南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  帝塚山学院:2次【午後入試】で受験者に配慮 

来年度入試で目立つのが、午後入試を実施する学校の増加です。
ほとんどの学校が、「余裕を持って試験に参加してもらう」というねらいでの設置とのことですが、実際は、午前・午後で複数の学校を受験する方が増えそうです。
上手に利用すれば役立つわけですが、短期決戦の中での体力・気力の面がまず心配ですし、実際に、学校間を移動できるかどうかも不安なところ。

そんな中で、帝塚山学院が以下のような対応を発表しました。

帝塚山学院の2次入試は、1/17/月の14:00集合で14:20開始になっています。
当然、一部の生徒さんは、午前中に他校を受験される場合もあります。
移動の際、交通事情などによって、遅刻等の可能性も考えられるわけです。
そこで、帝塚山学院では、連絡のあった受験生に限り、15:00までの遅刻を認めるとのことです。

注意したいのは、「試験開始(14:20)までに直接、連絡をした場合」という条件がある点。
まず、遅刻はしないように計画を立てるべきですが、万が一の場合は、対応していただけるということになります。


午後入試の受験については、検討している受験生も多いようです。
午前中に試験・面接を実施する学校に対しても、「面接はどのくらいかかるのか」「面接の終了時刻は何時か」「受験番号によって、終了時刻が違うのか」といった問い合わせもあるそうです。



入試機会が増えるのは、受験生にとって良いことかもしれませんが、手当たり次第に受験するわけにはいきません。
特に、今からの時期、不安な気持ちからあれこれと受験校を検討し、いろんな学校を受験することになるケースもあります。
しっかり、目標を見つめた受験計画を練り上げてください。


》》》参考:以下の学校が午後入試を予定しています。(府下南部・一部抜粋)

    試験日⇒学校名(種別)試験種別:発表日の順です。

1/16⇒羽衣学園(女)2次A:1/16発表

1/16⇒城星学園(女)B日程:1/17発表

1/16⇒追手門学院大手前(共)B日程:1/17発表

1/16⇒桃山学院(共)B方式:1/17発表


1/17⇒上宮(共)2次B:1/19発表

1/17⇒帝塚山学院(女)2次:1/18発表


1/18⇒羽衣学園(女)2次B:1/18発表


1/19⇒城星学園(女)C日程:1/20発表


1/21⇒羽衣学園(女)2次C:1/21発表



スポンサーサイト

◎  帝塚山学院:2次【午後入試】で受験者に配慮 

来年度入試で目立つのが、午後入試を実施する学校の増加です。
ほとんどの学校が、「余裕を持って試験に参加してもらう」というねらいでの設置とのことですが、実際は、午前・午後で複数の学校を受験する方が増えそうです。
上手に利用すれば役立つわけですが、短期決戦の中での体力・気力の面がまず心配ですし、実際に、学校間を移動できるかどうかも不安なところ。

そんな中で、帝塚山学院が以下のような対応を発表しました。

帝塚山学院の2次入試は、1/17/月の14:00集合で14:20開始になっています。
当然、一部の生徒さんは、午前中に他校を受験される場合もあります。
移動の際、交通事情などによって、遅刻等の可能性も考えられるわけです。
そこで、帝塚山学院では、連絡のあった受験生に限り、15:00までの遅刻を認めるとのことです。

注意したいのは、「試験開始(14:20)までに直接、連絡をした場合」という条件がある点。
まず、遅刻はしないように計画を立てるべきですが、万が一の場合は、対応していただけるということになります。


午後入試の受験については、検討している受験生も多いようです。
午前中に試験・面接を実施する学校に対しても、「面接はどのくらいかかるのか」「面接の終了時刻は何時か」「受験番号によって、終了時刻が違うのか」といった問い合わせもあるそうです。



入試機会が増えるのは、受験生にとって良いことかもしれませんが、手当たり次第に受験するわけにはいきません。
特に、今からの時期、不安な気持ちからあれこれと受験校を検討し、いろんな学校を受験することになるケースもあります。
しっかり、目標を見つめた受験計画を練り上げてください。


