南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  小テストの効用には… 

今年の小学校6年生。
いつもの年よりも早く、身についたことがあります。
それは、テストが始まった瞬間の集中力。
たとえば、初めは裏返して配布する漢字テスト。(30問5分)
「よーい、…………はじめ!」の合図とともに、一斉に「シャ!」と紙が表に向けられます。

さらに、素晴らしいのは問題を解いているときの集中力です。
少々のことでは、気持ちが揺れません。
最後まで、きちんと書き、点検し、修正し…を繰り返しています。


さて、自慢(?)はここまで。
こういった毎回のテストですが、どういった効果があるのでしょうか。

実は、脳科学者として有名な茂木健一郎さんの今日のツイッターに次のような内容がありました。

引用の上、要約します。
--------------------------------------------------------------------------------
 「集中できる、できない」は、生まれつきの「性格」ではない。
  脳には集中するための回路があり、それを鍛えればいい。
  筋肉と同じように、回路も使えばそれだけ強くなる。

  オススメは、「一秒集中法」。
  さあやろう、と思って座ったら、間髪を入れずに始めていきなりトップスピードに入る。そのようなことを繰り返していれば、
  自然に集中回路の機能が高まる。

  初めは無理でも「瞬間集中法」を続けていると、やがて集中できるようになる。
  実践した回数にともなって深くなる。

     ~中略~

  受験の結果が良い学生は、自分の部屋ではなく居間で勉強するという調査結果があるよう。ある程度の「負荷」が
  かかった状況でも集中できるくらいでないと、能力が高いと言えぬ。
 「静かな部屋でないと」という人は、結局(集中することから)逃げている。
--------------------------------------------------------------------------------

茂木先生は、朝一番で、連続ツィートを発信されています。
ツイッターは140字という制限があるのですが、それを連続して何通か書くわけです。
最近は政治関連の話題も多く、もしかしたら髪型を変えて記者会見に臨んだ、ダイエット希望の実業家の方の話題でも出るかと思っていましたが、まったく違いました。
普段は、入試制度や企業の新卒一斉採用のシステムなどについても意見を述べておられます。

今回のツイートの内容から、毎時間の小テストに、「漢字を覚える」「計算力を上げる」だけでなく、「集中力を高める」という大切な働きがあることが分かりました。
おそらく、今年の6年生の皆さんは、初めからそういった素養をお持ちの方が多く、早めに良いスタートを切ることができるようになったのではないでしょうか。
小テストの開始は、授業開始の合図でもあるわけですが、これからは「集中」も、より意識していきたいものです。


スポンサーサイト

◎  小テストの効用には… 

今年の小学校6年生。
いつもの年よりも早く、身についたことがあります。
それは、テストが始まった瞬間の集中力。
たとえば、初めは裏返して配布する漢字テスト。(30問5分)
「よーい、…………はじめ!」の合図とともに、一斉に「シャ!」と紙が表に向けられます。

さらに、素晴らしいのは問題を解いているときの集中力です。
少々のことでは、気持ちが揺れません。
最後まで、きちんと書き、点検し、修正し…を繰り返しています。


さて、自慢(?)はここまで。
こういった毎回のテストですが、どういった効果があるのでしょうか。

実は、脳科学者として有名な茂木健一郎さんの今日のツイッターに次のような内容がありました。

引用の上、要約します。
--------------------------------------------------------------------------------
 「集中できる、できない」は、生まれつきの「性格」ではない。
  脳には集中するための回路があり、それを鍛えればいい。
  筋肉と同じように、回路も使えばそれだけ強くなる。

  オススメは、「一秒集中法」。
  さあやろう、と思って座ったら、間髪を入れずに始めていきなりトップスピードに入る。そのようなことを繰り返していれば、
  自然に集中回路の機能が高まる。

  初めは無理でも「瞬間集中法」を続けていると、やがて集中できるようになる。
  実践した回数にともなって深くなる。

     ~中略~

  受験の結果が良い学生は、自分の部屋ではなく居間で勉強するという調査結果があるよう。ある程度の「負荷」が
  かかった状況でも集中できるくらいでないと、能力が高いと言えぬ。
 「静かな部屋でないと」という人は、結局(集中することから)逃げている。
--------------------------------------------------------------------------------

茂木先生は、朝一番で、連続ツィートを発信されています。
ツイッターは140字という制限があるのですが、それを連続して何通か書くわけです。
最近は政治関連の話題も多く、もしかしたら髪型を変えて記者会見に臨んだ、ダイエット希望の実業家の方の話題でも出るかと思っていましたが、まったく違いました。
普段は、入試制度や企業の新卒一斉採用のシステムなどについても意見を述べておられます。

