南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  初芝立命館 高校の新校舎が完成 見学してきました 

初芝立命館の高校部の新校舎が完成しました。
以下が、その外観。

初芝立命館 高校新校舎外観

先日、内覧会がありましたので、参加してきました。
廊下が広く、天井が高い、広々とした開放感のあるつくりで、落ち着いた雰囲気でした。
まず、入口・職員室のそばには、案内の掲示板です。

初芝立命館 案内板


エレベーターを降りると、すぐにホールがあり、狭山方面に明るく広がった窓と、机・椅子が設置されています。

初芝立命館 ホール

この机・椅子ですが、自由に配置を変えることができるようになっていて、階によって構成が違います。
生徒さんが自由に変更できるようになるのかもしれません。


廊下は以下のような感じです。
教室の壁には、おそらく個人用になると思いますが、ロッカーが設置されています。

初芝立命館 新校舎廊下

まだ、廊下の中央にはブルーシートがひいてありますが、取り外すと、木のきれいな廊下になると思います。
赤い教室名の掲示がアクセントになっています。


トイレの蛇口も自動。
写真はありませんが、とっても清潔な感じでした。

初芝立命館 トイレ蛇口


また、以下は情報教室・プレゼンルーム。

初芝立命館 情報教室

机の上のモニターは、自動で収納され、プレゼン用の教室にすることが可能。
写真では、設置されている100席がすべて写っていますが、授業の時は、半分に区切ることもできます。
また、大型のモニターがありますので、映像を見ながらの授業もできます。
すでに立命館大学と結んでの授業も予定されているようです。


あと1枚、写真を掲載したかったのが、教室を案内してくれた生徒会長さん。
きちんとした敬語で、しっかり対応してくれました。
そんな中でも、わくわく感が漏れてきます。
やはり新しい環境に対しての期待が大きいのでしょう。

高校の移転後は、小中高が同じ校地で学習することになります。
どんな歴史が始まるのでしょうか。



スポンサーサイト

◎  初芝立命館 高校の新校舎が完成 見学してきました 

初芝立命館の高校部の新校舎が完成しました。
以下が、その外観。

初芝立命館 高校新校舎外観

先日、内覧会がありましたので、参加してきました。
廊下が広く、天井が高い、広々とした開放感のあるつくりで、落ち着いた雰囲気でした。
まず、入口・職員室のそばには、案内の掲示板です。

初芝立命館 案内板


エレベーターを降りると、すぐにホールがあり、狭山方面に明るく広がった窓と、机・椅子が設置されています。

初芝立命館 ホール

この机・椅子ですが、自由に配置を変えることができるようになっていて、階によって構成が違います。
生徒さんが自由に変更できるようになるのかもしれません。


廊下は以下のような感じです。
教室の壁には、おそらく個人用になると思いますが、ロッカーが設置されています。

初芝立命館 新校舎廊下

まだ、廊下の中央にはブルーシートがひいてありますが、取り外すと、木のきれいな廊下になると思います。
赤い教室名の掲示がアクセントになっています。


トイレの蛇口も自動。
写真はありませんが、とっても清潔な感じでした。

初芝立命館 トイレ蛇口


また、以下は情報教室・プレゼンルーム。

初芝立命館 情報教室

机の上のモニターは、自動で収納され、プレゼン用の教室にすることが可能。
写真では、設置されている100席がすべて写っていますが、授業の時は、半分に区切ることもできます。
また、大型のモニターがありますので、映像を見ながらの授業もできます。
すでに立命館大学と結んでの授業も予定されているようです。


あと1枚、写真を掲載したかったのが、教室を案内してくれた生徒会長さん。
きちんとした敬語で、しっかり対応してくれました。
そんな中でも、わくわく感が漏れてきます。
やはり新しい環境に対しての期待が大きいのでしょう。

高校の移転後は、小中高が同じ校地で学習することになります。
どんな歴史が始まるのでしょうか。



◎  震災の被害にあわれた小中学生を受け入れます 

この度の東北地方・関東地方に及ぶ、一連の災害には、大きなショックを受けました。
また、現在も余震が続くばかりではなく、原発も心配な状況にあります。
多くの方々が不便な生活を強いられている中、卒業を迎えたお子さんたちの報道を見て、大変に複雑な思いにとらわれました。

