南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「受験にも不況風」 

「受験にも不況風」 産経ニュース
首都圏の話ではありますが、今日の産経ニュース掲載の記事。
引用の上、要約しました。

--------------------------------------------------------------------------------
受験にも不況風、“滑り止め”減少 中学入試シーズンスタート  2011.1.30 22:03
--------------------------------------------------------------------------------
首都圏の私立や国立中校の受験者数は約5万4千人と過去最高水準(大手進学塾の予測)。
1人当たりの平均受験校数は4年連続低下で、5校を少し上回る程度。
長引く不況などで“滑り止め”の受験を減らす傾向が強まる。
定員割れする中学も半数の150校に達すると予測する塾関係者もいる。
--------------------------------------------------------------------------------
四谷大塚は4都県の小6の17・6%にあたる約5万4千人が受験と予測。
日能研でも受験率は20%前後の高水準と予測。

ただ、1人当たりの平均受験校数は減少。
四谷大塚の予想はピーク時の19年度の6・08校より減り5・37校。

中学受験スタディを運営する野倉学代表は
 「受験をする家庭は経済基盤が堅く、不況を理由に受験自体をやめる可能性は少ない。
  ただ、志望校に行けない時、レベルを落として私立に行かせる保護者は減っている」

開成中学は、定員300人に対して前年比5%増の1176人の受験が予想され、
実力校や人気大学の付属校などは例年並みの志願者を集める。
模試で偏差値45を切るような中学の場合、大学の付属校でも定員割れの可能性も。

脱「ゆとり教育」で、授業時間の充実が進む公立を見直す保護者が増加との指摘もある。

四谷大塚中学情報部の岩崎隆義部長は
 「保護者や受験生は、より厳しい志望校選びをするようになっている」
2年連続で定員割れしたある私立中の入試担当者は
 「不況の影響もあり定員割れの危機感は強い。
  いかに選ばれる学校になるかが大きな課題」と。
--------------------------------------------------------------------------------

記事の主旨は、受験生自体は増加しているが併願校が減っている。
原因は、不況の影響にあるが、公立の巻き返しや私学の自己努力も影響しているといった内容。

東京と大阪ではかなり状況は違いますが、東京であっても、そういった影響が出ているという点に注目したい。
「東京が風邪をひくと、大阪では…」というわけではありませんが、やはり、経済=不況の影響は小さくないでしょう。

昨年に実施された五ッ木・駸々堂の参加者数を見ても減少傾向。
上記の記事は「併願数」が減っているということですが、「大阪では受験者数も併願数も減っている」はず。

今年の受験生は、小3のときに「サブプライムローン問題」(2007年)、小4のときに「リーマンショック」(2008年)を経験。
おそらく中学受験を検討するであろう時期にそういった出来事があったことも影響していると思います。

同時に、「脱ゆとり」など公教育の方向転換・新施策も出てきました。


ここで、ぜひ、私学には頑張っていただきたい。
学校ごとの個性や伝統は、公立にはない大きな特徴です。
上記の記事にありますが、「選ばれる学校」となることがポイントでしょう。

受験生の側でも、「行きたい1校を目標に受験する」というのが本来のあり方のはず。
しっかりした目標となりえるような魅力があれば、そういった受験生が増えてくる。
入試のシステムもずいぶんとスッキリするのではないでしょうか。


  》》》産経ニュース「受験にも不況風“滑り止め”減少 中学入試シーズンスタート
                              2011.1.30 22:03」


スポンサーサイト

◎  「受験にも不況風」 

首都圏の話ではありますが、今日の産経ニュース掲載の記事。
引用の上、要約しました。

--------------------------------------------------------------------------------
受験にも不況風、“滑り止め”減少 中学入試シーズンスタート  2011.1.30 22:03
--------------------------------------------------------------------------------
首都圏の私立や国立中校の受験者数は約5万4千人と過去最高水準(大手進学塾の予測)。
1人当たりの平均受験校数は4年連続低下で、5校を少し上回る程度。
長引く不況などで“滑り止め”の受験を減らす傾向が強まる。
定員割れする中学も半数の150校に達すると予測する塾関係者もいる。
--------------------------------------------------------------------------------
四谷大塚は4都県の小6の17・6%にあたる約5万4千人が受験と予測。
日能研でも受験率は20%前後の高水準と予測。