今回のツイートの内容から、毎時間の小テストに、「漢字を覚える」「計算力を上げる」だけでなく、「集中力を高める」という大切な働きがあることが分かりました。
おそらく、今年の6年生の皆さんは、初めからそういった素養をお持ちの方が多く、早めに良いスタートを切ることができるようになったのではないでしょうか。
小テストの開始は、授業開始の合図でもあるわけですが、これからは「集中」も、より意識していきたいものです。


◎  意外!?国語の学習方法 

昨日は、全国統一小学生テストに関連して、「成績返却会」を実施。
これで、全統関連の一連の行事は終了しました。

返却会は、テストの結果・傾向、成績表の見方などを説明するのですが、最後にアンケートを実施して、自由に感想を書いていただきました。
内容を拝見して、大変驚いたのが、国語の勉強法やテストの取り組み方の説明に対する反響。
ほとんどの方から「初めて知った」「知らなかった」「参考になった」というコメントをいただきました。
今回のテストは公開テストですので、大手の進学塾・チェーン塾に通われている方もあるわけですが、そういった方も含めての反応です。


国語は、どうしても「見えにくい」科目。
勉強方法はもちろん、問題を解く過程にしても、どうしてもわかりにくい。
成績を上げる方法・実力を伸ばす方法・テストで点数を確保する方法になるとなおさらです。
当然、算数のほうがそういった面はわかりやすいわけで、○○算といった分類や線分図・面積図・天秤図などの手法にもそれが表れています。

それでも、国語にだっていくつかの「コツ」や「作法」はあるわけです。
それこそ、知っているかどうかで差がつくポイントです。

説明会でご説明した内容は、以下のような内容でした。

--------------------------------------------------------------------------------
  国語の問題を解くにあたって
    読む力
      文章を正確に読める力、また、理解できる力が必要。
      漢字や語句の知識も、半分はそのためにある。
      加えて、「問題文を読む力」が必要。
      それぞれの問題が、何を聞いているのか、きちんとつかめるよう。
    解答を書く力
      答えをきちんと表現できなければ正解にならない。
      問題に、答えが、ある範囲に収まるような仕組みが施されている。
      それを理解して解答を作成する力をつけることが必要。
  家庭学習でのコツ
      問題の文章も、問題文も、すべて音読する。
      問題集は解答・解説の詳しいものを。不正解の理由をつかむのが勉強。
  解き方の手法を学ぶ
      たとえば…
        指示語の問題では、指示語の前の部分を探し、
        答えを指示語に当てはめて、点検する   など
                     参考書などを活用するほうがよい。
--------------------------------------------------------------------------------

おそらく国語に携わるほとんどの先生がこういったことをご存じだと思いますが、生徒さんにも、もっときちんと伝える必要も感じました。


◎  意外!?国語の学習方法 

昨日は、全国統一小学生テストに関連して、「成績返却会」を実施。
これで、全統関連の一連の行事は終了しました。

返却会は、テストの結果・傾向、成績表の見方などを説明するのですが、最後にアンケートを実施して、自由に感想を書いていただきました。
内容を拝見して、大変驚いたのが、国語の勉強法やテストの取り組み方の説明に対する反響。
ほとんどの方から「初めて知った」「知らなかった」「参考になった」というコメントをいただきました。
今回のテストは公開テストですので、大手の進学塾・チェーン塾に通われている方もあるわけですが、そういった方も含めての反応です。


国語は、どうしても「見えにくい」科目。
勉強方法はもちろん、問題を解く過程にしても、どうしてもわかりにくい。
成績を上げる方法・実力を伸ばす方法・テストで点数を確保する方法になるとなおさらです。
当然、算数のほうがそういった面はわかりやすいわけで、○○算といった分類や線分図・面積図・天秤図などの手法にもそれが表れています。

それでも、国語にだっていくつかの「コツ」や「作法」はあるわけです。
それこそ、知っているかどうかで差がつくポイントです。

説明会でご説明した内容は、以下のような内容でした。

--------------------------------------------------------------------------------
  国語の問題を解くにあたって
    読む力
      文章を正確に読める力、また、理解できる力が必要。
      漢字や語句の知識も、半分はそのためにある。
      加えて、「問題文を読む力」が必要。
      それぞれの問題が、何を聞いているのか、きちんとつかめるよう。
    解答を書く力
      答えをきちんと表現できなければ正解にならない。
      問題に、答えが、ある範囲に収まるような仕組みが施されている。
      それを理解して解答を作成する力をつけることが必要。
  家庭学習でのコツ
      問題の文章も、問題文も、すべて音読する。
      問題集は解答・解説の詳しいものを。不正解の理由をつかむのが勉強。
  解き方の手法を学ぶ
      たとえば…
        指示語の問題では、指示語の前の部分を探し、
        答えを指示語に当てはめて、点検する   など
                     参考書などを活用するほうがよい。
--------------------------------------------------------------------------------

