南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  講習会のご案内 



航路開拓舎:堺市・東区校
南海高野線北野田駅 北西交差点北側スグ

============== 
冬期講習 概要 ==============
2012年度の冬期講習会の概要になります。
1教科から受講可能です。指導内容の詳細など、お問い合わせ下さい。
                                    
小学校年生
  □講習日程:12/23+25+28+1/4(4日間)
  □開講科目:国語・算数
  □指導時間:09:00-10:30(国算・各40分授業)⇒全320分
  □受講費用:2教科=¥11,050-(教材費含む)
                                    
小学校年生
  □講習日程:12/23+24+25+27+28+29+1/4+5(8日間)
  □開講科目:国語・算数・理科・社会
  □指導時間:13:00-15:50(国算・各50分×2授業、理社・各50分授業)⇒全1200分
  □受講費用:国算=¥20,700-、国算理社=¥28,600-(教材費含む)
                                    
小学校年生
  □講習日程:12/23+24+25+27+28+29+1/4+5(8日間)
  □開講科目:国語・算数・理科・社会
  □指導時間:09:00-12:30(国算・各140分授業、理社・各50分授業)⇒全1520分
  □受講費用:国算=¥21,000-、国算理社=¥30,160-(教材費含む)
                                    
小学校年生
  □講習日程:12/22+23+24+25+27+28+29+30+1/3+4+5+6(12日間)
  □開講科目:国語・算数・理科・社会+Today's Review(個別対応の学習時間)
  □指導時間:09:00-18:30(詳細は確認して下さい。)⇒全5640分
  □受講費用:国算=¥41,900-、国算理社=¥71,200-(教材費含む)
                                    
小学校年生:年末・年始特訓
  □講習日程:年末特訓=12/31、年始特訓=1/1
  □開講科目:国語・算数・理科・社会
  □講座別の選択授業になります。詳細は、お問い合わせ下さい。



スポンサーサイト

◎  大谷中:医進午後入試 要領を一部、追加 

大谷中学校が来春から実施する「1次B 医進午後入試」で、一部の内容が補足されています。
大谷中学校から書面が届きましたので、要項とともにご紹介します。
受験を考えておられる方は参考にしてください。
なお、学校の説明は、ここからもご覧になれます。


--------------------------------------------------------------------------------
■大谷中学校 平成25年度 1次B(医進午後入試)
--------------------------------------------------------------------------------
     実施日=平成25年1月19日(土)
     試験科目= 国語60分+算数60分
     面接試験= なし

   ◎16:30集合 16:40試験開始(19:00終了予定)
      ※やむを得ず受験生が間に合わない場合は60分まで遅れることを認めます。
          30分遅れの受験生=17:10試験開始
          60分遅れの受験生=17:40試験開始

   ◎保護者対象説明会
      受験生の必答試験中に保護者対象説明会を実施します。
          1回目=17:00~
          2回め=18:00~   (いずれも約40分)

   ◎学園バスによるお送り
      1次B医進午後入試終了後、ご希望の方は学園バスにて地下鉄阿倍野駅経由、
      JR天王寺駅までお送りします。

--------------------------------------------------------------------------------

以上の内容です。

保護者対象の説明会については、保護者の方に大谷の方針や校風など、しっかり知っておいていただきたいという配慮。
急に大谷を受験することになった生徒さんがあるかもしれません。
そういった方にも対応しようということです。

また、終了後、バスで送っていただけるのもありがたいところ。
おそらく、受験生は朝から頑張ってきているはずです。
終了後、冬の寒い夜の道を帰っていく受験生を思いやってのことだと思います。
こういった点も、女子校らしい。


来春の入試では、多くの学校が午後入試を実施。
逆に、学校によっては、他府県の併願校のことを考えて、試験開始時刻を早めるような学校もあります。
最近の入試は短期決戦になっているとはいえ、やはり無理もあるように感じます。
私学全体が一致しての変更・協調も必要ではないでしょうか。



◎  四谷全統:活用しよう! 映像解説!! 

