南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  初芝立命館:来年度(H24年度)要項発表です 

航路開拓舎では6/5に全国統一小学生テストを実施。
その際に、通学圏にある主な私立中学校のパンフレットを配布します。
現在、各中学校のご協力を得て、パンフレットをいただいていますが、ほとんどが昨年度のものになります。

しかし、中にはすでに来年度用のパンフレットを完成している学校もあります。
初芝立命館もそのうちの一つ。
すでに来年度の募集要項が紹介されていましたので、概要をご報告します。

--------------------------------------------------------------------------------
 ■初芝立命館中学 平成24年度 募集要項(概要)
--------------------------------------------------------------------------------
  募集人員 … 120名(内部進学を含む)立命館コース80名、グローバルコース40名
  
   A日程 1月14日 土曜日実施
    点呼:8時30分
    科目:立命館→4教科実施、グローバル→2教科実施
    対象:専願のみ
    発表:当日HPにて

   B日程 1月15日 日曜日実施
    点呼:午後3時(午後入試)
    科目:立命館→3教科実施、グローバル→2教科実施
    対象:専願+併願
    発表:16日月曜日にHPにて

   C日程 1月17日 火曜日実施
    点呼:8時30分
    科目:立命館→4教科実施、グローバル→2教科実施
    対象:専願+併願
    発表:当日HPにて
--------------------------------------------------------------------------------

今春の入試では、立命館コースで「4科総合型:国算理社の総合得点」「理科重視型:理科の得点を2倍」「算数重視型:算数の得点を2倍」といった選抜方法をとっておられましたが、今回のパンフレットには記載されていません。
ただし、B日程が3教科入試で、しかも午後入試になったのが大きな変更点です。

パンフレットの作りも大きく変わったのですが、見逃せないのが、「交通アクセス(Access)」のページにある地図。
立命館大学の所在地が記載してあるのですが、現有の「衣笠キャンパス」と「びわこ・くさつキャンパス」に加え、茨木キャンパスも「開校予定地」として記載されています。

今年から、校長先生も元三国丘高校の校長先生にかわるなど、様々に体制・内容を更新しているわけですが、初芝学園としても、初芝橋本初芝富田林・初芝立命館それぞれに独自性を出す方向で進めておられます。
大阪市内はもとより、兵庫県や守口市からの入学者(入学者全体の約5分の1以上を占めます)も迎えたこの春の入試。
通学生の広域化とともに、入試のレベルの変化にも注目が必要です。

※詳細な要項については、学校発表のものでご確認ください。


スポンサーサイト

◎  初芝立命館:来年度(H24年度)要項発表です 

航路開拓舎では6/5に全国統一小学生テストを実施。
その際に、通学圏にある主な私立中学校のパンフレットを配布します。
現在、各中学校のご協力を得て、パンフレットをいただいていますが、ほとんどが昨年度のものになります。

しかし、中にはすでに来年度用のパンフレットを完成している学校もあります。
初芝立命館もそのうちの一つ。
すでに来年度の募集要項が紹介されていましたので、概要をご報告します。

--------------------------------------------------------------------------------
 ■初芝立命館中学 平成24年度 募集要項(概要)
--------------------------------------------------------------------------------
  募集人員 … 120名(内部進学を含む)立命館コース80名、グローバルコース40名
  
   A日程 1月14日 土曜日実施
    点呼:8時30分
    科目:立命館→4教科実施、グローバル→2教科実施
    対象:専願のみ
    発表:当日HPにて

   B日程 1月15日 日曜日実施
    点呼:午後3時(午後入試)
    科目:立命館→3教科実施、グローバル→2教科実施
    対象:専願+併願
    発表:16日月曜日にHPにて

   C日程 1月17日 火曜日実施
    点呼:8時30分
    科目:立命館→4教科実施、グローバル→2教科実施
    対象:専願+併願
    発表:当日HPにて
--------------------------------------------------------------------------------

