南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  五ッ木・駸々堂第4回 結果分析:女子校 

お待たせしました。
第4回の五ッ木・駸々堂の女子校の結果分析です。

対象は、当Blogで取り上げている中学校が中心です。
五ッ木・駸々堂の分類にしたがって、コース別に分けている場合は、コースごとに分析をしています。

--------------------
表の見方
--------------------
対象としたのは、各学校の1次入試(前期、A日程などの呼び方もありますが、1番早い時期の入試だと考えてください)の志望者の動向です。
これは、志望者の数が一番多くなっているということと、他校との掛け持ちがしにくく、希望が比較的ストレートに出ているデータだと考えられるからです。

   ◎志望者数推移
      その学校を志望校とした生徒さんの人数の推移です。
   ◎平均偏差値
      志望者の偏差値を平均したものです。
      五ッ木・駸々堂やその他のテスト会が設定する
      合格基準偏差値とは違います。
      志望者全体のレベルの変化を比較するための数値としてあげました。
      ただし、志望者の人数が少ないと、誤差も大きくなります。
   ◎1000人あたり人数
      全受験生に対する志望者の人数を
      1000人中何人かという形で表現しました。
      百分率(パーセント)の10倍ということが出来ます。
      年度によって、五ッ木・駸々堂の全体の受験者数に変動があります。
      そのため、実人数とは別に計算をしてみました。



大阪女学院志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期B方式 88 70 52 52 52 51 10.4 8.9 7.1
前期A方式 186 224 193 49 48 48 22.1 28.4 26.4
志望者数が2009年の計294名から、今年245名と大きく減じているように見えるが、1000人当たり人数では、昨年比3.8名減、2008年と比較すると1名の増になっており、例年並みと考えられる。ただ、平均偏差値の下降が気になるところ。
大谷志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次医進 57 79 65 57 53 55 6.8 10.0 8.9
1次特進I 125 141 99 49 48 47 14.8 17.9 13.5
1次特進II 114 106 87 44 43 45 13.5 13.4 11.9
 上記の表中「特進II」は以前の英語科のデータ。全体としてレベルアップしたものの、人数がしぼられた印象。新コース体制でも、コースレベルの変更はないという説明であるが、他校へ流れている可能がある。
四天王寺志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
英数2 168 152 143 63 62 63 19.9 19.3 19.6
英数1 169 165 137 58 58 58 20.0 20.9 18.7
志望者数の実人数では減っているが、1000人当たり人数では大きな変化はない模様。例年並みか。ただし、大手塾の動向等に影響される学校であることに注意。 
帝塚山学院志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次A関学 89 61 79 46 46 47 10.6 7.7 10.8
1次Aヴェルジェ 65 58 74 41 41 41 7.7 7.4 10.1
 大きく、人数を伸ばしている。大谷のコース再編の受け皿となった可能性あり。関学コースでは、平均偏差値も1ポイント上昇。難化の可能性もあり、要注目校。
プール学院志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次併願アド 30 27 27 47 47 47 3.6 3.4 3.7
1次併願スタン 37 57 23 43 42 42 4.4 7.2 3.1
1次専願アド 64 55 43 45 44 44 7.6 7.0 5.9
1次専願スタン 102 94 62 41 40 39 12.1 11.9 8.5
 併願のアドバンス以外は、人数・平均偏差値ともに下降傾向。他校のような注目要素がほとんど無いことも影響しているか。人数面での落ち込みに(1000人当たりの合計が昨年29.5から、今年21.2へ)特に注目。専願の減が問題。


全体的に、どこも苦戦していますが、帝塚山学院だけ伸びているという状況。
表中には、大谷英語科希望者が流れたという可能性を書きましたが、プール学院の減少を見ると、プールを希望する生徒さんをも取り込んでいるのかもしれません。
帝塚山学院は、関学コースでは大学連携校の特徴を活かし、ヴェルジェではこれまでの伝統的な帝塚山の教育を深め、多様なニーズに対応しています。
そういった点が評価されているのかもしれません。

ただ、今回の結果は、五ッ木・駸々堂の第4回での、いわば「アンケート結果」であって、すでに受験生の皆さんは結果を受けて動き始めているはずです。
参考としてみていただくことは有効ですが、まず、お子さんの希望や適正をきちんと判断していただいて、今後の勉強に臨んでください。



スポンサーサイト

◎  五ッ木・駸々堂第4回 結果分析:女子校 

お待たせしました。
第4回の五ッ木・駸々堂の女子校の結果分析です。

対象は、当Blogで取り上げている中学校が中心です。
五ッ木・駸々堂の分類にしたがって、コース別に分けている場合は、コースごとに分析をしています。

--------------------
表の見方
--------------------
対象としたのは、各学校の1次入試(前期、A日程などの呼び方もありますが、1番早い時期の入試だと考えてください)の志望者の動向です。
これは、志望者の数が一番多くなっているということと、他校との掛け持ちがしにくく、希望が比較的ストレートに出ているデータだと考えられるからです。

   ◎志望者数推移
      その学校を志望校とした生徒さんの人数の推移です。
   ◎平均偏差値
      志望者の偏差値を平均したものです。
      五ッ木・駸々堂やその他のテスト会が設定する
      合格基準偏差値とは違います。
      志望者全体のレベルの変化を比較するための数値としてあげました。
      ただし、志望者の人数が少ないと、誤差も大きくなります。
   ◎1000人あたり人数
      全受験生に対する志望者の人数を
      1000人中何人かという形で表現しました。
      百分率(パーセント)の10倍ということが出来ます。
      年度によって、五ッ木・駸々堂の全体の受験者数に変動があります。
      そのため、実人数とは別に計算をしてみました。



