南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  算数の「基礎」「基本」って… 

算数の「基礎」「基本」ってなんでしょう?

入試問題のうち約30%を占める、得点差がつきにくい問題のことを「基礎問題」「基本問題」とも呼びますよね。
おそらく、問題集や参考書にも取り上げられ、何度も練習したことがある問題。
つまり、ほとんどの受験生が解ける問題で、算数の得点全体から見ると、差がつきにくい(みんな得点できるので)問題です。

ここでいう「基礎」「基本」は「難易度」の話。


実は、本当の算数の「基礎」「基本」の力は「問題を紐解く技術」だと思うのです。


例えば、文章題の内容をまとめ、解法を探る力。
あるいは、図形の問題に補助線を引き、見知らぬ図形の中に、なじみの図形を見出す力。
また、与えられた条件を正確に理解して、活用できる力等です。


こういった力は、「経験」によって身につきます。

率直に言うと、楽に手に入る能力ではありません。
何度も試行錯誤(特に「誤」が大切です)することで、やっと自分のものになる。

例えば、文章題の内容をまとめ、解法を考えるときに、線分図や表を作成したり、グラフを書いてみるなど、「問題を読む」ことと「問題を解く」ことの間をつなぐ技術が必要なわけです。

こういった力をつけるためには、例題レベルの簡単な問題を解いているときから、いろいろと手を動かして、工夫をしていく必要があります。
暗算のように、解法の全体が頭の中で組みあがったとしても、一応、線分図を書いてみるなどしてみる方がいい。
簡単な問題を解いているときに、さまざま手法を練習しておくことで、応用問題にも対応できるようになるからです。
まったく、図も表も、あるいは図形の補助線も書かずに勉強してきた生徒さんは、難しい問題(複雑な問題といったほうが良いかもしれませんが)に出会ったときにも、結局、図・表などが書けません。
自分で書けるレベルからまじめに練習していかないと、難問になった時につまづくわけです。

こういった勉強をすると、時間がかかり、能率が悪いと考える塾の先生もあります。
あまり、だらだらとやるのは確かに問題だと思いますが、実際は、密度の濃いねらいをしぼった勉強をするほうが、むやみやたらと量をこなすよりは、効果的だと思います。

家庭学習では、まず、塾で学習されている内容をきちんと理解するのが大切。
復習のときなど、「書く量」をちょっと増やすつもりで、図・表など、工夫してみてください。


スポンサーサイト

◎  算数の「基礎」「基本」って… 

算数の「基礎」「基本」ってなんでしょう?

入試問題のうち約30%を占める、得点差がつきにくい問題のことを「基礎問題」「基本問題」とも呼びますよね。
おそらく、問題集や参考書にも取り上げられ、何度も練習したことがある問題。
つまり、ほとんどの受験生が解ける問題で、算数の得点全体から見ると、差がつきにくい(みんな得点できるので)問題です。

ここでいう「基礎」「基本」は「難易度」の話。


実は、本当の算数の「基礎」「基本」の力は「問題を紐解く技術」だと思うのです。


例えば、文章題の内容をまとめ、解法を探る力。
あるいは、図形の問題に補助線を引き、見知らぬ図形の中に、なじみの図形を見出す力。
また、与えられた条件を正確に理解して、活用できる力等です。


こういった力は、「経験」によって身につきます。

率直に言うと、楽に手に入る能力ではありません。
何度も試行錯誤(特に「誤」が大切です)することで、やっと自分のものになる。

例えば、文章題の内容をまとめ、解法を考えるときに、線分図や表を作成したり、グラフを書いてみるなど、「問題を読む」ことと「問題を解く」ことの間をつなぐ技術が必要なわけです。

こういった力をつけるためには、例題レベルの簡単な問題を解いているときから、いろいろと手を動かして、工夫をしていく必要があります。
暗算のように、解法の全体が頭の中で組みあがったとしても、一応、線分図を書いてみるなどしてみる方がいい。
簡単な問題を解いているときに、さまざま手法を練習しておくことで、応用問題にも対応できるようになるからです。
まったく、図も表も、あるいは図形の補助線も書かずに勉強してきた生徒さんは、難しい問題(複雑な問題といったほうが良いかもしれませんが)に出会ったときにも、結局、図・表などが書けません。
自分で書けるレベルからまじめに練習していかないと、難問になった時につまづくわけです。

こういった勉強をすると、時間がかかり、能率が悪いと考える塾の先生もあります。
あまり、だらだらとやるのは確かに問題だと思いますが、実際は、密度の濃いねらいをしぼった勉強をするほうが、むやみやたらと量をこなすよりは、効果的だと思います。