おそらく国語に携わるほとんどの先生がこういったことをご存じだと思いますが、生徒さんにも、もっときちんと伝える必要も感じました。


◎  プール学院がコース制を変更 特進系のコースを設置へ 

来年度入試では様々な改革が進行中ですが、プール学院でも従来のコース体制を変更することになりました。
すでにホームページでも発表されています。

これまでは、アドバンス、スタンダードの2コース体制でしたが、これを一括し特進コースへと変更。
さらに「一貫特進コース」を新設するそうです。
詳細は不明ですが、6年間同一クラスで指導を行うようです。
ホームページにも「『一貫特進コース』は、中高6年間が同一クラスです。」とあります。

どういったメリットがあり、指導システムはどのようなものなのか、不明ですが、「6年間、変更がないメリット」もあると思いますが、反面「6年間は変更できない」というデメリットもあるように思います。

また、「特進」ということで一括されたこれまでのアドバンスとスタンダードの2コースですが、特にスタンダードは標準としての位置づけだったように思います。
その異なる二つのコースを一つにまとめて募集することで、どのような変化があるのか注目しておく必要があります。
今回の情報だけでは十分に判断できませんが、標準コースを設けておられないということは、レベルアップを狙っておられるということでしょうか。

こういったところは、今後、学校の説明会などで発表されると思います。

また、同時に入試科目も発表されています。
--------------------------------------------------------------------------------
 ■プール学院:2012年度入試 入試科目
--------------------------------------------------------------------------------
    一貫特進コース=3科目250点満点
       国語100点+算数100点+社会50点or理科50点
          →4教科受験必須で、理社は得点の高い科目を採用するそうです。
    特進コース=2科目200点満点
       国語100点+算数100点
--------------------------------------------------------------------------------

保護者の皆さん対象としては、6/18/土の体験入学会(小5・小6対象)で説明があると思います。

こういったコース変更については、当然、名前が変わった以上の変化が求められるわけで、どういった指導システムをひくのか、進学目標をどう設定するのか、また、それを実現するためにどのような改革をするのか、学校生活の面ではどのような変化があるのか等、実質的な変化の内容をしっかり知らせていただくことが必要。
そうしなければ、本当に看板倒れになりかねません。
プール学院には、ぜひ、そういった面を期待したいところです。



◎  プール学院がコース制を変更 特進系のコースを設置へ 

来年度入試では様々な改革が進行中ですが、プール学院でも従来のコース体制を変更することになりました。
すでにホームページでも発表されています。

これまでは、アドバンス、スタンダードの2コース体制でしたが、これを一括し特進コースへと変更。
さらに「一貫特進コース」を新設するそうです。
詳細は不明ですが、6年間同一クラスで指導を行うようです。
ホームページにも「『一貫特進コース』は、中高6年間が同一クラスです。」とあります。

どういったメリットがあり、指導システムはどのようなものなのか、不明ですが、「6年間、変更がないメリット」もあると思いますが、反面「6年間は変更できない」というデメリットもあるように思います。

また、「特進」ということで一括されたこれまでのアドバンスとスタンダードの2コースですが、特にスタンダードは標準としての位置づけだったように思います。
その異なる二つのコースを一つにまとめて募集することで、どのような変化があるのか注目しておく必要があります。
今回の情報だけでは十分に判断できませんが、標準コースを設けておられないということは、レベルアップを狙っておられるということでしょうか。

こういったところは、今後、学校の説明会などで発表されると思います。

また、同時に入試科目も発表されています。
--------------------------------------------------------------------------------
 ■プール学院:2012年度入試 入試科目
--------------------------------------------------------------------------------
    一貫特進コース=3科目250点満点
       国語100点+算数100点+社会50点or理科50点
          →4教科受験必須で、理社は得点の高い科目を採用するそうです。
    特進コース=2科目200点満点
       国語100点+算数100点
--------------------------------------------------------------------------------

保護者の皆さん対象としては、6/18/土の体験入学会(小5・小6対象)で説明があると思います。

こういったコース変更については、当然、名前が変わった以上の変化が求められるわけで、どういった指導システムをひくのか、進学目標をどう設定するのか、また、それを実現するためにどのような改革をするのか、学校生活の面ではどのような変化があるのか等、実質的な変化の内容をしっかり知らせていただくことが必要。
そうしなければ、本当に看板倒れになりかねません。
プール学院には、ぜひ、そういった面を期待したいところです。




back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。