》》》参考:以下の学校が午後入試を予定しています。(府下南部・一部抜粋)

    試験日⇒学校名(種別)試験種別:発表日の順です。

1/16⇒羽衣学園(女)2次A:1/16発表

1/16⇒城星学園(女)B日程:1/17発表

1/16⇒追手門学院大手前(共)B日程:1/17発表

1/16⇒桃山学院(共)B方式:1/17発表


1/17⇒上宮(共)2次B:1/19発表

1/17⇒帝塚山学院(女)2次:1/18発表


1/18⇒羽衣学園(女)2次B:1/18発表


1/19⇒城星学園(女)C日程:1/20発表


1/21⇒羽衣学園(女)2次C:1/21発表



◎  立命館大学 茨木市へ  JR茨木から徒歩5分!? 

すでに報道されていますが、立命館大学が茨木へ進出します。
産経ニュースによると、立命館の川口総長が市役所を訪問したそうです。

以下、いつものように引用の上、要約しました。
--------------------------------------------------------------------------------
茨木活性化に意欲 進出発表の立命館総長 大阪    2010.11.21 02:36
--------------------------------------------------------------------------------
茨木市への進出を発表した立命館の川口総長が茨木市役所を訪問
「人が育つ大学は今後ますます重要に。
 市の活性化にも役立つ新しいキャンパスづくりをすすめたい」と。
--------------------------------------------------------------------------------
川口総長は
「茨木は関西の中心地に近い。
 利便性を生かし、ビジネス・行政についての研究が可能。」と強調。
野村市長は
「キャンパス開設に向けて最大限の支援をし、
 市の発展、活性化を図りたい」と歓迎。

立命館はサッポロビール工場跡地を約190億円で取得。
新キャンパスは平成27年4月開設予定。
衣笠キャンパス(学生数約1万8千人)とほぼ同じ規模。

茨木市は、新キャンパスの3万平方メートルを防災公園などとし、
約60億円の支援策を検討。
--------------------------------------------------------------------------------

GoogleMapでJR茨木を検索すると、そのすぐ南側にある広い土地です。
まわりの建物から見ても、かなりの規模だとわかります。


さて、気になる中学受験との関係ですが、当然、初芝立命館中学への影響が大きいはずです。
これまで、南大阪の皆さんにとっては、立命館は「遠い」大学でした。
しかし、JR茨木となると話は別です。
Googleのルート・乗換案内を利用して、調べてみました。

かりに南海高野線堺東からJR茨木に午前8時30分に到着するという条件で調べると、7:35に乗車し、到着が8:22で47分間の移動です。

当然、南大阪から通学可能圏になります。
大阪北部はもちろん、中部~南部の方も立命館に自宅から通うということが現実になる。
ということは、そういった地域の方が、初芝立命館を受験する可能性が高くなるわけです。

これまでも、大和川よりも北からの受験者を増やしてきた同校ですが、今後、その勢いが拡大する可能性があります。

もちろん、どのような学部が設置されるのかということにもよるわけですが、その影響は小さくはないでしょう。


   》》》産経ニュース「茨木活性化に意欲 進出発表の立命館総長」2010.11.21 02:36
   
        「立命大が茨木に新キャンパス『悪影響を最小限に』」2010.11.17 02:05


◎  立命館大学 茨木市へ  JR茨木から徒歩5分!? 

すでに報道されていますが、立命館大学が茨木へ進出します。
産経ニュースによると、立命館の川口総長が市役所を訪問したそうです。

以下、いつものように引用の上、要約しました。
--------------------------------------------------------------------------------
茨木活性化に意欲 進出発表の立命館総長 大阪    2010.11.21 02:36
--------------------------------------------------------------------------------
茨木市への進出を発表した立命館の川口総長が茨木市役所を訪問
「人が育つ大学は今後ますます重要に。
 市の活性化にも役立つ新しいキャンパスづくりをすすめたい」と。
--------------------------------------------------------------------------------
川口総長は
「茨木は関西の中心地に近い。
 利便性を生かし、ビジネス・行政についての研究が可能。」と強調。
野村市長は
「キャンパス開設に向けて最大限の支援をし、
 市の発展、活性化を図りたい」と歓迎。