家庭学習では、まず、塾で学習されている内容をきちんと理解するのが大切。
復習のときなど、「書く量」をちょっと増やすつもりで、図・表など、工夫してみてください。


◎  タイミング 

長年続いてきたステーキハウスのオーナーが代わり、新しいオーナーになりました。
マスターシェフが入れ替わったり、裏方がドタバタするようなことはあったものの、新しいシェフは、鳴り物入りで当初は人気が高かった。

とりあえず、おいしい肉があるとの触れ込みなので、温められた鉄板の前に座ってみました。
焼き加減については、事前にマスターが決めています。
それに同意して待ってみましたが…。

いつまでたっても焼きあがらない。
レアはもちろん、ミディアムも過ぎてしまって、なんだか焦げたような香りが…。

しかも、裏口では、何人かが籍を残したまま、違うことをやっている。



どこのだれかは想像にお任せして、問題は、焼きすぎた肉のこと。
話が肉ですから、やりなおしも可能ですが、では、教育ならばどうでしょう。

大切なのは、教育には、人の一生という長いスパンの中で、逃すことができないタイミングというものがあるという点。
たとえば、言葉の修得や、社会的なルールなどは幼い時だからこそ、効果的に身につくのです。
おそらく、立体図形に対する感覚や、計画だって行動する癖や、素直に人の話を聞けるようになるなどもそうではないでしょうか。

国の方針が出ない間も、子どもたちは育ってゆく。
もしかしたら、大切なものを身につけないままかもしれません。



◎  タイミング 

長年続いてきたステーキハウスのオーナーが代わり、新しいオーナーになりました。
マスターシェフが入れ替わったり、裏方がドタバタするようなことはあったものの、新しいシェフは、鳴り物入りで当初は人気が高かった。

とりあえず、おいしい肉があるとの触れ込みなので、温められた鉄板の前に座ってみました。
焼き加減については、事前にマスターが決めています。
それに同意して待ってみましたが…。

いつまでたっても焼きあがらない。
レアはもちろん、ミディアムも過ぎてしまって、なんだか焦げたような香りが…。

しかも、裏口では、何人かが籍を残したまま、違うことをやっている。



どこのだれかは想像にお任せして、問題は、焼きすぎた肉のこと。
話が肉ですから、やりなおしも可能ですが、では、教育ならばどうでしょう。

大切なのは、教育には、人の一生という長いスパンの中で、逃すことができないタイミングというものがあるという点。
たとえば、言葉の修得や、社会的なルールなどは幼い時だからこそ、効果的に身につくのです。
おそらく、立体図形に対する感覚や、計画だって行動する癖や、素直に人の話を聞けるようになるなどもそうではないでしょうか。

国の方針が出ない間も、子どもたちは育ってゆく。
もしかしたら、大切なものを身につけないままかもしれません。



◎  受験生を支えるものは… 

ちょっと、季節はずれですが、「イチョウの葉」というと、どのような形を思い浮かべますか?
大きく広がったうちわの中ほどに、1本の切れ込みがある形が、ほとんどの方のイメージでしょう。

しかし、実際は、そういった「典型」はわずかで、1枚1枚の形は違うのです。

実際の写真を探していましたら、以下のBlogにたどり着きました。
多摩ニュータウンの八王子市南大沢の近隣の植物を紹介されています。


   》》》多摩ニュータウン植物記Part2 「イチョウ・5~歩道
           ⇒ イチョウの葉の写真は…こちら


どうですか?
なかなか個性的。
もちろん、植物学者の方に聞けば、類型に分けたりできるのでしょうが、同じものは全くありません。

もうひとつ不思議なのは、どの葉を見ても、イチョウの葉だとわかること。
私たちの中に、なんとなく「イチョウ」のイメージが出来ているのでしょうね。



さて、同じように思えて一つ一つは違う「全体」と、違うように思えて共通点もある「個」の関係は、入試でも大切な視点です。

例えば、学校を選ぶとき。
○○中学校はこんな学校という、大きなイメージがあっても、一人一人の生徒さんは個性的です。
一方で、「あんな生徒さんがいる」「こんな生徒さんがいる」と聞いてきても、学校全体のイメージを代表しているわけではありません。

あるいは成績を見るとき。
全受験生の平均や、科目ごとの得点状況など、全体のデータは大切。
でも、それがそのまま、一人の受験生の傾向の分析には結びつかない。

模擬テストで合格可能性を考えるときも、多数の受験生が受ける模擬テストの傾向が、自分の受験したい学校の受験傾向と、必ずしも同じではない。
などなど。


私たちは、必ず、こういった「全体」と「個」のバランスをとって、様々な判断をしなければならない。
例えば「平均以下」であっても、その理由は様々です。
兄弟姉妹という小さな「全体」だって、一人一人の個性はばらばらなわけですから。