今春の入試では、立命館コースで「4科総合型:国算理社の総合得点」「理科重視型:理科の得点を2倍」「算数重視型:算数の得点を2倍」といった選抜方法をとっておられましたが、今回のパンフレットには記載されていません。
ただし、B日程が3教科入試で、しかも午後入試になったのが大きな変更点です。

パンフレットの作りも大きく変わったのですが、見逃せないのが、「交通アクセス(Access)」のページにある地図。
立命館大学の所在地が記載してあるのですが、現有の「衣笠キャンパス」と「びわこ・くさつキャンパス」に加え、茨木キャンパスも「開校予定地」として記載されています。

今年から、校長先生も元三国丘高校の校長先生にかわるなど、様々に体制・内容を更新しているわけですが、初芝学園としても、初芝橋本初芝富田林・初芝立命館それぞれに独自性を出す方向で進めておられます。
大阪市内はもとより、兵庫県や守口市からの入学者(入学者全体の約5分の1以上を占めます)も迎えたこの春の入試。
通学生の広域化とともに、入試のレベルの変化にも注目が必要です。

※詳細な要項については、学校発表のものでご確認ください。


◎  近大附属:新コース体制「MAP」完成 

近大附属中では、平成14年度から続けてきたコース体制を変更し、新しい教育プログラムを実践することになったそうです。

近畿大学附属は、その名のとおり近畿大学の附属校。
当たり前のことではありますが、その名のとおり、近畿一円に広がる大学キャンパスと医学部をはじめ、様々な学部を擁する総合大学である近畿大学の「附属」であることをいかした教育を実施しておられます。
今回の変更では、そのメリットを生かしながら、さらにコースごとの分化=指導の目標と内容を深めたものになっています。

以下が概要です。
--------------------------------------------------------------------------------
 ◆医薬コース
--------------------------------------------------------------------------------
  「医学部・薬学部などの医療系大学への進学を目指します。」
    近畿大学の医学部での体験授業なども実施。
    また、特別推薦制度や授業料減免となる特待生制度もあります。
    後期(高2・3)時には理系アドバンストと到達度別クラス編成を組むそうです。
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
 ◆英数コース アドバンスト
--------------------------------------------------------------------------------
  「より深い学びにより、国公立大学への進学を目指します。」
    京阪神市府大への合格者増を目指すため到達度別クラスを編成。
    放課後を利用しハイレベル演習を、長期休暇には特別学習活動も実施。
    また、的確なデータ分析できめ細やかに進路指導を実施するそうです。
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
 ◆英数コース プログレス
--------------------------------------------------------------------------------
  「大学受験にとらわれない真の大学附属教育を目指します。」
    大学進学を目指した総合力をキャリアデザイン教育の導入で育成。
    習熟度に応じた補習やテストフォローを実施
    近大の施設を利用した体験授業、また、特別推薦による進学も。
--------------------------------------------------------------------------------


従来から、近大附属の強みは、大学との連携(他校でいう連携よりも、色濃いものです)にありました。
その一方で、「附属」=「エスカレーター」という一般のイメージにとどまらず、他大学への進学も積極的に目標としてこられました。

今回の変更は、そのコース体制をより明確に分化したもので、一つの学校でありながら内容の違う三つの学校があるかのです。
その体制を一つのまとめられるのは、やはり総合大学としての近畿大学の附属であるという点が大きいのではないでしょうか。

詳細は9月の初旬に発表されるとのことです。
情報が入り次第、エントリーしていきます。

なお、今回の新コースですが…

   Medical … 医薬コース
   Advanced … 英数コース アドバンスト
   Progress … 英数コース プログレス

という名称で、頭文字をとると「MAP」となり「みらいへの地図」と名付けておられます。


当Blogとしては、親近感がわくネーミングですね。

◎  近大附属:新コース体制「MAP」完成 

近大附属中では、平成14年度から続けてきたコース体制を変更し、新しい教育プログラムを実践することになったそうです。

近畿大学附属は、その名のとおり近畿大学の附属校。
当たり前のことではありますが、その名のとおり、近畿一円に広がる大学キャンパスと医学部をはじめ、様々な学部を擁する総合大学である近畿大学の「附属」であることをいかした教育を実施しておられます。
今回の変更では、そのメリットを生かしながら、さらにコースごとの分化=指導の目標と内容を深めたものになっています。