以前から申し上げているように、教育は待ったなしの作業です。
大きく伸び行く子供たち一人一人が、最適な時期に最適な内容の教育を受けられることが一番望ましいと思います。

航路開拓舎としても、そういった状況を踏まえ、塾として少しでも貢献させていただくために、災害に見舞われたご家族の小学生・中学生のお子さんを無料で指導させていただくことといたします。

以下に概要がございます。
詳細は、お尋ねください。
直接、お問い合わせが難しい場合は、ご親戚等、代理の方でも結構です。


--------------------------------------------------------------------------------
■被災された小学生・中学生の方へ
--------------------------------------------------------------------------------
 ◆堺市・東区校◆ 南海高野線・北野田
  》eトレコース
     内容:個別に行う演習中心の指導です。
     学年:小1~中3
     科目:英語・数学・算数・理科・社会・国語
         学校の基本レベルから応用・発展も可能です。
     対応:完全に無料で受講してください。

  》個別指導コース
     内容:授業形式の完全1対1(先生1名・生徒1名)の個別指導です。
     学年:小5~中3
     科目:英語・数学・算数 (他の教科もご相談ください。)
         指導内容は個別に相談できます。
         指導レベル・目標もご相談ください。
     対応:最初の10回分(または20時間分)が無料です。
         その後についても、できるだけご協力します。

  》中学受験コース
     内容:中学受験内容のクラス指導です。
     学年:小4~小6
     科目:算数・国語・理科・社会
     対応:平生の授業料と当面の教材費が無料です。
         外部テスト代や年度後半の教材費等は、ご負担ください。
         ただし、お支払いの方法・時期など、ご相談ください。

 ◆堺市・堺区教室◆ 南海本線・七道 学力充実会
  》中学生指導コース
     内容:公立中学校準拠のクラス指導です。
     学年:中1・中2
     科目:英語・数学+テスト対策(英数国理社)
     対応:完全に無料で受講してください。

 なお、上記のすべてのコースで入会金もいただきません。
 指導内容の詳細などは、お問い合わせください。
 また、ご相談もお受けします。
 
 連絡先は、以下の電話番号からお願いします。
 

航路開拓舎ロゴ+電話番号


 
 所在地は、以下のリンクを参考にして下さい。
 
   》》》堺市・東区校
   》》》堺市・堺区教室 学力充実会
--------------------------------------------------------------------------------

被災された現地の、一日でも早い復興と、皆さんのご健康をお祈りしております。



◎  震災の被害にあわれた小中学生を受け入れます 

この度の東北地方・関東地方に及ぶ、一連の災害には、大きなショックを受けました。
また、現在も余震が続くばかりではなく、原発も心配な状況にあります。
多くの方々が不便な生活を強いられている中、卒業を迎えたお子さんたちの報道を見て、大変に複雑な思いにとらわれました。

以前から申し上げているように、教育は待ったなしの作業です。
大きく伸び行く子供たち一人一人が、最適な時期に最適な内容の教育を受けられることが一番望ましいと思います。

航路開拓舎としても、そういった状況を踏まえ、塾として少しでも貢献させていただくために、災害に見舞われたご家族の小学生・中学生のお子さんを無料で指導させていただくことといたします。

以下に概要がございます。
詳細は、お尋ねください。
直接、お問い合わせが難しい場合は、ご親戚等、代理の方でも結構です。


--------------------------------------------------------------------------------
■被災された小学生・中学生の方へ
--------------------------------------------------------------------------------
 ◆堺市・東区校◆ 南海高野線・北野田
  》eトレコース
     内容:個別に行う演習中心の指導です。
     学年:小1~中3
     科目:英語・数学・算数・理科・社会・国語
         学校の基本レベルから応用・発展も可能です。
     対応:完全に無料で受講してください。

  》個別指導コース
     内容:授業形式の完全1対1(先生1名・生徒1名)の個別指導です。
     学年:小5~中3
     科目:英語・数学・算数 (他の教科もご相談ください。)
         指導内容は個別に相談できます。
         指導レベル・目標もご相談ください。
     対応:最初の10回分(または20時間分)が無料です。
         その後についても、できるだけご協力します。

  》中学受験コース
     内容:中学受験内容のクラス指導です。
     学年:小4~小6
     科目:算数・国語・理科・社会
     対応:平生の授業料と当面の教材費が無料です。
         外部テスト代や年度後半の教材費等は、ご負担ください。
         ただし、お支払いの方法・時期など、ご相談ください。