そして、保護者の方にアドバイス。

保護者の方は、ぜひ「全体」<「個」という視点に立ってください。

中学受験の終了までは、いろんな情報に出会い、様々な判断をしなければなりません。
そのたびに、ともすれば「みんなは…」「全体では…」「普通は…」という思いがわきあがってくるはずです。
受験生本人だって、そう感じてしまうことがしばしば。

そういった視点・情報は、もちろん大切なことですが、原点は「個」にある。
「我が家は…」「この子の場合は…」と、考えることが大切だと思うのです。
つまり「個」=「子」ということ。


木々はそれぞれ、別々の枝振りで生長していきます。
人間だって、一人ひとり、個性を持って成長していくものなのですから。



◎  受験生を支えるものは… 

ちょっと、季節はずれですが、「イチョウの葉」というと、どのような形を思い浮かべますか?
大きく広がったうちわの中ほどに、1本の切れ込みがある形が、ほとんどの方のイメージでしょう。

しかし、実際は、そういった「典型」はわずかで、1枚1枚の形は違うのです。

実際の写真を探していましたら、以下のBlogにたどり着きました。
多摩ニュータウンの八王子市南大沢の近隣の植物を紹介されています。


   》》》多摩ニュータウン植物記Part2 「イチョウ・5~歩道
           ⇒ イチョウの葉の写真は…こちら


どうですか?
なかなか個性的。
もちろん、植物学者の方に聞けば、類型に分けたりできるのでしょうが、同じものは全くありません。

もうひとつ不思議なのは、どの葉を見ても、イチョウの葉だとわかること。
私たちの中に、なんとなく「イチョウ」のイメージが出来ているのでしょうね。



さて、同じように思えて一つ一つは違う「全体」と、違うように思えて共通点もある「個」の関係は、入試でも大切な視点です。

例えば、学校を選ぶとき。
○○中学校はこんな学校という、大きなイメージがあっても、一人一人の生徒さんは個性的です。
一方で、「あんな生徒さんがいる」「こんな生徒さんがいる」と聞いてきても、学校全体のイメージを代表しているわけではありません。

あるいは成績を見るとき。
全受験生の平均や、科目ごとの得点状況など、全体のデータは大切。
でも、それがそのまま、一人の受験生の傾向の分析には結びつかない。

模擬テストで合格可能性を考えるときも、多数の受験生が受ける模擬テストの傾向が、自分の受験したい学校の受験傾向と、必ずしも同じではない。
などなど。


私たちは、必ず、こういった「全体」と「個」のバランスをとって、様々な判断をしなければならない。
例えば「平均以下」であっても、その理由は様々です。
兄弟姉妹という小さな「全体」だって、一人一人の個性はばらばらなわけですから。


そして、保護者の方にアドバイス。

保護者の方は、ぜひ「全体」<「個」という視点に立ってください。

中学受験の終了までは、いろんな情報に出会い、様々な判断をしなければなりません。
そのたびに、ともすれば「みんなは…」「全体では…」「普通は…」という思いがわきあがってくるはずです。
受験生本人だって、そう感じてしまうことがしばしば。

そういった視点・情報は、もちろん大切なことですが、原点は「個」にある。
「我が家は…」「この子の場合は…」と、考えることが大切だと思うのです。
つまり「個」=「子」ということ。


木々はそれぞれ、別々の枝振りで生長していきます。
人間だって、一人ひとり、個性を持って成長していくものなのですから。



◎  大阪星光・大谷 入試結果を発表 

大阪星光学院と大谷が、それぞれの学校のホームページで、入試結果を発表しています。

まず、大阪星光学院は以下のリンクから。

   》》》大阪星光学院 中学・高等学校 入試概要

出願状況や合格最低点・平均点など、基礎データが3年間の推移が分かるようにまとめてあります。


次に、大谷は以下のリンクから。

   》》》大谷中学校 「平成23年度 入試結果をお知らせします

こちらは、募集コース別に出願状況と、合格者の最高・最低点が掲載されています。
特進I・特進IIのデータで、出願した生徒さんの人数より、実受験者の人数のほうが多くなっている場合があります。
   例:特進Iの1次 出願=75名に対して実受験者=98名
これは、実受験者に第2希望の人数も算入しているためです。
つまり、第1希望を医進とし第2希望を特進Iとした生徒さんについては、医進でも特進Iでも人数を数えているためです。
したがって、コース別の受験者数の詳細が分かりませんので、実質倍率なども計算しませんでした。