以下が概要です。
--------------------------------------------------------------------------------
 ◆医薬コース
--------------------------------------------------------------------------------
  「医学部・薬学部などの医療系大学への進学を目指します。」
    近畿大学の医学部での体験授業なども実施。
    また、特別推薦制度や授業料減免となる特待生制度もあります。
    後期(高2・3)時には理系アドバンストと到達度別クラス編成を組むそうです。
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
 ◆英数コース アドバンスト
--------------------------------------------------------------------------------
  「より深い学びにより、国公立大学への進学を目指します。」
    京阪神市府大への合格者増を目指すため到達度別クラスを編成。
    放課後を利用しハイレベル演習を、長期休暇には特別学習活動も実施。
    また、的確なデータ分析できめ細やかに進路指導を実施するそうです。
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
 ◆英数コース プログレス
--------------------------------------------------------------------------------
  「大学受験にとらわれない真の大学附属教育を目指します。」
    大学進学を目指した総合力をキャリアデザイン教育の導入で育成。
    習熟度に応じた補習やテストフォローを実施
    近大の施設を利用した体験授業、また、特別推薦による進学も。
--------------------------------------------------------------------------------


従来から、近大附属の強みは、大学との連携(他校でいう連携よりも、色濃いものです)にありました。
その一方で、「附属」=「エスカレーター」という一般のイメージにとどまらず、他大学への進学も積極的に目標としてこられました。

今回の変更は、そのコース体制をより明確に分化したもので、一つの学校でありながら内容の違う三つの学校があるかのです。
その体制を一つのまとめられるのは、やはり総合大学としての近畿大学の附属であるという点が大きいのではないでしょうか。

詳細は9月の初旬に発表されるとのことです。
情報が入り次第、エントリーしていきます。

なお、今回の新コースですが…

   Medical … 医薬コース
   Advanced … 英数コース アドバンスト
   Progress … 英数コース プログレス

という名称で、頭文字をとると「MAP」となり「みらいへの地図」と名付けておられます。


当Blogとしては、親近感がわくネーミングですね。

◎  清風南海:入試説明会等日程発表 

もしかしたら、清風南海を考えておられるみなさんは、すでにご存知かもしれません。
先ほど、ホームページのチェックをしていましたら発見しました。

正直、「いつ、更新されたのだろう…」という不安を持ちながらのエントリーです。

中学受験関係の日程は、以下の通り。
--------------------------------------------------------------------------------
 ■第1回 平成23年9月24日(土)
       13:00~ (オープンスクール)
       15:00~ (入試説明会、個別相談会)

 ■第2回 平成23年11月23日(水・祝)
        9:30~ (オープンスクール)
       11:30~ (入試説明会、個別相談会)

 ※オープンスクールに参加を希望される方は、両日とも開始時刻までに集合。
  体験学習や校内見学は事前申し込み不要で自由にできるそうです。
 ※なお、当日は上履き用スリッパ、下履き用靴袋が必要です。
--------------------------------------------------------------------------------

詳細を書いたページパンフレット(pdf)も用意されています。


最後に言い訳を…。

各学校のホームページですが、更新が早い学校もあれば遅い(ほとんどない?)学校もあります。
また、更新結果が分かりやすい学校もあれば、分かりにくい学校もあるわけで…。


さらに余談を…。

ホームページの変化を見ているとその学校の勢いがわかります。

星光四天王寺は、ほとんど変化がない。
老舗の料亭の構えのようです。

上宮上宮太子は学校の改革とともにリニューアル。
また、初芝立命館(特に高校)も、大きく変わりました。
新築で店を拡張しつつあるレストランといったところでしょうか。

