南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  西大和学園:大阪へ進出? 

西大和学園が、JR島本駅の西側に4年制の大学を新設する方向で、島本町と話し合っています。
注意したいのは、現在のところ「4年制大学の新設」ということですから、中学・高校への影響はないようです。

ただし、様々な情報を見てみると、中高の移転+共学化を念頭に置いての大学新設といった見方もあり、現在のところ、詳細は不明です。


想像されるのは以下のような状態。

西大和学園は、中学校・高等学校とともに白鳳女子短期大学を併設していますが、その校地は中高と隣り合うかのようです。
また、現在、中学校は男子のみですが、高校は共学と、六年一貫校としては、少々、いびつな形です。
たとえば、白鳳女子短大を4年制とし、島本町へ移転。
残った大学の校地を、中高の校地として、中学も共学にすることもできます。

あるいは、まず島本町へ大学を新設し、数年後に、島本町へ併設の中学・高校を設置する、など。


実は、西大和学園は、かなり以前から「女子校」を作るという計画(希望でしょうか)を持っていたのは確かだと思います。
かつて、大阪北部に、女子中・高をつくるという話が出たこともあり、学校側もその可能性を探っていました。
ただ、当時は、大阪の私立が、それを阻止したといわれています。

そう考えると、近畿の他府県に学校を持つ私学が、大阪に入ってくるのは大変に難しいと思います。
ただ、一方で、大阪の私学もかつてほど、盤石のチームワークではないかもしれません。


現在の状況では、なかなか判断が難しいわけですが、いずれにしても大阪の入試状況に影響を持つでしょう。
中高入試だけではなく、大学入試も含めてですが、そういった件に関しては、銀次郎エイトさんのブログが参考になるでしょう。

この件については、今後も注目していきます。
スポンサーサイト

◎  西大和学園:大阪へ進出? 

西大和学園が、JR島本駅の西側に4年制の大学を新設する方向で、島本町と話し合っています。
注意したいのは、現在のところ「4年制大学の新設」ということですから、中学・高校への影響はないようです。

ただし、様々な情報を見てみると、中高の移転+共学化を念頭に置いての大学新設といった見方もあり、現在のところ、詳細は不明です。


想像されるのは以下のような状態。

西大和学園は、中学校・高等学校とともに白鳳女子短期大学を併設していますが、その校地は中高と隣り合うかのようです。
また、現在、中学校は男子のみですが、高校は共学と、六年一貫校としては、少々、いびつな形です。
たとえば、白鳳女子短大を4年制とし、島本町へ移転。
残った大学の校地を、中高の校地として、中学も共学にすることもできます。

あるいは、まず島本町へ大学を新設し、数年後に、島本町へ併設の中学・高校を設置する、など。


実は、西大和学園は、かなり以前から「女子校」を作るという計画(希望でしょうか)を持っていたのは確かだと思います。
かつて、大阪北部に、女子中・高をつくるという話が出たこともあり、学校側もその可能性を探っていました。
ただ、当時は、大阪の私立が、それを阻止したといわれています。

そう考えると、近畿の他府県に学校を持つ私学が、大阪に入ってくるのは大変に難しいと思います。
ただ、一方で、大阪の私学もかつてほど、盤石のチームワークではないかもしれません。


現在の状況では、なかなか判断が難しいわけですが、いずれにしても大阪の入試状況に影響を持つでしょう。
中高入試だけではなく、大学入試も含めてですが、そういった件に関しては、銀次郎エイトさんのブログが参考になるでしょう。

この件については、今後も注目していきます。

◎  清風中学:ここが違う!平成24年度入試 

【変更点】
  1.入試機会と募集人数
     23年度--------------------
        1/15/土 前期試験 理III=50・理数=60・標準=80
        1/17/月 後期試験 理III=80・理数=60・標準=40
        1/18/火 理IIIプレミアム日程 理III=30
          募集合計数 理III=160・理数=120・標準=120
     24年度--------------------
        1/14/土 前期試験 理III=110(*)・理数=60・標準=40
        1/14/土 前期理III選抜 理III=110(*)
           *上記の前期理III選抜は午後入試
           *1/14/土の理IIIの募集人数は上記2回を合計して110名
        1/16/月 後期試験 理III=60・理数=60・標準=40
        1/17/火 理IIIプレミアム日程 理III=30名
          募集合計数 理III=200・理数=120・標準=80
   ☆日程全体は変化なし
   ☆初日の午後に理IIIプレミアム日程を挿入
   ☆標準が40名減じ、理IIIが40名増加