ただ、1人当たりの平均受験校数は減少。
四谷大塚の予想はピーク時の19年度の6・08校より減り5・37校。

中学受験スタディを運営する野倉学代表は
 「受験をする家庭は経済基盤が堅く、不況を理由に受験自体をやめる可能性は少ない。
  ただ、志望校に行けない時、レベルを落として私立に行かせる保護者は減っている」

開成中学は、定員300人に対して前年比5%増の1176人の受験が予想され、
実力校や人気大学の付属校などは例年並みの志願者を集める。
模試で偏差値45を切るような中学の場合、大学の付属校でも定員割れの可能性も。

脱「ゆとり教育」で、授業時間の充実が進む公立を見直す保護者が増加との指摘もある。

四谷大塚中学情報部の岩崎隆義部長は
 「保護者や受験生は、より厳しい志望校選びをするようになっている」
2年連続で定員割れしたある私立中の入試担当者は
 「不況の影響もあり定員割れの危機感は強い。
  いかに選ばれる学校になるかが大きな課題」と。
--------------------------------------------------------------------------------

記事の主旨は、受験生自体は増加しているが併願校が減っている。
原因は、不況の影響にあるが、公立の巻き返しや私学の自己努力も影響しているといった内容。

東京と大阪ではかなり状況は違いますが、東京であっても、そういった影響が出ているという点に注目したい。
「東京が風邪をひくと、大阪では…」というわけではありませんが、やはり、経済=不況の影響は小さくないでしょう。

昨年に実施された五ッ木・駸々堂の参加者数を見ても減少傾向。
上記の記事は「併願数」が減っているということですが、「大阪では受験者数も併願数も減っている」はず。

今年の受験生は、小3のときに「サブプライムローン問題」(2007年)、小4のときに「リーマンショック」(2008年)を経験。
おそらく中学受験を検討するであろう時期にそういった出来事があったことも影響していると思います。

同時に、「脱ゆとり」など公教育の方向転換・新施策も出てきました。


ここで、ぜひ、私学には頑張っていただきたい。
学校ごとの個性や伝統は、公立にはない大きな特徴です。
上記の記事にありますが、「選ばれる学校」となることがポイントでしょう。

受験生の側でも、「行きたい1校を目標に受験する」というのが本来のあり方のはず。
しっかりした目標となりえるような魅力があれば、そういった受験生が増えてくる。
入試のシステムもずいぶんとスッキリするのではないでしょうか。


  》》》産経ニュース「受験にも不況風“滑り止め”減少 中学入試シーズンスタート
                              2011.1.30 22:03」


◎  午後「入試」のあり方に「?」 

今春の中学入試でいくつかの新しい動きがありました。
その中で注目されたのが午後から入試を行なう「午後入試」の登場です。

例えば上宮ですが、2次Bを1月17日(月)の午後3時から開始しました。
また、桃山学院はB方式として、16日(日)の午後3時集合~5時25分終了の予定で、帝塚山学院も2次を17日の午後2時集合で実施しました。

上宮の担当の先生の説明によると、余裕を持って受験してほしいための午後開催ということでしたが、実際の受験生は、午前中に他校を受験し、午後から上宮の試験に臨んだ方も少なくなかったでしょう。
特に帝塚山学院では、「試験開始までに連絡をした場合に限り午後3時までの遅刻を認める」ということでした。

さて、上の例で共通しているのは、いずれも入試初日を除いた2次以降の日程で実施された試験であるということ。


しかし、ご存知の方も多いと思いますが、大阪桐蔭は、入試初日に午後入試を実施しました。
募集の概要は前期入試として、1月15日土曜日に実施。
集合時刻は午後4時(7時30分終了)の設定でした。

ところが、この後、集合時刻午後7時10分(8時15分終了)という時間帯でも受験を可能にしました。

学校側の説明では、具体的にはふれられていませんが、(》》11/17:中学前期入試遅刻者対応についてのお知らせ pdf)これは、特に四天王寺を受験した生徒さんの面接終了時刻が16:00を過ぎる可能性があったため、対応したとのこと。
さらに、実際の試験は、このあとの別の時間帯でも実施されたという情報もあり、入試解禁日の午後に、複数の時間帯で入試を行なったことは間違いないようです。

一昨年まで、大阪桐蔭は初日をはずして試験をされていましたが、昨年は解禁日当日の午前に、つまり、他校と足並みをそろえてきました。
そのため、当然、受験者数が減少したわけです。
このあたりは、銀次郎エイトさんのブログに詳しく書かれています。