立命館はサッポロビール工場跡地を約190億円で取得。
新キャンパスは平成27年4月開設予定。
衣笠キャンパス(学生数約1万8千人)とほぼ同じ規模。

茨木市は、新キャンパスの3万平方メートルを防災公園などとし、
約60億円の支援策を検討。
--------------------------------------------------------------------------------

GoogleMapでJR茨木を検索すると、そのすぐ南側にある広い土地です。
まわりの建物から見ても、かなりの規模だとわかります。


さて、気になる中学受験との関係ですが、当然、初芝立命館中学への影響が大きいはずです。
これまで、南大阪の皆さんにとっては、立命館は「遠い」大学でした。
しかし、JR茨木となると話は別です。
Googleのルート・乗換案内を利用して、調べてみました。

かりに南海高野線堺東からJR茨木に午前8時30分に到着するという条件で調べると、7:35に乗車し、到着が8:22で47分間の移動です。

当然、南大阪から通学可能圏になります。
大阪北部はもちろん、中部~南部の方も立命館に自宅から通うということが現実になる。
ということは、そういった地域の方が、初芝立命館を受験する可能性が高くなるわけです。

これまでも、大和川よりも北からの受験者を増やしてきた同校ですが、今後、その勢いが拡大する可能性があります。

もちろん、どのような学部が設置されるのかということにもよるわけですが、その影響は小さくはないでしょう。


   》》》産経ニュース「茨木活性化に意欲 進出発表の立命館総長」2010.11.21 02:36
   
        「立命大が茨木に新キャンパス『悪影響を最小限に』」2010.11.17 02:05


◎  「お得」? いえいえ、きちんと見極めましょう 

「週間ダイヤモンド」の2010/11/20号では「伸びる!お得! 中高一貫校・高校ランキング」という特集がありました。

全国で大学進学に実績を上げている学校を様々に分析し、ランキングをしています。
おそらく、ご覧になった方もたくさんあると思います。

以下の表は、記事中の「中高一貫校、子供の学力が伸びる学校!」と題されたランキングの中で、関西編の、さらに当ブログで対象としている学校のみを選んだもの。
表は、一部、再構成しています。

順位 学校名 コース 合格力
伸長度
04偏差 10偏差
6 清教学園 特進I 12.9 50 54
11 明星 *** 10.2 56 58
23 城南学園 *** 7.0 34 40
24 初芝富田林 Ⅰ類 6.8 45 46
26 清教学園 特進II 6.2 57 58
31 関大連携浪速 関西 5.7 35 46
39 四天王寺羽曳丘 文理 5.5 35 35
46 羽衣学園 総合進学 4.5 35 36
50 上宮 標準 3.7 40 40
週間ダイヤモンド2010/11/20-P38から引用の上、再構成
コース名称は、10年度入試時点のもの
合格力伸長度は記事参照のこと
04偏差・10偏差はともに五ッ木・駸々堂のデータとのこと


上記の表中の「合格力伸長度」とは、2004年度の入学時に必要だった偏差値と、2010年の大学合格実績から分析した偏差値の伸長度を数値化したもの。
この関西編では、関西の大学進学状況を加味して特に関関同立への合格力伸長度を加味しているということで、そのため「中堅校が上位に並んだ」とあります。
「難関校は入学時偏差値が高いうえに、国公立大学志向が強いため、この指標では伸長度が低めに」出るという注意も併記されています。


しかし、一番の注意は、上記の「合格力」は「学年全体」のものである(文中に「04年時のコースでの偏差値と、学年全体の合格力を比較」とあります。)こと。
つまり、中学受験に合格し、6年間の学校生活を経て大学受験した、いわゆる「一貫生」と、高校3年間だけ在籍した生徒が混ざった状態だということです。

上記の表中、ほとんどの学校では、一貫生のほうが大学進学実績を伸ばしています。
しかし、一部の学校では、高校から入学する生徒さんのレベルが高い、また、人数が多いなどの場合もあり、「6年間の学校生活で伸びた生徒」だけを調べているのではないことです。