一方、下町の食堂のように味わい深いホームページもいまだにあるわけですが、それはそれで、学校の雰囲気をよく出していると思います。(めっきり減りましたが…)
ただし、デザイン・雰囲気がよかったのに、生徒募集関連イベントのバナーを急に大きく取り上げ始めた学校もあります。
寿司だけではやっていけないため、「カツ丼でも焼き飯でもやります!」となっては、本来の寿司もうまくない。
あまり、なりふり構わずになるとどうでしょうか。

ちょっと、心配になってきます

◎  清風南海:入試説明会等日程発表 

もしかしたら、清風南海を考えておられるみなさんは、すでにご存知かもしれません。
先ほど、ホームページのチェックをしていましたら発見しました。

正直、「いつ、更新されたのだろう…」という不安を持ちながらのエントリーです。

中学受験関係の日程は、以下の通り。
--------------------------------------------------------------------------------
 ■第1回 平成23年9月24日(土)
       13:00~ (オープンスクール)
       15:00~ (入試説明会、個別相談会)

 ■第2回 平成23年11月23日(水・祝)
        9:30~ (オープンスクール)
       11:30~ (入試説明会、個別相談会)

 ※オープンスクールに参加を希望される方は、両日とも開始時刻までに集合。
  体験学習や校内見学は事前申し込み不要で自由にできるそうです。
 ※なお、当日は上履き用スリッパ、下履き用靴袋が必要です。
--------------------------------------------------------------------------------

詳細を書いたページパンフレット(pdf)も用意されています。


最後に言い訳を…。

各学校のホームページですが、更新が早い学校もあれば遅い(ほとんどない?)学校もあります。
また、更新結果が分かりやすい学校もあれば、分かりにくい学校もあるわけで…。


さらに余談を…。

ホームページの変化を見ているとその学校の勢いがわかります。

星光四天王寺は、ほとんど変化がない。
老舗の料亭の構えのようです。

上宮上宮太子は学校の改革とともにリニューアル。
また、初芝立命館(特に高校)も、大きく変わりました。
新築で店を拡張しつつあるレストランといったところでしょうか。

一方、下町の食堂のように味わい深いホームページもいまだにあるわけですが、それはそれで、学校の雰囲気をよく出していると思います。(めっきり減りましたが…)
ただし、デザイン・雰囲気がよかったのに、生徒募集関連イベントのバナーを急に大きく取り上げ始めた学校もあります。
寿司だけではやっていけないため、「カツ丼でも焼き飯でもやります!」となっては、本来の寿司もうまくない。
あまり、なりふり構わずになるとどうでしょうか。

ちょっと、心配になってきます

◎  帝塚山学院:体験学習の申し込み状況は… 

6月4日土曜日に、帝塚山学院で実施されるオープンスクール。
学校説明や卒業生である令丈ヒロ子氏(日本児童文学者協会等所属。成安造形大学非常勤講師。「若おかみは小学生!」シリーズ等の作者。学院の卒業生です。)の講演や体験授業などを予定されています。

特に、学院の体験授業は、女子校らしい内容で盛りだくさん。
ただし、定員がありますので、希望の授業に参加できないこともあるわけです。

帝塚山学院では5/17現在の申し込み状況を公表(pdfファイル)されています。
これから参加を希望される方は、参考にすることができます。

なお、体験授業の内容は、以下。
----------------------------------------
   A:リズムにのってLet’s Dance!
   B:トランポリンでJUMP!!
   C:メレンゲのキモチ ~カップケーキ作り~
   D:世界で一つのマイ・シール作り
   E:サイエンスワールドへようこそ!
   F:身のまわりの科学 ~アロマ石けん作り~
   G:クレイアニメーション~ねんどで簡単!アニメ作り~
   H:初めてのバイオリン教室
   I:1人1音で演奏会!~音楽のための物理学~
   J:不思議の国のアリスIn English ~みんなでカチューシャを作ろう~
   K:おもしろ日本史発見!!
   L:令丈ヒロ子さんとふれあう会
----------------------------------------
Gのアニメ作りやHのバイオリン教室などは、帝塚山らしいユニークな内容。
学校の特色がよく出ています。