 ◆堺市・堺区教室◆ 南海本線・七道 学力充実会
  》中学生指導コース
     内容:公立中学校準拠のクラス指導です。
     学年:中1・中2
     科目:英語・数学+テスト対策(英数国理社)
     対応:完全に無料で受講してください。

 なお、上記のすべてのコースで入会金もいただきません。
 指導内容の詳細などは、お問い合わせください。
 また、ご相談もお受けします。
 
 連絡先は、以下の電話番号からお願いします。
 

航路開拓舎ロゴ+電話番号


 
 所在地は、以下のリンクを参考にして下さい。
 
   》》》堺市・東区校
   》》》堺市・堺区教室 学力充実会
--------------------------------------------------------------------------------

被災された現地の、一日でも早い復興と、皆さんのご健康をお祈りしております。



◎  大阪女学院:オープンキャンパスの予定発表/追記あり 

今年も、いち早く、大阪女学院から、オープンキャンパス・入試説明会の日程の発表がありました。

大阪女学院のオープンキャンパスは、受験学年である小学校6年生だけでなく、小学校5年生も対象にしています。
大学受験や高校受験の志望校選びよりも、中学受験は子供達の「感覚」が大切。
こういった機会は、大阪女学院を知るためだけでなく、広い意味で「私学」を知るためにも大切な機会です。
大阪女学院を目標として考えている方はもちろんですが、そうでない方でも、自分の目標校との比較として、見ておく価値は充分にあります。
意外な魅力も発見できるかもしれません。

以下がその概要です。
オープンキャンパスは、定員制でwebから、申し込みが必要ですので、ご注意ください。

■入試説明会
  10/15/土  1000-1130
  11/12/土  1000-1130
  12/03/土  1400-1600
    いずれも、学校で実施。
    説明会終了後に、個別相談を受け付けていただけるとのこと。
    なお12/3については受験希望者の個別相談が中心になります。

■中学校オープンキャンパス ☆要申込☆
  05/07/土  1400-1530
  06/11/土  0930-1100
  06/11/土  1300-1430
    対象は小5・小6の女子。
    生徒さんは体験授業、保護者の方には説明会が実施されます。
    各回ともに申し込みは学校のHPからになります。
    それぞれが申込期間です。
      第1回 05/08/土実施分 → 04/09/土の午前10時から開始
      第2回 06/12/土実施分 → 05/14/土の午前10時から開始
      第3回 06/12/土実施分 → 05/14/土の午前10時から開始
    小4以下は申し込めません。
    また、一人の方が複数回、重複した申し込みはできないそうです。

なお、詳細は、学校のホームページでご確認ください。


   》》》大阪女学院ホームページ


--------------------
2011/3/23に追加で情報が入りましたので、一部、重複しますが掲載します。
--------------------
大阪女学院から、詳細な日程が入りましたので、追記いたします。

■中学校入試説明会  いずれも保護者・受験生対象
 ◎10月15日(土) 10:00~11:30
 ◎11月12日(土) 10:00~11:30
 ◎12月 3日(土) 14:00~16:00 ※個別相談中心

  いずれも学校のヘールチャペルにて実施。
  事前申込は不要。また、上履きも不要とのこと。
  各説明会終了後、個別相談を受け付けておられます。

■文化祭  (一般公開)
 ◎11月3日(木) 10:00頃~14:30頃(時間帯は予定)
  事前申し込みは不要。
  受験生専用受付が正門前にあるそうです。

■公開クリスマス  (一般公開)
 ◎12月17日(土)
  昼の部と夜の部が同じ内容でありますが時間帯は未定とのこと。
  学校のヘールチャペルにて実施。
  事前申込は不要です。

■オープンキャンパスについて
 ◎日程
   第1回  5月 7日(土) 14:00~15:30
   第2回  6月11日(土) 09:30~11:00
   第3回  6月11日(土) 13:00~14:30

  各回とも、小5・小6生対象で定員は300名とのこと。
  申し込みの先着順になるそうです。
 ※4年生以下は申込できません。
 ※複数回重複しての申し込みもできません。

