

現時点では、いずれも推測ということになってしまいます。
今後、学校側から、募集の方針やコース人数決定の方針も発表されるでしょう。
それを待ちたいと思います。



2007/08/05(日) |URL|南十字☆ [edit]

No title

英語コース
はじめまして。
小6女子の娘を持つ母です。
日程も気になるところですが
英語コースの定員減はなぜ???なのでしょう?
2次A・Bなどで新たに定員を設けるのか
特進からのまわし合格を優先させるのか
大谷の意図がさっぱりわかりません。
進学校化して英語コースの必要性がなくなりつつあるのでしょうか?
推薦などもいただける唯一のコースである英語コースを希望していただけにがっかりです。

2007/08/02(木) |URL|もも [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1570-3eae846d

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。