こういった途中結果を知らせていただけるところが、女子校らしい心遣いかもしれません。


オープンスクールの詳細は、こちらから(pdfファイル)
また、申し込みは、こちらから


なお、6月中のおもな行事予定を以下にまとめてみました。
こちらも各学校のホームページにリンクしていますので、参考にしてください。
--------------------------------------------------------------------------------
06/04/土
   大谷中   OpenClass
   帝塚山学院中   オープンスクール
   初芝富田林中   体験入学(小5)

06/11/土
   大阪女学院中   オ-プンキャンパス(小5+6)

06/18/土
   四天王寺羽曳丘中 体験学習会
   清教学園中 入試説明会
   帝塚山学院泉ヶ丘中   体験(小4+5)
   大谷中   OpenClass
   プール学院中 体験入学(小5+6)

06/25/土
   清教学園中 体験入学(小5)
   帝塚山学院泉ヶ丘中   体験(小4+5)

06/26/日
   関西大学連携浪速中   説明会
   桃山学院中 オープンキャンパス
--------------------------------------------------------------------------------
詳細は、各学校発表のもので、ご確認ください。



◎  帝塚山学院:体験学習の申し込み状況は… 

6月4日土曜日に、帝塚山学院で実施されるオープンスクール。
学校説明や卒業生である令丈ヒロ子氏(日本児童文学者協会等所属。成安造形大学非常勤講師。「若おかみは小学生!」シリーズ等の作者。学院の卒業生です。)の講演や体験授業などを予定されています。

特に、学院の体験授業は、女子校らしい内容で盛りだくさん。
ただし、定員がありますので、希望の授業に参加できないこともあるわけです。

帝塚山学院では5/17現在の申し込み状況を公表(pdfファイル)されています。
これから参加を希望される方は、参考にすることができます。

なお、体験授業の内容は、以下。
----------------------------------------
   A:リズムにのってLet’s Dance!
   B:トランポリンでJUMP!!
   C:メレンゲのキモチ ~カップケーキ作り~
   D:世界で一つのマイ・シール作り
   E:サイエンスワールドへようこそ!
   F:身のまわりの科学 ~アロマ石けん作り~
   G:クレイアニメーション~ねんどで簡単!アニメ作り~
   H:初めてのバイオリン教室
   I:1人1音で演奏会!~音楽のための物理学~
   J:不思議の国のアリスIn English ~みんなでカチューシャを作ろう~
   K:おもしろ日本史発見!!
   L:令丈ヒロ子さんとふれあう会
----------------------------------------
Gのアニメ作りやHのバイオリン教室などは、帝塚山らしいユニークな内容。
学校の特色がよく出ています。

こういった途中結果を知らせていただけるところが、女子校らしい心遣いかもしれません。


オープンスクールの詳細は、こちらから(pdfファイル)
また、申し込みは、こちらから


なお、6月中のおもな行事予定を以下にまとめてみました。
こちらも各学校のホームページにリンクしていますので、参考にしてください。
--------------------------------------------------------------------------------
06/04/土
   大谷中   OpenClass
   帝塚山学院中   オープンスクール
   初芝富田林中   体験入学(小5)

06/11/土
   大阪女学院中   オ-プンキャンパス(小5+6)

06/18/土
   四天王寺羽曳丘中 体験学習会
   清教学園中 入試説明会
   帝塚山学院泉ヶ丘中   体験(小4+5)
   大谷中   OpenClass
   プール学院中 体験入学(小5+6)

06/25/土
   清教学園中 体験入学(小5)
   帝塚山学院泉ヶ丘中   体験(小4+5)

06/26/日
   関西大学連携浪速中   説明会
   桃山学院中 オープンキャンパス
--------------------------------------------------------------------------------
詳細は、各学校発表のもので、ご確認ください。



◎  清教学園 高校進級時のコースがS特進だけに絞られました 

清教学園中学では、生徒さんの指導システムと関西学院大学との連携の在り方を検討し、高校進学時に選択可能であった「大学連携コース」を廃し、「S特進コース理系」「S特進コース文系」のみに変更することを決定されました。