ですから、せっかく6年間、頑張って伸びたものの、高校で多くの生徒が入学してくるなどして、大学の進学実績が評価されていない学校もあるように思います。


上記のデータは、大変、参考になるものではありますが、そういった事情を加味して、判断することが必要です。
特に、保護者の方は「我が子」をしっかり見つめて判断をしてください。

◎  「お得」? いえいえ、きちんと見極めましょう 

「週間ダイヤモンド」の2010/11/20号では「伸びる!お得! 中高一貫校・高校ランキング」という特集がありました。

全国で大学進学に実績を上げている学校を様々に分析し、ランキングをしています。
おそらく、ご覧になった方もたくさんあると思います。

以下の表は、記事中の「中高一貫校、子供の学力が伸びる学校!」と題されたランキングの中で、関西編の、さらに当ブログで対象としている学校のみを選んだもの。
表は、一部、再構成しています。

順位 学校名 コース 合格力
伸長度
04偏差 10偏差
6 清教学園 特進I 12.9 50 54
11 明星 *** 10.2 56 58
23 城南学園 *** 7.0 34 40
24 初芝富田林 Ⅰ類 6.8 45 46
26 清教学園 特進II 6.2 57 58
31 関大連携浪速 関西 5.7 35 46
39 四天王寺羽曳丘 文理 5.5 35 35
46 羽衣学園 総合進学 4.5 35 36
50 上宮 標準 3.7 40 40
週間ダイヤモンド2010/11/20-P38から引用の上、再構成
コース名称は、10年度入試時点のもの
合格力伸長度は記事参照のこと
04偏差・10偏差はともに五ッ木・駸々堂のデータとのこと


上記の表中の「合格力伸長度」とは、2004年度の入学時に必要だった偏差値と、2010年の大学合格実績から分析した偏差値の伸長度を数値化したもの。
この関西編では、関西の大学進学状況を加味して特に関関同立への合格力伸長度を加味しているということで、そのため「中堅校が上位に並んだ」とあります。
「難関校は入学時偏差値が高いうえに、国公立大学志向が強いため、この指標では伸長度が低めに」出るという注意も併記されています。


しかし、一番の注意は、上記の「合格力」は「学年全体」のものである(文中に「04年時のコースでの偏差値と、学年全体の合格力を比較」とあります。)こと。
つまり、中学受験に合格し、6年間の学校生活を経て大学受験した、いわゆる「一貫生」と、高校3年間だけ在籍した生徒が混ざった状態だということです。

上記の表中、ほとんどの学校では、一貫生のほうが大学進学実績を伸ばしています。
しかし、一部の学校では、高校から入学する生徒さんのレベルが高い、また、人数が多いなどの場合もあり、「6年間の学校生活で伸びた生徒」だけを調べているのではないことです。

ですから、せっかく6年間、頑張って伸びたものの、高校で多くの生徒が入学してくるなどして、大学の進学実績が評価されていない学校もあるように思います。


上記のデータは、大変、参考になるものではありますが、そういった事情を加味して、判断することが必要です。
特に、保護者の方は「我が子」をしっかり見つめて判断をしてください。

◎  変わろうとする中学受験地図【第1回】:特待・特奨制度の充実 

受験の時に、一番に気になるのが中学校の難易度。


この「難易度」は、どのようにして決まるのでしょうか。

それぞれの塾や分析機関によって違いはあると思いますが、単純に言うと「昨年の合・不合は、どの程度の偏差値だったか」「合格した受験生達は、どういったレベルの層だったか」ということになるでしょう。

例えば…
 「一昨年は偏差値48以上の生徒が合格しており、合格者の平均が52だった。
  昨年は偏差値50以上の生徒が合格しており、合格者平均も53に上昇している。」
こういった場合ですと、明らかに難化しているわけです。