  2.判定の方法
     23年度--------------------
        後期試験の判定
          前期試験を受験した場合、合格基準を10点下げて判定
        理IIIプレミアムの判定
          前期か後期を受験した場合、合格基準を10点下げて判定
     24年度--------------------
        前期理IIIの試験科目と配点
          国語(60分120点)+算数(60分120点)の2教科で判定
          前期試験(同日午前実施)を受験した場合、得点に10点加算し判定
        後期試験の判定
          前期試験か前期理III受験の場合、得点に10点加算し判定
        理IIIプレミアムの判定
          前期・前期理III・後期のいずれかの受験で得点に10点加算し判定
【気になる影響は…】
  こういった変更は、清風の理IIIに対する指導の自信の表れです。
  また、初日の午前・午後とも清風学園を受験する、あるいは、前期も後期も受験する
  といった「W受験」をすることで、得点が10点加算されます。
  これは、制度として表現はされていませんが、専願「的」受験者を確保する狙いがあ
  ります。
  もちろん受験者にとってもメリットがあるわけです。
  清風の理IIIで学習したいと思う受験生にとっては、道が広がったともいえます。
  
  ただし、そのことが受験者の増加やレベルの難化につながるかどうかはまだまだ読め
  ません。
  大手の塾の動向も気になるところですが、もし、塾の方針がたくさんの合格実績を、
  多様な学校で出したいということになると、午前と午後で別の学校を受けてもらうほ
  うが効果的。
  もしかしたら、午前+午後の受験を勧められないケースも出てくるかもしれません。
  本来、受験生は「進学したい一校」を、できるだけ狙うべきだと思いますので、清風
  進学希望者にとって、今回の措置は歓迎だと思うのですが、多くの受験者はどう動く
  のでしょうか。

※なお、詳細は学校発表のものでご確認ください。

◎  清風中学:ここが違う!平成24年度入試 

【変更点】
  1.入試機会と募集人数
     23年度--------------------
        1/15/土 前期試験 理III=50・理数=60・標準=80
        1/17/月 後期試験 理III=80・理数=60・標準=40
        1/18/火 理IIIプレミアム日程 理III=30
          募集合計数 理III=160・理数=120・標準=120
     24年度--------------------
        1/14/土 前期試験 理III=110(*)・理数=60・標準=40
        1/14/土 前期理III選抜 理III=110(*)
           *上記の前期理III選抜は午後入試
           *1/14/土の理IIIの募集人数は上記2回を合計して110名
        1/16/月 後期試験 理III=60・理数=60・標準=40
        1/17/火 理IIIプレミアム日程 理III=30名
          募集合計数 理III=200・理数=120・標準=80
   ☆日程全体は変化なし
   ☆初日の午後に理IIIプレミアム日程を挿入
   ☆標準が40名減じ、理IIIが40名増加

  2.判定の方法
     23年度--------------------
        後期試験の判定
          前期試験を受験した場合、合格基準を10点下げて判定
        理IIIプレミアムの判定
          前期か後期を受験した場合、合格基準を10点下げて判定
     24年度--------------------
        前期理IIIの試験科目と配点
          国語(60分120点)+算数(60分120点)の2教科で判定
          前期試験(同日午前実施)を受験した場合、得点に10点加算し判定
        後期試験の判定
          前期試験か前期理III受験の場合、得点に10点加算し判定
        理IIIプレミアムの判定
          前期・前期理III・後期のいずれかの受験で得点に10点加算し判定
【気になる影響は…】
  こういった変更は、清風の理IIIに対する指導の自信の表れです。
  また、初日の午前・午後とも清風学園を受験する、あるいは、前期も後期も受験する
  といった「W受験」をすることで、得点が10点加算されます。
  これは、制度として表現はされていませんが、専願「的」受験者を確保する狙いがあ
  ります。
  もちろん受験者にとってもメリットがあるわけです。
  清風の理IIIで学習したいと思う受験生にとっては、道が広がったともいえます。
  
  ただし、そのことが受験者の増加やレベルの難化につながるかどうかはまだまだ読め
  ません。
  大手の塾の動向も気になるところですが、もし、塾の方針がたくさんの合格実績を、
  多様な学校で出したいということになると、午前と午後で別の学校を受けてもらうほ
  うが効果的。
  もしかしたら、午前+午後の受験を勧められないケースも出てくるかもしれません。
  本来、受験生は「進学したい一校」を、できるだけ狙うべきだと思いますので、清風
  進学希望者にとって、今回の措置は歓迎だと思うのですが、多くの受験者はどう動く
  のでしょうか。

※なお、詳細は学校発表のものでご確認ください。

◎  「読解」って? 