今回から小学校1年生の参加も可能となった、四谷大塚の全国統一小学生テストですが、今週末には、成績が判明します。
このテストの最大の特徴は、「テストで点数を調べる」だけではなく、幅広い、学習の機会としている点。
航路開拓舎でも、予習の勉強会を実施しますし、終了後には、見直しの勉強会も実施します。

これまで、この見直しの勉強会は、算数のみ対応していました。
それも、生徒さん一人ひとりに合わせた教材を準備し、テストでの正解状況にあわせて学習をするというていねいなもの。
一方で、算数以外の科目は、個人や塾では実施していますが、四谷大塚からフォローの教材などはありませんでした。

ところが、今回のテストから、テスト終了後に、Web上で、解説授業の公開が始まっています。

すでに、四谷大塚は、毎週のテストの解説を同じように映像授業で実施していますが、これは四谷大塚の会員のためのもの。
一方、全国統一小学生テストの解説授業は、無料で、受験生であれば誰でも視聴できるようになっています。

航路開拓舎では、生徒さん全員に見ていただきましたが、この機会にご覧になってはいかがでしょうか。

なお、公開は11/9月曜日までの期間限定です。

※視聴には、受験番号が必要ですから、受験票などで確認しておきましょう。

◎  大阪南部:プレテスト状況 

10月下旬から11月上旬にかけて、大阪南部の主要校である清教・帝泉・初富の3校で、プレテストが実施されました。
そのうち、清教と帝塚山学院泉ヶ丘は、今年も同日実施。
また、初芝富田林は、別日での実施となりました。

その参加者数の変化をまとめたのが以下の表です。
清教・帝泉は同日実施ですので、その合計数を「11/3合計」としてまとめました。
また、3校の参加者数の合計を右端にまとめていますが、これは、重複して受験(清教+初富、あるいは帝泉+初富)の方を多数含んでいるものと思われます。

プレテスト参加者数動向
年度 清教学園 帝塚山泉ヶ丘 11/3合計 初芝富田林 3校合計
2010年 636名 596名 1232名 399名 1631名
2011年 538名 637名 1175名 355名 1530名
2012年 536名 716名 1252名 406名 1658名

合計数を見ると、いずれも昨年を上回り、増加傾向。
特に、帝塚山学院泉ヶ丘の増加傾向が顕著です。

近年、プレテストの参加者が、そのまま受験する傾向が強く、来春の入試の動向の予想に使えるデータと考えられます。

なお、注意したいのは清教学園。
清教学園は、以前から、熱心な受験生が多く、上記の人数推移も、単純な人数減少と捉えることはできません。
油断せずに学習を続けることが必要です。


上記の各テストを受験した皆さんは、もう、やり直しがきちんと終わっていることでしょう。
今回の試験で、できた部分はもちろん、そうでなかった点もしっかり見つめて、目標達成のためにがんばってください。


◎  大阪市教育計画に文科省もビックリ!! 

今日の朝日新聞に「大阪市、小1から英語授業」との記事。
調べてみると、それだけではありませんでした。

詳しいのは、産経ニュースの記事。
大阪市は、以下のような改革を計画しているそうです。

--------------------------------------------------------------------------------
  □英検:中3で準1級、小6で3級の取得を目標とする
  □教職免許を持たない一般社会人でも指導できるような措置を講じ、理数系教員を確保する
  □小1生から「フォニックス」を使った英語教育を導入
  □学校からのいじめ問題にかんする相談に対応する第三者機関を設置
--------------------------------------------------------------------------------

記事の中では、「公立小でフォニックスを使った英語教育は全国でも聞いたことがない」という文科省の声を伝えています。

私立小学校の状況には詳しくないので、HPからの情報になりますが、フォニックスを取り入れているということを記載しているのは、はつしば学園小学校
ただし、小学校3年生からのようです。
帝塚山学院小学校賢明学院小学校ともに、発音に慣れる・コミュニケーション能力を高める・会話の基礎を身につけるといったような目標はありますが、フォニックスを使用するとの記載はないようです。
また、英検の何級を目標としているのかということもわかりませんでした。

それだけに、今回の大阪市の「具体的な数値目標」は異色だということになるかもしれません。
理念や方向は賛成します。
今後は、制度設計や教職員の研修ということになるのでしょうが、「全体で○○%が達成しました」ということになるのか、それとも、全員の取得を目指すのか。
「公」教育の目標として、適切に運営してゆくことが難しい問題のようにおもいます。
結局、教育は「個々」に対応することになるはずです。

※追記
帝塚山学院は、独自に小学生対象の英語の土曜学校「帝塚山学院土曜スクール TSS」も開校しておられます。


◎  参加御礼 

11月4日に実施されました第11回の全国統一小学生テストですが、約150名の方の参加を得て、無事、終了いたしました。
今後は、見直し勉強指導や成績報告会といった行事を通じて、今回のテストの受験体験を活かしていけますように、ご協力させて頂きます。

受験していただいた生徒の皆さん、また、引率していただきました保護者の皆様、ご苦労様でした。
今回の経験を、しっかり今後に活かせるように工夫していきましょう。

また、全国でたくさんの方が受験されています。
ぜひ、今回の結果を有効に活用してください。

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。