つまり、毎年の受験生は、必ず先輩の入試の結果を追いかけてレベルを知るということになります。




さて、最近、話題に取り上げられることが多くなった「特待生制度」「特別奨学生制度」ですが、成績優秀者には入学金・授業料などの面で無償・減額しようというもの。
受験生にとっては、経済的な助けになるものの、そういった制度を活用するためには、ほとんどの場合、受験校のランクを下げる必要があります。
そうしたときに、大学進学への可能性も下げることになる場合もあり、なかなか判断が難しい。


しかし、一部の私立中学校では、「大学進学実績を伸ばしている」「コース分化が明確で指導に安心感がある」などの理由で、制度活用希望者を集めている学校もあります。




立場を変えて、私立の側から考えるならば、そういった制度の対象となる生徒さんは、もしかしたらワン・ランク上の学校を受験できるレベル。
つまり、優秀な成績の生徒を集めることが出来るということになります。
そういった生徒さんを少なからず集めた場合、将来の大学進学実績を確保できる可能性が高まるわけです。


そして、もうひとつ隠れた効果があります。


それは、特待・特奨希望者たちが「受験者全体のレベルを引き上げる」ために、少しずつ学校の難易度をも、引き上げていくということです。


現在、特待・特奨制度に成功している中学校はわずかですが、「先輩の入試結果」が次年度の難易度に影響することから考えると、そういった学校は長期間にわたって少しずつ難度を引き上げる可能性があり、数年後には、中堅校を抜け出している可能性もあります。


◎  変わろうとする中学受験地図【第1回】:特待・特奨制度の充実 

受験の時に、一番に気になるのが中学校の難易度。


この「難易度」は、どのようにして決まるのでしょうか。

それぞれの塾や分析機関によって違いはあると思いますが、単純に言うと「昨年の合・不合は、どの程度の偏差値だったか」「合格した受験生達は、どういったレベルの層だったか」ということになるでしょう。

例えば…
 「一昨年は偏差値48以上の生徒が合格しており、合格者の平均が52だった。
  昨年は偏差値50以上の生徒が合格しており、合格者平均も53に上昇している。」
こういった場合ですと、明らかに難化しているわけです。


つまり、毎年の受験生は、必ず先輩の入試の結果を追いかけてレベルを知るということになります。




さて、最近、話題に取り上げられることが多くなった「特待生制度」「特別奨学生制度」ですが、成績優秀者には入学金・授業料などの面で無償・減額しようというもの。
受験生にとっては、経済的な助けになるものの、そういった制度を活用するためには、ほとんどの場合、受験校のランクを下げる必要があります。
そうしたときに、大学進学への可能性も下げることになる場合もあり、なかなか判断が難しい。


しかし、一部の私立中学校では、「大学進学実績を伸ばしている」「コース分化が明確で指導に安心感がある」などの理由で、制度活用希望者を集めている学校もあります。




立場を変えて、私立の側から考えるならば、そういった制度の対象となる生徒さんは、もしかしたらワン・ランク上の学校を受験できるレベル。
つまり、優秀な成績の生徒を集めることが出来るということになります。
そういった生徒さんを少なからず集めた場合、将来の大学進学実績を確保できる可能性が高まるわけです。


そして、もうひとつ隠れた効果があります。


それは、特待・特奨希望者たちが「受験者全体のレベルを引き上げる」ために、少しずつ学校の難易度をも、引き上げていくということです。


現在、特待・特奨制度に成功している中学校はわずかですが、「先輩の入試結果」が次年度の難易度に影響することから考えると、そういった学校は長期間にわたって少しずつ難度を引き上げる可能性があり、数年後には、中堅校を抜け出している可能性もあります。


◎  清教学園:第2回「清教模試」に参加者636名 

現在、大阪府の高校入試状況は、大きく変化しようとしています。
文理科の誕生・私立の授業料の実質無償化など、いくつかの理由があるわけですが、私立の中学校にも、その影響は及んできています。
そういった影響については、別にエントリーを予定していますが、そういった中で、「私立」が注目されているのはまぎれもない事実です。

さて、そういった流れの中、11/3に実施された清教のプレテスト会「清教模試」ですが、昨年の1割以上増員の636名という参加者がありました。

以下は、過去3年間のデータです。
テストの受験者数と、4教科平均を併記しています。
清教模試では、昨年から3教科・4教科の2種類の判定を実施されていますが、2008年度との比較のために4科平均のみを記載しました。