今日はシンプルなテーマ。
国語の勉強でよく言われる「読解」という言葉ですが、正確な意味を把握して、実践できていますか?

文章の読解とは、「作者(筆者)が読者に伝えたい内容を、根拠をもってつかむこと」といえるでしょう。

たとえば、六甲おろしを完全に暗記し、年に10回以上は甲子園に応援に行くような阪神ファンが、「原巨人の素晴らしさ」を書いた文章を読んだとき…。

 なんじゃ?こりゃ?やっぱり真弓監督はなぁ…となるとする。

これは読解ではありません。

 なるほど、原監督はこう考えとったんかぁ。
 その考えを実践したのが、日本シリーズでの投手の使い方やな…。

これが、「読解」。


単純に言うならば、「自分の意見や立場は関係なく、作者(筆者)の言葉に耳を傾ける」ということになります。
読者の意見・感想が求められる読書感想文と、大きく違うのです。


受験生にとって、戦争体験なんて、もちろんしたことがありません。
また、「自分の子供の野球の試合を見に行くと、ずっとベンチで小間使いのように働いていた」時のおどろきなど、感じたこともないでしょう。
女の子は、男同士の友情を知らないし、男子は女子同士の心の葛藤なんて考えたこともない。
あるいは、「貧乏」や「身分の差」がある社会や「高度成長期」のことも知らない。
第2次世界大戦前夜のヨーロッパの雰囲気なども知らないはずです。

こういったことに対応するためには次の二つが大切。

■根拠を探しながら問題を解く習慣をつける---------------------------------------
  記号問題でも、正解を探すだけではなく、他はどうして間違いか考える
  抜き出しなど、記述でも「よい答案」と「悪い答案」の差を理解しながら採点する

■多様な文章問題にあたり、見識を広げる ---------------------------------------
  「見識を広げる」といっても、「知識」を身につけるということ
     つまり…
       戦争中はどのように大変だったのか
       親は子をどのように見ているのか
       父親・母親の感じ方の違いはどのような違いか
       大人と子供の感じ方の違いはなにか       

       地球温暖化の影響は何か
       読書の効用はどのようなものか
       日本の文化と欧米の文化の違いは何か


こういった「知識」を効果的に身につけるためには、最近のトレンドを知る必要があります。
また、学校によっても出題の癖がありますから、そういった点はお通いの塾の先生に確認してください。

また、ご家庭でも、「今日はどんな文章を勉強したの?」「今日の国語は何のお話やったん?」など、聞いてあげると、思い出すことで記憶が強化されます。
上手に答えられなくても、思い出すことが目的ですから、詳しく話せなくてもテーマやキーワードなどが言えれば効果があったと考えられます。
生徒さんが話しやすい雰囲気で聞いてあげてください。

同時に、保護者の方の経験として、伝えてあげられるような内容があれば、ぜひ、話してあげてくださいね。





       

◎  「読解」って? 

今日はシンプルなテーマ。
国語の勉強でよく言われる「読解」という言葉ですが、正確な意味を把握して、実践できていますか?

文章の読解とは、「作者(筆者)が読者に伝えたい内容を、根拠をもってつかむこと」といえるでしょう。

たとえば、六甲おろしを完全に暗記し、年に10回以上は甲子園に応援に行くような阪神ファンが、「原巨人の素晴らしさ」を書いた文章を読んだとき…。

 なんじゃ?こりゃ?やっぱり真弓監督はなぁ…となるとする。

これは読解ではありません。

 なるほど、原監督はこう考えとったんかぁ。
 その考えを実践したのが、日本シリーズでの投手の使い方やな…。

これが、「読解」。


単純に言うならば、「自分の意見や立場は関係なく、作者(筆者)の言葉に耳を傾ける」ということになります。
読者の意見・感想が求められる読書感想文と、大きく違うのです。