◎申し込み方法
  大阪女学院のホームページから申し込めます。

  第1回分の受付は 4/ 9(土) 午前10時から開始。
  第2回分の受付は 5/14(土) 午前10時から開始。
  第3回分の受付は 5/14(土) 午前10時から開始。

◎  大阪女学院:オープンキャンパスの予定発表/追記あり 

今年も、いち早く、大阪女学院から、オープンキャンパス・入試説明会の日程の発表がありました。

大阪女学院のオープンキャンパスは、受験学年である小学校6年生だけでなく、小学校5年生も対象にしています。
大学受験や高校受験の志望校選びよりも、中学受験は子供達の「感覚」が大切。
こういった機会は、大阪女学院を知るためだけでなく、広い意味で「私学」を知るためにも大切な機会です。
大阪女学院を目標として考えている方はもちろんですが、そうでない方でも、自分の目標校との比較として、見ておく価値は充分にあります。
意外な魅力も発見できるかもしれません。

以下がその概要です。
オープンキャンパスは、定員制でwebから、申し込みが必要ですので、ご注意ください。

■入試説明会
  10/15/土  1000-1130
  11/12/土  1000-1130
  12/03/土  1400-1600
    いずれも、学校で実施。
    説明会終了後に、個別相談を受け付けていただけるとのこと。
    なお12/3については受験希望者の個別相談が中心になります。

■中学校オープンキャンパス ☆要申込☆
  05/07/土  1400-1530
  06/11/土  0930-1100
  06/11/土  1300-1430
    対象は小5・小6の女子。
    生徒さんは体験授業、保護者の方には説明会が実施されます。
    各回ともに申し込みは学校のHPからになります。
    それぞれが申込期間です。
      第1回 05/08/土実施分 → 04/09/土の午前10時から開始
      第2回 06/12/土実施分 → 05/14/土の午前10時から開始
      第3回 06/12/土実施分 → 05/14/土の午前10時から開始
    小4以下は申し込めません。
    また、一人の方が複数回、重複した申し込みはできないそうです。

なお、詳細は、学校のホームページでご確認ください。


   》》》大阪女学院ホームページ


--------------------
2011/3/23に追加で情報が入りましたので、一部、重複しますが掲載します。
--------------------
大阪女学院から、詳細な日程が入りましたので、追記いたします。

■中学校入試説明会  いずれも保護者・受験生対象
 ◎10月15日(土) 10:00~11:30
 ◎11月12日(土) 10:00~11:30
 ◎12月 3日(土) 14:00~16:00 ※個別相談中心

  いずれも学校のヘールチャペルにて実施。
  事前申込は不要。また、上履きも不要とのこと。
  各説明会終了後、個別相談を受け付けておられます。

■文化祭  (一般公開)
 ◎11月3日(木) 10:00頃~14:30頃(時間帯は予定)
  事前申し込みは不要。
  受験生専用受付が正門前にあるそうです。

■公開クリスマス  (一般公開)
 ◎12月17日(土)
  昼の部と夜の部が同じ内容でありますが時間帯は未定とのこと。
  学校のヘールチャペルにて実施。
  事前申込は不要です。

■オープンキャンパスについて
 ◎日程
   第1回  5月 7日(土) 14:00~15:30
   第2回  6月11日(土) 09:30~11:00
   第3回  6月11日(土) 13:00~14:30

  各回とも、小5・小6生対象で定員は300名とのこと。
  申し込みの先着順になるそうです。
 ※4年生以下は申込できません。
 ※複数回重複しての申し込みもできません。

◎申し込み方法
  大阪女学院のホームページから申し込めます。

  第1回分の受付は 4/ 9(土) 午前10時から開始。
  第2回分の受付は 5/14(土) 午前10時から開始。
  第3回分の受付は 5/14(土) 午前10時から開始。

◎  第1回の五ッ木・駸々堂の結果が判明しました 

第1回五ッ木・駸々堂の結果ですが、ご覧になりましたでしょうか。
すでに、返却が始まっています。

五ッ木・駸々堂の大きな特徴は、採点済みの答案が返却されること。
実際に答案を点検して、今後の学習に役立てることが必要です。

さて、今回のテストですが、昨年と比較すると受験生が減っています。

 全受験者 2010年:3146名 --> 2011年:2931名 =215名の減少(昨年比93.2%)
 大阪府下 2010年:1816名 --> 2011年:1649名 =167名の減少(昨年比90.8%)