   》》》★銀次郎の合格サプリ
        「大阪桐蔭中学校~ 午後4時20分開始の 変則午後入試 の波紋 ~

今春の入試は、いわば昨年と一昨年の「中間の設定」で実施されたわけです。

東京では、4日間で8校を受験するなどという話も聞きます。
それだけ午後入試や1日で連続入試が定着しているわけですが、それは受験者の選択であり、入試の方法そのものが公平にしっかりしたものであれば問題はないと思います。

しかし、今春の大阪桐蔭の入試の実施方法には疑問です。
もちろん、公平にしっかり実施され、きちんと合否の判定が下っていると思います。
(実際、遅れて受験する場合は、筆記用具以外の全ての荷物を預かるなどの措置をとっておられます。)
その中でも、「ルールの後付け」状態は疑問。
受験者のことを考えて便宜を図ったということであっても、試験を一斉に開催するというのは基本ルールのはず。

本来の「入学試験」とはどうあるべきか、もう一度、確認することが必要です。
今回の入試は、大きな問題提起だったと思います。

私学全体で、検討・ルール作りが必要ではないでしょうか。



  参考リンク
   》》》銀次郎エイト 「★銀次郎の合格サプリ

   》》》大阪日(日)新聞 「前倒し、午後入試も 激変する中学受験

       


◎  午後「入試」のあり方に「?」 

今春の中学入試でいくつかの新しい動きがありました。
その中で注目されたのが午後から入試を行なう「午後入試」の登場です。

例えば上宮ですが、2次Bを1月17日(月)の午後3時から開始しました。
また、桃山学院はB方式として、16日(日)の午後3時集合~5時25分終了の予定で、帝塚山学院も2次を17日の午後2時集合で実施しました。

上宮の担当の先生の説明によると、余裕を持って受験してほしいための午後開催ということでしたが、実際の受験生は、午前中に他校を受験し、午後から上宮の試験に臨んだ方も少なくなかったでしょう。
特に帝塚山学院では、「試験開始までに連絡をした場合に限り午後3時までの遅刻を認める」ということでした。

さて、上の例で共通しているのは、いずれも入試初日を除いた2次以降の日程で実施された試験であるということ。


しかし、ご存知の方も多いと思いますが、大阪桐蔭は、入試初日に午後入試を実施しました。
募集の概要は前期入試として、1月15日土曜日に実施。
集合時刻は午後4時(7時30分終了)の設定でした。

ところが、この後、集合時刻午後5時10分(8時15分終了)という時間帯でも受験を可能にしました。
(※上記の開始時刻については、以下のコメントの指摘を受け、訂正しました。ご指摘ありがとうございました。)

学校側の説明では、具体的にはふれられていませんが、(》》11/17:中学前期入試遅刻者対応についてのお知らせ pdf)これは、特に四天王寺を受験した生徒さんの面接終了時刻が16:00を過ぎる可能性があったため、対応したとのこと。
さらに、実際の試験は、このあとの別の時間帯でも実施されたという情報もあり、入試解禁日の午後に、複数の時間帯で入試を行なったことは間違いないようです。

一昨年まで、大阪桐蔭は初日をはずして試験をされていましたが、昨年は解禁日当日の午前に、つまり、他校と足並みをそろえてきました。
そのため、当然、受験者数が減少したわけです。
このあたりは、銀次郎エイトさんのブログに詳しく書かれています。

   》》》★銀次郎の合格サプリ
        「大阪桐蔭中学校~ 午後4時20分開始の 変則午後入試 の波紋 ~

今春の入試は、いわば昨年と一昨年の「中間の設定」で実施されたわけです。

東京では、4日間で8校を受験するなどという話も聞きます。
それだけ午後入試や1日で連続入試が定着しているわけですが、それは受験者の選択であり、入試の方法そのものが公平にしっかりしたものであれば問題はないと思います。

しかし、今春の大阪桐蔭の入試の実施方法には疑問です。
もちろん、公平にしっかり実施され、きちんと合否の判定が下っていると思います。
(実際、遅れて受験する場合は、筆記用具以外の全ての荷物を預かるなどの措置をとっておられます。)
その中でも、「ルールの後付け」状態は疑問。
受験者のことを考えて便宜を図ったということであっても、試験を一斉に開催するというのは基本ルールのはず。

本来の「入学試験」とはどうあるべきか、もう一度、確認することが必要です。
今回の入試は、大きな問題提起だったと思います。

私学全体で、検討・ルール作りが必要ではないでしょうか。



  参考リンク
   》》》銀次郎エイト 「★銀次郎の合格サプリ

   》》》大阪日(日)新聞 「前倒し、午後入試も 激変する中学受験

       