受験生にとって、戦争体験なんて、もちろんしたことがありません。
また、「自分の子供の野球の試合を見に行くと、ずっとベンチで小間使いのように働いていた」時のおどろきなど、感じたこともないでしょう。
女の子は、男同士の友情を知らないし、男子は女子同士の心の葛藤なんて考えたこともない。
あるいは、「貧乏」や「身分の差」がある社会や「高度成長期」のことも知らない。
第2次世界大戦前夜のヨーロッパの雰囲気なども知らないはずです。

こういったことに対応するためには次の二つが大切。

■根拠を探しながら問題を解く習慣をつける---------------------------------------
  記号問題でも、正解を探すだけではなく、他はどうして間違いか考える
  抜き出しなど、記述でも「よい答案」と「悪い答案」の差を理解しながら採点する

■多様な文章問題にあたり、見識を広げる ---------------------------------------
  「見識を広げる」といっても、「知識」を身につけるということ
     つまり…
       戦争中はどのように大変だったのか
       親は子をどのように見ているのか
       父親・母親の感じ方の違いはどのような違いか
       大人と子供の感じ方の違いはなにか       

       地球温暖化の影響は何か
       読書の効用はどのようなものか
       日本の文化と欧米の文化の違いは何か


こういった「知識」を効果的に身につけるためには、最近のトレンドを知る必要があります。
また、学校によっても出題の癖がありますから、そういった点はお通いの塾の先生に確認してください。

また、ご家庭でも、「今日はどんな文章を勉強したの?」「今日の国語は何のお話やったん?」など、聞いてあげると、思い出すことで記憶が強化されます。
上手に答えられなくても、思い出すことが目的ですから、詳しく話せなくてもテーマやキーワードなどが言えれば効果があったと考えられます。
生徒さんが話しやすい雰囲気で聞いてあげてください。

同時に、保護者の方の経験として、伝えてあげられるような内容があれば、ぜひ、話してあげてくださいね。





       

◎  夏の終わりは2学期の始まり! 

夏休みも終盤。
昨日あたりから、秋を思わせる涼しさです。

暑い夏が終わるということですが、同時に2学期の始まりであることも忘れてはいけません。

特に来春の受験を控えた6年生の皆さんにとっては、「体験学習会」「プレテスト」「入試説明会」などの入試関連行事が盛りだくさんの時期です。
そういった行事に参加するとともに、2学期の前半では、受験校の絞り込み、中盤では受験パターンの構築、後半では出願の準備など、入試関連の事務的な作業がどんどん出てきます。

実は、瞬く間に終わるのが2学期なのです。

注意したいのは、来春の入試では、試験日・発表日などの変更を実施したり、入試科目・判定方法に新しい方法を盛り込んだりした学校もあります。
昨年とは明らかに違う状況が出てきていますので、そういった情報もきちんと集めたいところ。
9月以降に判明する学校もありますから、受験希望の学校のHPなど、しっかり見ておく必要があります。

もう一つ注意しておきたいのが、心身の健康管理。
生徒さんはもちろんですが、保護者の方も同様です。
近年は、新型インフルエンザの流行など、いろいろと心配されることも増えています。
保護者の方の健康や、前向きで明るい姿勢があってこそ、受験生も実力が発揮できる。
そういった点にも、しっかり注意しておきましょう。

なお、4年生、5年生の皆さんも、来年・再来年のことを考えて、どのような行事が行われるのか、どの時期にどのような決定が必要なのか、「予習」をしておく必要があるでしょう。
私立主催の説明会にも、ぜひ参加してみてください。




◎  夏の終わりは2学期の始まり! 

夏休みも終盤。
昨日あたりから、秋を思わせる涼しさです。

暑い夏が終わるということですが、同時に2学期の始まりであることも忘れてはいけません。

特に来春の受験を控えた6年生の皆さんにとっては、「体験学習会」「プレテスト」「入試説明会」などの入試関連行事が盛りだくさんの時期です。
そういった行事に参加するとともに、2学期の前半では、受験校の絞り込み、中盤では受験パターンの構築、後半では出願の準備など、入試関連の事務的な作業がどんどん出てきます。

実は、瞬く間に終わるのが2学期なのです。

注意したいのは、来春の入試では、試験日・発表日などの変更を実施したり、入試科目・判定方法に新しい方法を盛り込んだりした学校もあります。
昨年とは明らかに違う状況が出てきていますので、そういった情報もきちんと集めたいところ。
9月以降に判明する学校もありますから、受験希望の学校のHPなど、しっかり見ておく必要があります。