◎  大阪星光・大谷 入試結果を発表 

大阪星光学院と大谷が、それぞれの学校のホームページで、入試結果を発表しています。

まず、大阪星光学院は以下のリンクから。

   》》》大阪星光学院 中学・高等学校 入試概要

出願状況や合格最低点・平均点など、基礎データが3年間の推移が分かるようにまとめてあります。


次に、大谷は以下のリンクから。

   》》》大谷中学校 「平成23年度 入試結果をお知らせします

こちらは、募集コース別に出願状況と、合格者の最高・最低点が掲載されています。
特進I・特進IIのデータで、出願した生徒さんの人数より、実受験者の人数のほうが多くなっている場合があります。
   例:特進Iの1次 出願=75名に対して実受験者=98名
これは、実受験者に第2希望の人数も算入しているためです。
つまり、第1希望を医進とし第2希望を特進Iとした生徒さんについては、医進でも特進Iでも人数を数えているためです。
したがって、コース別の受験者数の詳細が分かりませんので、実質倍率なども計算しませんでした。

◎  お母さん!家庭学習のここが出番!(12) 「国語力アップのポイントは…」 

このBlogも開始から6年を過ぎています。
当初は、「南十字☆」というハンドル・ネームでエントリーしていましたが、今では、たくさんの方に「いつも読ませていただいています。」とお声をかけていただけるようになりました。
これも、名前をきちんと公開したからで、大変、良かったと思っています。
つまり、一方通行ではなく、感想等も聞かせていただけるコミュニケーション・ツールになったということです。

最近は、ツイッターも始めましたし、メールも使います。
それによって電話をかけることは減ったのですが、そういったコミュニケーションの量は、かなり増えてきました。


自分の意思を伝え、また、相手の意思を汲み取るというのが、そういったコミュニケーションの基本ですが、実は、国語を勉強する目的のほとんどが、そういった力を伸ばすということにあります。

つまり、相手が何を言いたいのかをきちんと理解して、自分の言いたいことをきちんと表現するというのが、基本です。
ここに、国語の力を伸ばす秘訣があるわけです。


よく、「国語力を伸ばすために読書をさせる」という保護者の方があります。

確かに、読書は必要。
しかし、「読む」だけでは、力は伸びないのです。

読書によって得られた感動(感想でも充分!)を、表現する機会があるほうがいい。
そこで、お母さんの出番です。

    どんな話しやったん?
    どんな人が出てきたん?
    なにが起こったん?
    最後は、どうなったん?
    何で、そんなことしたんやろねぇ。
    えーっ!かわいそうやねぇ…。
    ほんまにぃ?よかったやんか!

こういった声かけで、感想・感動を引き出してあげるとともに、共感してあげて、本人の感動を強化してあげることが大切。

「表現」というと、すぐに読書感想文となりそうですが、それは大変。
本人にとっても気が重いはずです。
その点、お母さんと話しをするというのは、簡単です。
勉強とも思わないかもしれません。

そして、もうひとつ大切なこと。

読書って、孤独な作業ですよね。
その結果を共感してあげて、ともに感動を分かち合うと、そんな孤独な作業でも、もう一度、やってみたくなるのです。



◎  お母さん!家庭学習のここが出番!(12) 「国語力アップのポイントは…」 

このBlogも開始から6年を過ぎています。
当初は、「南十字☆」というハンドル・ネームでエントリーしていましたが、今では、たくさんの方に「いつも読ませていただいています。」とお声をかけていただけるようになりました。
これも、名前をきちんと公開したからで、大変、良かったと思っています。
つまり、一方通行ではなく、感想等も聞かせていただけるコミュニケーション・ツールになったということです。

最近は、ツイッターも始めましたし、メールも使います。
それによって電話をかけることは減ったのですが、そういったコミュニケーションの量は、かなり増えてきました。


自分の意思を伝え、また、相手の意思を汲み取るというのが、そういったコミュニケーションの基本ですが、実は、国語を勉強する目的のほとんどが、そういった力を伸ばすということにあります。

つまり、相手が何を言いたいのかをきちんと理解して、自分の言いたいことをきちんと表現するというのが、基本です。
ここに、国語の力を伸ばす秘訣があるわけです。


よく、「国語力を伸ばすために読書をさせる」という保護者の方があります。

確かに、読書は必要。
しかし、「読む」だけでは、力は伸びないのです。

読書によって得られた感動(感想でも充分!)を、表現する機会があるほうがいい。
そこで、お母さんの出番です。

    どんな話しやったん?
    どんな人が出てきたん?
    なにが起こったん?
    最後は、どうなったん?
    何で、そんなことしたんやろねぇ。
    えーっ!かわいそうやねぇ…。
    ほんまにぃ?よかったやんか!

こういった声かけで、感想・感動を引き出してあげるとともに、共感してあげて、本人の感動を強化してあげることが大切。

「表現」というと、すぐに読書感想文となりそうですが、それは大変。
本人にとっても気が重いはずです。
その点、お母さんと話しをするというのは、簡単です。
勉強とも思わないかもしれません。

そして、もうひとつ大切なこと。

読書って、孤独な作業ですよね。
その結果を共感してあげて、ともに感動を分かち合うと、そんな孤独な作業でも、もう一度、やってみたくなるのです。




back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。