◎  新しい学年を目指して 

航路開拓舎では昨日から新年度準備体制として、授業時間等を一新しました。

毎年この時期に思うことですが、新小6(現小5)の全員が、本当の小6から、さらに受験生になるまで、まだまだ時間がかかります。
夜が明けたら、突然、成長するわけはない(子供達には、「ポケモンが進化するように」といいますが…)ので、実は、こちらの呼び方が変わっただけかもしれません。

しかし、そういった変化を促すのも私たちの大切な仕事。
ちょうど、新しく入塾した方もあり、昨日の授業ではちょっと、変化を実感してもらいました。


まず、教室の机のレイアウトを変更しました。
これだけで、雰囲気がずいぶん変わります。

次に、それにあわせて席替えです。
普通は、月初めに実施しますから、ちょっと早目の席替えということになります。

そして、最後は、新体制での勉強について、簡単に話をさせてもらいました。


実は、「模様替え」というのは、いい気分転換になります。
家庭では、机の位置を変えるとなると、大改造になりますが、使わなくなった参考書類を整理したり、お子さんの成長にあわせて椅子の高さを変えたりすることでも良いかもしれません。
たまった筆記用具のうち、使わないものや古いものを整理するのも良いでしょう。

ポイントは、「新しい学年になった」「成長した」といったことが実感できること。
単に、部屋をきれいにしましょうということではないわけです。

「いよいよ○年生やね…」といった言葉も、(プレッシャーにならないように)かけてあげてください。



◎  新しい学年を目指して 

航路開拓舎では昨日から新年度準備体制として、授業時間等を一新しました。

毎年この時期に思うことですが、新小6(現小5)の全員が、本当の小6から、さらに受験生になるまで、まだまだ時間がかかります。
夜が明けたら、突然、成長するわけはない(子供達には、「ポケモンが進化するように」といいますが…)ので、実は、こちらの呼び方が変わっただけかもしれません。

しかし、そういった変化を促すのも私たちの大切な仕事。
ちょうど、新しく入塾した方もあり、昨日の授業ではちょっと、変化を実感してもらいました。


まず、教室の机のレイアウトを変更しました。
これだけで、雰囲気がずいぶん変わります。

次に、それにあわせて席替えです。
普通は、月初めに実施しますから、ちょっと早目の席替えということになります。

そして、最後は、新体制での勉強について、簡単に話をさせてもらいました。


実は、「模様替え」というのは、いい気分転換になります。
家庭では、机の位置を変えるとなると、大改造になりますが、使わなくなった参考書類を整理したり、お子さんの成長にあわせて椅子の高さを変えたりすることでも良いかもしれません。
たまった筆記用具のうち、使わないものや古いものを整理するのも良いでしょう。

ポイントは、「新しい学年になった」「成長した」といったことが実感できること。
単に、部屋をきれいにしましょうということではないわけです。

「いよいよ○年生やね…」といった言葉も、(プレッシャーにならないように)かけてあげてください。



◎  2011年度中学入試出願状況の最終更新とします 

先ほど、出願状況を更新しました。
今回の更新で、今年度の最終更新とさせていただきます。

こちらの勝手な都合で、一部の学校に絞っており、ご迷惑をおかけしていると思いますが、たくさんのご利用、ありがとうございました。
多い日には、600件ほどのアクセスがありました。
皆さんの判断の指針になりましたでしょうか。
今日現在で更新は終了しますが、しばらくアクセスできるようにしておきます。
入試結果の分析などにご活用ください。


   》》》2011年度中学入試出願状況


◎  2011年度中学入試出願状況の最終更新とします 

先ほど、出願状況を更新しました。
今回の更新で、今年度の最終更新とさせていただきます。

こちらの勝手な都合で、一部の学校に絞っており、ご迷惑をおかけしていると思いますが、たくさんのご利用、ありがとうございました。
多い日には、600件ほどのアクセスがありました。
皆さんの判断の指針になりましたでしょうか。
今日現在で更新は終了しますが、しばらくアクセスできるようにしておきます。
入試結果の分析などにご活用ください。


   》》》南大阪 中学受験地図


◎  進学の準備を万全に!勉強面のポイントは? 

