南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  大阪私立「中学校」フェア開催! 6/29(日) 

大阪府の私立中学校・高等学校で構成される「大阪私立中学校・高等学校連合会」が、私立中学校の紹介を目的にした「大阪市立中学校フェア」を開催します。

会場は、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)。
私立中学校が一同に会し、個別の進学相談はもちろん、教育セミナーなども実施されます。

同様の催しは、お盆の頃に中高合同での実施があります。
また、先日は、新阪急ホテルで、女子中学校フェアが開催され、多くの保護者の方が参加されました。

中学校受験を考える方にとっては、幅広い情報を手に入れるいいきっかけです。
ぜひ、活用して下さい。

詳しくは、こちらからどうぞ。
スポンサーサイト

◎  説明会は夕方から 「Evening 説明会」:大阪女学院 

大阪女学院では、7月25日金曜日に堺市の産業振興センター(南海高野線中百舌鳥・地下鉄御堂筋線なかもず)、7月29日火曜日に梅田の富国生命ビル12階のアクセス梅田フォーラムで、「保護者のためのevening説明会」を開催されます。

すでにホームページでも紹介されていますが、「大阪女学院の卒業生や保護者も交え『ここだけの話』が聞ける校外での説明会」とのことで、普段、学校で実施されている説明会とは大きく異なる内容のようです。

最大のポイントは、開催の時間帯。
予定では18:30~20:30ということで、仕事が終わった後のお父様にとって、(仕事終わりでお疲れとは思いますが…)絶好の時間帯ではないでしょうか。

内容としては…
・大阪女学院についての説明
・卒業生から、在学中の様子の説明
・大阪女学院在学生の保護者の方のお話(学校の様子・受験の体験)
・質疑応答
・個別相談

先生からの説明だけではなく、卒業生・保護者の方から様子を聞けるというのも魅力です。


最近、中学校の説明会では、お父様の出席が目立って増えてきています。

印象的だったのは、昨年に実施された西大和学園の女子募集に関する説明会です。
ご両親がそろって参加される姿が目立ちました。
女の子の親御さんにとって、それまでの西大和は男子募集校で、受験対象ではなかったはずです。
そんな西大和が女子を募集するということにすぐに対応できるということは、普段から、お父様が、深く入試にかかわっておられるということでしょう。

こういうケースがどんどん増えてきているように思います。
一方で、お父様は、参加したくても、ご自身のお仕事の都合で参加できないことも多い。
そこで、私立中学校の方でも、そういった状況に対応しようということです。


こういった説明会は増えてきています。

例えば、帝塚山学院でも、2010年から9月・11月ごろに、「トワイライト・ミーティング」という名称で、毎年、同様の説明会を実施されています。
その中にも…

 「対象は受験生に限りません。
  本校に興味をお持ちいただいている小学生の保護者のみなさまでしたらどなたでも
  ご参加いただけます。
  夜の説明会ですので、保護者の方のみのご参加、普段説明会に参加しづらいお父様のみの
  ご参加もお待ちしております。」

とのこと。

こちらも、情報がはいりましたら、ご紹介します。
ぜひ、「昼間の説明会とは少し違う」説明会を利用してみてください。



◎  「深海魚 『発見』の理由」 さかなクンはこう考える 

昨日のNHKの番組で、さかなクンが、最近、深海魚の発見が相次ぐ理由を解説していました。

あの独特の口調は再現できませんので、以下、要約です。

--------------------------------------------------------------------------------
  冬から春にかけてのこの時期は、水温の変化など、毎年あること
  リュウグウノツカイなど、過去にも漁師さんが捕まえるなどしていた

  ただ、最近の「深海魚ブーム」から、報告が増えたため、一般の人も知ることになった
--------------------------------------------------------------------------------

つまり、これまでにも同じように捕まったり、発見されたりしていたんですね。


「本来はあるはずのものが、私達の目には届いてなかった」ということらしい。



さて、生徒さんの伸び具合を見ていると、じっくり伸びる生徒さんもあれば、ある時期、ぐんと勢いをつけて伸びる生徒さんもあります。
四谷大塚のシステムを導入してから、毎週の週テストを分析していると、そういった傾向が、ますますわかるようになりました。

短期間に、大きく成績を伸ばす生徒さんは、実は「本来、持っていた実力をしっかり発揮できるコツをつかんだ」といえるかもしれません。
私達が力を伸ばしたというよりも、本人が力を表現できるようになったということのように思います。

でも、大切なのはその後。

一度つかんだコツも、学習が進んでいくにつれて、対応できなくなるかもしれません。
そこで、いわば「発見された本人の実力」を、しっかりと「報道」する必要があるのです。

具体的には、ほめること。

ほめることで、本人も「良さ」を自覚しますし、自信にもつながる。
また、次の学習へジャンプするエネルギーも得ることができるのです。

保護者の方や私達、まわりの大人たちが、まず「良さを発見する目」を持つことが大切ですが、どんな小さなことでも構わない。
見つけたら、本人にしっかり伝え、ほかの人にも伝え、「自覚」を促していきましょう。



back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。