もう一つ注意しておきたいのが、心身の健康管理。
生徒さんはもちろんですが、保護者の方も同様です。
近年は、新型インフルエンザの流行など、いろいろと心配されることも増えています。
保護者の方の健康や、前向きで明るい姿勢があってこそ、受験生も実力が発揮できる。
そういった点にも、しっかり注意しておきましょう。

なお、4年生、5年生の皆さんも、来年・再来年のことを考えて、どのような行事が行われるのか、どの時期にどのような決定が必要なのか、「予習」をしておく必要があるでしょう。
私立主催の説明会にも、ぜひ参加してみてください。




◎  大阪私立学校展開催 8/13+14 

毎年、恒例となった「大阪私立学校展」。
今年も開催されます。

主催は、大阪私立中学校高等学校連合会ですから、府下の私学が勢ぞろいです。
そのうち私立中学校は65校。
各学校とも、ブース形式の個別相談を実施しますし、最新のパンフレットの配布や制服の展示も実施されます。

こういった学校説明会では、それぞれの学校の校風や指導方法はもちろん、受験勉強に関してなど、様々な内容の相談が可能です。
先生方の対応の雰囲気を見ることもできますし、一度に、たくさんの資料を手に入れることもできます。

また、見えないところでも、大変に効果的な部分があります。
それは、それまでイメージだけだった入試が、少し、リアルなものとして感じられるということ。

たとえば、学校の先生方のお話を直接、聞くという体験は、学校の存在をより身近にします。
また、特に人気校ではたくさんの生徒さん・保護者の方が並んでいるわけですが、受験希望者の人数の多さについて、目で見ることができるわけです。
  「先生は、あんな感じなんだ…。」
  「こんなにたくさんの人が希望しているんだ。」
こういったことに気付くことは、夏期講習の後半に向けて、大切な刺激になるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------
 ■2012年度 大阪私立学校展
--------------------------------------------------------------------------------
    日程 08/13/土+08/14/日
    時間 10:00-17:00
    会場 天満橋OMMビル2階
        ☆入場無料
--------------------------------------------------------------------------------

なお、以下は、南大阪 中学受験地図の過去のエントリー。
私学に対して聞いてみたい、具体的な質問内容などをあげています。
参考にどうぞ。

南大阪 中学受験地図版 「私学展の歩き方」
南大阪 中学受験地図版 「私学展の歩き方」 質問編

◎  大阪私立学校展開催 8/13+14 

毎年、恒例となった「大阪私立学校展」。
今年も開催されます。

主催は、大阪私立中学校高等学校連合会ですから、府下の私学が勢ぞろいです。
そのうち私立中学校は65校。
各学校とも、ブース形式の個別相談を実施しますし、最新のパンフレットの配布や制服の展示も実施されます。

こういった学校説明会では、それぞれの学校の校風や指導方法はもちろん、受験勉強に関してなど、様々な内容の相談が可能です。
先生方の対応の雰囲気を見ることもできますし、一度に、たくさんの資料を手に入れることもできます。

また、見えないところでも、大変に効果的な部分があります。
それは、それまでイメージだけだった入試が、少し、リアルなものとして感じられるということ。

たとえば、学校の先生方のお話を直接、聞くという体験は、学校の存在をより身近にします。
また、特に人気校ではたくさんの生徒さん・保護者の方が並んでいるわけですが、受験希望者の人数の多さについて、目で見ることができるわけです。
  「先生は、あんな感じなんだ…。」
  「こんなにたくさんの人が希望しているんだ。」
こういったことに気付くことは、夏期講習の後半に向けて、大切な刺激になるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------
 ■2012年度 大阪私立学校展
--------------------------------------------------------------------------------
    日程 08/13/土+08/14/日
    時間 10:00-17:00
    会場 天満橋OMMビル2階
        ☆入場無料
--------------------------------------------------------------------------------

なお、以下は、南大阪 中学受験地図の過去のエントリー。
私学に対して聞いてみたい、具体的な質問内容などをあげています。
参考にどうぞ。

南大阪 中学受験地図版 「私学展の歩き方」
南大阪 中学受験地図版 「私学展の歩き方」 質問編

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。