全体と比べると大阪の減少率が高いようです。

まだ、第1回の試験になります。
受験希望者の数を推測する程度の資料ですから、この数字だけですべてを判断することはできません。
今後の動向にも注意しておきましょう。


なお、今回の試験ですが、算数の平均点が30点でした。
五ッ木・駸々堂の結果資料を見ますと、大問1番と大問2番の(1)と(2)、大問4番の(1)と(4)が正答率50%を超えているだけで、他の問題は、50%以下となっています。
問題のレベルから考えて、もう少し頑張れたのではないかと思います。
春期講習会などの機会を使って、しっかり得点できるように頑張って行きましょう。


今後、何度もテストを受けていることになると思いますが、「受験する」→「結果を見る」だけでは、あまり身になりません。
実際は…

    「準備する」
      →「受験する」
        →「見直しをする」
          →「結果を見る」
            →「まとめ直し、解き直し」

といったサイクルを考えて、実行していきましょう。


◎  第1回の五ッ木・駸々堂の結果が判明しました 

第1回五ッ木・駸々堂の結果ですが、ご覧になりましたでしょうか。
すでに、返却が始まっています。

五ッ木・駸々堂の大きな特徴は、採点済みの答案が返却されること。
実際に答案を点検して、今後の学習に役立てることが必要です。

さて、今回のテストですが、昨年と比較すると受験生が減っています。

 全受験者 2010年:3146名 --> 2011年:2931名 =215名の減少(昨年比93.2%)
 大阪府下 2010年:1816名 --> 2011年:1649名 =167名の減少(昨年比90.8%)

全体と比べると大阪の減少率が高いようです。

まだ、第1回の試験になります。
受験希望者の数を推測する程度の資料ですから、この数字だけですべてを判断することはできません。
今後の動向にも注意しておきましょう。


なお、今回の試験ですが、算数の平均点が30点でした。
五ッ木・駸々堂の結果資料を見ますと、大問1番と大問2番の(1)と(2)、大問4番の(1)と(4)が正答率50%を超えているだけで、他の問題は、50%以下となっています。
問題のレベルから考えて、もう少し頑張れたのではないかと思います。
春期講習会などの機会を使って、しっかり得点できるように頑張って行きましょう。


今後、何度もテストを受けていることになると思いますが、「受験する」→「結果を見る」だけでは、あまり身になりません。
実際は…

    「準備する」
      →「受験する」
        →「見直しをする」
          →「結果を見る」
            →「まとめ直し、解き直し」

といったサイクルを考えて、実行していきましょう。


◎  第1回の五ッ木・駸々堂の結果が判明しました 

第1回五ッ木・駸々堂の結果ですが、ご覧になりましたでしょうか。
すでに、返却が始まっています。

五ッ木・駸々堂の大きな特徴は、採点済みの答案が返却されること。
実際に答案を点検して、今後の学習に役立てることが必要です。

さて、今回のテストですが、昨年と比較すると受験生が減っています。

 全受験者 2010年:3146名 --> 2011年:2931名 =215名の減少(昨年比93.2%)
 大阪府下 2010年:1816名 --> 2011年:1649名 =167名の減少(昨年比90.8%)

全体と比べると大阪の減少率が高いようです。

まだ、第1回の試験になります。
受験希望者の数を推測する程度の資料ですから、この数字だけですべてを判断することはできません。
今後の動向にも注意しておきましょう。


なお、今回の試験ですが、算数の平均点が30点でした。
五ッ木・駸々堂の結果資料を見ますと、大問1番と大問2番の(1)と(2)、大問4番の(1)と(4)が正答率50%を超えているだけで、他の問題は、50%以下となっています。
問題のレベルから考えて、もう少し頑張れたのではないかと思います。
春期講習会などの機会を使って、しっかり得点できるように頑張って行きましょう。


今後、何度もテストを受けていることになると思いますが、「受験する」→「結果を見る」だけでは、あまり身になりません。
実際は…

    「準備する」
      →「受験する」
        →「見直しをする」
          →「結果を見る」
            →「まとめ直し、解き直し」

といったサイクルを考えて、実行していきましょう。


◎  この度の震災に関して 

2011年3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様、関係者の方におかれましては、心よりお見舞い申し上げると共に一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。