     2008年  789名     4科平均 168.1点
     2009年  560名     4科平均 171.2点
     2010年  636名     4科平均 168.2点

昨年は、受験者人数が落ち込み、募集コースの変更などが影響したかと心配されましたが、今年度は約80名の増加。
2004~2005年の水準に戻した格好ですが、新コース体制であっても、清教の本質に変化はないという学校側の着実な説明が受験生に浸透してきたのではないでしょうか。


お気づきの方もあると思いますが、11/3は清教だけではなく、帝塚山学院泉ヶ丘もプレテストを実施しています。
受験生からすると、どちらかの学校を選ばないといけないわけで、それだけ専願度が高いテストといえるでしょう。
今後、今回の試験の結果や、後日、実施される懇談の結果などを参考に受験生は動くわけです。
しかし、清教は従来から受験生の専願傾向が強い学校ですから、清教模試の結果が入試当日の受験者数に影響する可能性が高いため、注意が必要です。

今回の試験問題を確実に理解しておくとともに、しっかり、過去問を研究しておきましょう。



なお、最近の3年間の両校の受験者数を合計してみると、以下のような数値です。

     2008年  1287名
     2009年  1085名
     2010年  1232名

この結果を見ても、受験希望者の増加が分かると思います。



この時期になると、受験者数や模試の結果など、さまざまなデータが見えてきます。
しかし、そうはいっても、当面は着実に力を伸ばすことしかありません。
見逃している知識は無いか、苦手は克服できたか、あいまいな解法で満足していないか等、きちんと自己点検をして、入試当日に備えてください。




◎  清教学園:第2回「清教模試」に参加者636名 

現在、大阪府の高校入試状況は、大きく変化しようとしています。
文理科の誕生・私立の授業料の実質無償化など、いくつかの理由があるわけですが、私立の中学校にも、その影響は及んできています。
そういった影響については、別にエントリーを予定していますが、そういった中で、「私立」が注目されているのはまぎれもない事実です。

さて、そういった流れの中、11/3に実施された清教のプレテスト会「清教模試」ですが、昨年の1割以上増員の636名という参加者がありました。

以下は、過去3年間のデータです。
テストの受験者数と、4教科平均を併記しています。
清教模試では、昨年から3教科・4教科の2種類の判定を実施されていますが、2008年度との比較のために4科平均のみを記載しました。

     2008年  789名     4科平均 168.1点
     2009年  560名     4科平均 171.2点
     2010年  636名     4科平均 168.2点

昨年は、受験者人数が落ち込み、募集コースの変更などが影響したかと心配されましたが、今年度は約80名の増加。
2004~2005年の水準に戻した格好ですが、新コース体制であっても、清教の本質に変化はないという学校側の着実な説明が受験生に浸透してきたのではないでしょうか。


お気づきの方もあると思いますが、11/3は清教だけではなく、帝塚山学院泉ヶ丘もプレテストを実施しています。
受験生からすると、どちらかの学校を選ばないといけないわけで、それだけ専願度が高いテストといえるでしょう。
今後、今回の試験の結果や、後日、実施される懇談の結果などを参考に受験生は動くわけです。
しかし、清教は従来から受験生の専願傾向が強い学校ですから、清教模試の結果が入試当日の受験者数に影響する可能性が高いため、注意が必要です。

今回の試験問題を確実に理解しておくとともに、しっかり、過去問を研究しておきましょう。



なお、最近の3年間の両校の受験者数を合計してみると、以下のような数値です。

     2008年  1287名
     2009年  1085名
     2010年  1232名

この結果を見ても、受験希望者の増加が分かると思います。



この時期になると、受験者数や模試の結果など、さまざまなデータが見えてきます。
しかし、そうはいっても、当面は着実に力を伸ばすことしかありません。
見逃している知識は無いか、苦手は克服できたか、あいまいな解法で満足していないか等、きちんと自己点検をして、入試当日に備えてください。





back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。