南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  近畿圏 受験地図大変動の予感 

来年の3月20日に開業する「阪神なんば線」。
すでに線路は、阪神電車の三宮駅から近鉄奈良までつながっています。(10/16締結式)
これから駅の建設や信号の工事などが行なわれ、開業に備えるわけです。

新線となるなんば線は10.1キロで阪神西大阪線の西九条から九条、ドーム前、桜川の三駅を通って、近鉄なんばを結ぶもの。
阪神・近鉄が相互に乗り入れ、阪神三宮~近鉄奈良を1時間20分ほどで結びます。

   》》》阪神なんば線

これに伴い、受験生を見込める学校は、大阪市内を中心にたくさんあります。
代表的なところでは、近鉄沿線の清風・上宮。
また、鶴橋でJRに乗り換えれば数駅という場所にある明星・大阪女学院・プール学院。
谷町線を利用すると、追手門大手前・四天王寺・星光なども、兵庫方面からの受験生を見込めるということになります。
特に、大阪女学院では、これまでも神戸方面からは人気が高く、すでに通学している生徒も多いそうで、そういった状況がますます加速しそうだとか。


もうひとつ注目されているのが、初芝学園の立命館との提携です。
立命館は京都の西北にある衣笠キャンパスと滋賀県のびわこ・くさつキャンパス(琵琶湖南東方面)にあります。
初芝学園の各校のある大阪南部から通学するのは、少々厳しい位置にあるのですが、大阪北部の受験生にとっては、立命館へ自宅から通学するというのも現実感 のある選択です。

そのため、これまで、どちらかといえば大阪南部のローカルな学校であった初芝が、そういった地域の受験生に注目されています。
進学相談会でも多くの生徒さんを集め、注目度の高さを裏付けています。

同様に、大阪南部では、大学との連携を果たした学校がたくさん出てきました。
これまで、「大阪南部の生徒を北には行かせない」という、守りの戦略をとっていた各校ですが、そういった状況から「大阪北部・中部の生徒を南に呼び込む」 という、攻めの姿勢を見せているよう。

こういった状況が進んでいけば、南大阪地域の入試レベルも、大きく変化しそうな情勢です。



○にほんブログ村のランキングに参加しています。   → にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ   応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/105-c0a65d0a

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。