注意したいのは、今春の入学生までは高校進学時に「大学連携コース」を選択できるということ。
今回の変更は、現在の小学校6年生の皆さんが受験をする2012年度入試入学者に対する決定です。
また、関西学院大学との関係が白紙になったわけではなく、協定校推薦の制度は残すとことです。



ここ数年間、南大阪地域の各中学校は、生徒指導の在り方、言い換えると学校の在り方と考えてもいいかもしれませんが、様々な模索をしてきました。


その中で注目されたのが大学との連携。

初芝が立命館と、帝塚山学院が関学と、浪速が関西大学と、賢明も近畿大学と…、というように、様々な中学校が「特定大学への進学を前提としたコース」を設けています。

清教学園でも、関西学院大学との連携を行い、中学入試の段階で「大学連携コース」として、関学への進学を前提とした募集を行った時期もあります。
しかし、当初から、清教学園は「入学後の生徒の可能性をしっかり判断し、大学進学に対応したい」という姿勢をもっておられました。
ご家庭の経済的な事情・生徒さんの学力など、さまざまな点を考慮して、関学以外の道へも、理解を示してこられました。

そもそもコース名称が「関学コース」ではなく「大学連携コース」となっていたところが、ポイントでした。


今回の変更の理由について、詳細は不明ですが、文書によると、「創立60周年を迎えるに当たり、難関国公立大学進学を目指す本校教育への信託に応えうる更なる教育内容の充実」という表現があります。

「大学連携」「共学化」「プレテスト」など、各学校の工夫が出つくした感がある南大阪の中学受験状況。
今後は、やはり「大学進学実績」や「入学した生徒をどのように伸ばしているのか」という、私学の本分ともいえる部分での競争になるはず。

そういった状況の中で、実に清教らしい、前向きな改革といえるでしょう。

◎  清教学園 高校進級時のコースがS特進だけに絞られました 

清教学園中学では、生徒さんの指導システムと関西学院大学との連携の在り方を検討し、高校進学時に選択可能であった「大学連携コース」を廃し、「S特進コース理系」「S特進コース文系」のみに変更することを決定されました。

注意したいのは、今春の入学生までは高校進学時に「大学連携コース」を選択できるということ。
今回の変更は、現在の小学校6年生の皆さんが受験をする2012年度入試入学者に対する決定です。
また、関西学院大学との関係が白紙になったわけではなく、協定校推薦の制度は残すとことです。



ここ数年間、南大阪地域の各中学校は、生徒指導の在り方、言い換えると学校の在り方と考えてもいいかもしれませんが、様々な模索をしてきました。


その中で注目されたのが大学との連携。

初芝が立命館と、帝塚山学院が関学と、浪速が関西大学と、賢明も近畿大学と…、というように、様々な中学校が「特定大学への進学を前提としたコース」を設けています。

清教学園でも、関西学院大学との連携を行い、中学入試の段階で「大学連携コース」として、関学への進学を前提とした募集を行った時期もあります。
しかし、当初から、清教学園は「入学後の生徒の可能性をしっかり判断し、大学進学に対応したい」という姿勢をもっておられました。
ご家庭の経済的な事情・生徒さんの学力など、さまざまな点を考慮して、関学以外の道へも、理解を示してこられました。

そもそもコース名称が「関学コース」ではなく「大学連携コース」となっていたところが、ポイントでした。


今回の変更の理由について、詳細は不明ですが、文書によると、「創立60周年を迎えるに当たり、難関国公立大学進学を目指す本校教育への信託に応えうる更なる教育内容の充実」という表現があります。

「大学連携」「共学化」「プレテスト」など、各学校の工夫が出つくした感がある南大阪の中学受験状況。
今後は、やはり「大学進学実績」や「入学した生徒をどのように伸ばしているのか」という、私学の本分ともいえる部分での競争になるはず。

そういった状況の中で、実に清教らしい、前向きな改革といえるでしょう。

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。