近畿圏の中学受験も、あと数校を残し、ほぼ終結。
受験生の皆さん、ご苦労様でした。
また、その受験生を支えてこられた保護者の方、体力・気力ともに大変な数か月だったことと思います。
本当にご苦労様でした。

しばらくは、そういった特別な状況のクールダウンの期間になるでしょう。

さて、問題はそれから。
次の勉強に備えての準備をきちんとやりきってください。

それぞれの学校からは、新学期が始まるまでの間に宿題が出されることと思います。
その宿題をきちんとやりきるのは必須。
さらにほとんどの学校で、入学後、早い時期に実力テストが実施されることと思います。
その準備もきちんと行いましょう。

そういった目標をもった勉強が継続できるのは素晴らしいことですが、ここで、少しだけアドバイスがあります。

【1】受験勉強の手法は使わずに、「学問」を学ぶつもりで勉強しよう
--------------------------------------------------------------------------------
「学問」などというと古臭いですが、オーソドックスな基礎・基本を大切にした勉強をしてください。
受験勉強は、ある意味、特殊な勉強です。
「とにかく覚え、時間内に解き、点を取る」ということをひたすらやってきたわけですが、本来の勉強はそうではありません。
特に数学・英語という新しい科目が始まります。
考え方や、理由・理屈をきちんと理解しながら進んでいける勉強方法にチューニングしなおしてください。

【2】クラスの仲間と一緒に、同じスタートラインに立っていることを意識しよう
--------------------------------------------------------------------------------
あなたは小学生の時、クラスで何番目ぐらいの力でしたか。
中学受験問題を、小学校のクラス全員に解いてもらったら、当然、そういった勉強をしていない方とは差をつけることができたはずです。
しかし、同じ入試を経てきたクラスメートは違います。
同じ学校を目標とし、同じ入試問題を受験し、一定の基準をクリアした生徒さんばかりです。
つまり、実力伯仲であることは間違いない。
この中から、一歩抜け出すためには、それなりの努力が必要です。


私立中学校は「小学校」とも「塾」とも違う環境です。
また、学校ごとにも指導のペースや方針が違う。
さらに個性的な先生もたくさんおられます。
そういった「新世界」でしっかり伸びていくためには、「早めの準備」と「基礎・基本を大切にした勉強」が必要です。


進学準備授業などを受講する場合にも、そういった点を考慮されてはいかがでしょうか。


◎  進学の準備を万全に!勉強面のポイントは? 

近畿圏の中学受験も、あと数校を残し、ほぼ終結。
受験生の皆さん、ご苦労様でした。
また、その受験生を支えてこられた保護者の方、体力・気力ともに大変な数か月だったことと思います。
本当にご苦労様でした。

しばらくは、そういった特別な状況のクールダウンの期間になるでしょう。

さて、問題はそれから。
次の勉強に備えての準備をきちんとやりきってください。

それぞれの学校からは、新学期が始まるまでの間に宿題が出されることと思います。
その宿題をきちんとやりきるのは必須。
さらにほとんどの学校で、入学後、早い時期に実力テストが実施されることと思います。
その準備もきちんと行いましょう。

そういった目標をもった勉強が継続できるのは素晴らしいことですが、ここで、少しだけアドバイスがあります。

【1】受験勉強の手法は使わずに、「学問」を学ぶつもりで勉強しよう
--------------------------------------------------------------------------------
「学問」などというと古臭いですが、オーソドックスな基礎・基本を大切にした勉強をしてください。
受験勉強は、ある意味、特殊な勉強です。
「とにかく覚え、時間内に解き、点を取る」ということをひたすらやってきたわけですが、本来の勉強はそうではありません。
特に数学・英語という新しい科目が始まります。
考え方や、理由・理屈をきちんと理解しながら進んでいける勉強方法にチューニングしなおしてください。

【2】クラスの仲間と一緒に、同じスタートラインに立っていることを意識しよう
--------------------------------------------------------------------------------
あなたは小学生の時、クラスで何番目ぐらいの力でしたか。
中学受験問題を、小学校のクラス全員に解いてもらったら、当然、そういった勉強をしていない方とは差をつけることができたはずです。
しかし、同じ入試を経てきたクラスメートは違います。
同じ学校を目標とし、同じ入試問題を受験し、一定の基準をクリアした生徒さんばかりです。
つまり、実力伯仲であることは間違いない。
この中から、一歩抜け出すためには、それなりの努力が必要です。


私立中学校は「小学校」とも「塾」とも違う環境です。
また、学校ごとにも指導のペースや方針が違う。
さらに個性的な先生もたくさんおられます。
そういった「新世界」でしっかり伸びていくためには、「早めの準備」と「基礎・基本を大切にした勉強」が必要です。


進学準備授業などを受講する場合にも、そういった点を考慮されてはいかがでしょうか。



back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。