大阪女学院志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期B方式 88 70 52 52 52 51 10.4 8.9 7.1
前期A方式 186 224 193 49 48 48 22.1 28.4 26.4
志望者数が2009年の計294名から、今年245名と大きく減じているように見えるが、1000人当たり人数では、昨年比3.8名減、2008年と比較すると1名の増になっており、例年並みと考えられる。ただ、平均偏差値の下降が気になるところ。
大谷志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次医進 57 79 65 57 53 55 6.8 10.0 8.9
1次特進I 125 141 99 49 48 47 14.8 17.9 13.5
1次特進II 114 106 87 44 43 45 13.5 13.4 11.9
 上記の表中「特進II」は以前の英語科のデータ。全体としてレベルアップしたものの、人数がしぼられた印象。新コース体制でも、コースレベルの変更はないという説明であるが、他校へ流れている可能がある。
四天王寺志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
英数2 168 152 143 63 62 63 19.9 19.3 19.6
英数1 169 165 137 58 58 58 20.0 20.9 18.7
志望者数の実人数では減っているが、1000人当たり人数では大きな変化はない模様。例年並みか。ただし、大手塾の動向等に影響される学校であることに注意。 
帝塚山学院志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次A関学 89 61 79 46 46 47 10.6 7.7 10.8
1次Aヴェルジェ 65 58 74 41 41 41 7.7 7.4 10.1
 大きく、人数を伸ばしている。大谷のコース再編の受け皿となった可能性あり。関学コースでは、平均偏差値も1ポイント上昇。難化の可能性もあり、要注目校。
プール学院志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次併願アド 30 27 27 47 47 47 3.6 3.4 3.7
1次併願スタン 37 57 23 43 42 42 4.4 7.2 3.1
1次専願アド 64 55 43 45 44 44 7.6 7.0 5.9
1次専願スタン 102 94 62 41 40 39 12.1 11.9 8.5
 併願のアドバンス以外は、人数・平均偏差値ともに下降傾向。他校のような注目要素がほとんど無いことも影響しているか。人数面での落ち込みに(1000人当たりの合計が昨年29.5から、今年21.2へ)特に注目。専願の減が問題。


全体的に、どこも苦戦していますが、帝塚山学院だけ伸びているという状況。
表中には、大谷英語科希望者が流れたという可能性を書きましたが、プール学院の減少を見ると、プールを希望する生徒さんをも取り込んでいるのかもしれません。
帝塚山学院は、関学コースでは大学連携校の特徴を活かし、ヴェルジェではこれまでの伝統的な帝塚山の教育を深め、多様なニーズに対応しています。
そういった点が評価されているのかもしれません。

ただ、今回の結果は、五ッ木・駸々堂の第4回での、いわば「アンケート結果」であって、すでに受験生の皆さんは結果を受けて動き始めているはずです。
参考としてみていただくことは有効ですが、まず、お子さんの希望や適正をきちんと判断していただいて、今後の勉強に臨んでください。



◎  五ッ木・駸々堂第4回 結果分析:共学校 

第4回の五ッ木・駸々堂の結果分析です。

今回は、共学校。
数年前に比べて、学校が増えました。

対象は、当Blogで取り上げている中学校が中心です。
五ッ木・駸々堂の分類にしたがって、コース別に分けている場合は、コースごとに分析をしています。

--------------------
表の見方
--------------------
対象としたのは、各学校の1次入試(前期、A日程などの呼び方もありますが、1番早い時期の入試だと考えてください)の志望者の動向です。
これは、志望者の数が一番多くなっているということと、他校との掛け持ちがしにくく、希望が比較的ストレートに出ているデータだと考えられるからです。

   ◎志望者数推移
      その学校を志望校とした生徒さんの人数の推移です。
   ◎平均偏差値
      志望者の偏差値を平均したものです。
      五ッ木・駸々堂やその他のテスト会が設定する
      合格基準偏差値とは違います。
      志望者全体のレベルの変化を比較するための数値としてあげました。
      ただし、志望者の人数が少ないと、誤差も大きくなります。
   ◎1000人あたり人数
      全受験生に対する志望者の人数を
      1000人中何人かという形で表現しました。
      百分率(パーセント)の10倍ということが出来ます。
      年度によって、五ッ木・駸々堂の全体の受験者数に変動があります。
      そのため、実人数とは別に計算をしてみました。



上宮志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次特進 65 48 45 43 42 43 7.7 6.1 6.2
1次標準 91 92 82 39 39 39 10.8 11.7 11.2
志望者人数は、1000人当たり人数から見て昨年並み。ただし、特進の平均偏差値が上昇していることに注目。今回のデータからは、女子の希望者数はわからない。
関西大学連携浪速志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次A関大 66 52 39 38 41 45 7.8 6.6 5.3
1次A特進   49 40   39 40 6.2 5.5
 昨年よりも人数は減じているが、平均偏差値が大きく上昇。大学連携校はどこも増加傾向だが、学校の改革が根付いてきたことも、大きな要因。
近畿大学附属志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期医薬 63 58 52 50 51 50 7.5 7.4 7.1
前期特進 186 161 129 48 48 48 22.1 20.4 17.6
前期標準 284 234 197 43 43 43 33.7 29.7 26.9
 平均偏差値は微減といったところだが、志望者が大きく減じている。関関同立レベルの連携・提携校の増加が影響しているか。次回以降の状況に要注目。
清教学園志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期S特進2類専願 343 197 180 54 53 54 40.7 25.0 24.6
前期S特進1類専願 286 217 210 50 49 49 33.9 27.5 28.7
 ほぼ、昨年並みとなったが、特進Ⅱ類のレベルが上昇。1000人当たり人数では、2009年が52.5、2010年がとわずかに増加傾向。上位の生徒の動向を注目したい。
清風南海志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
男子A日程S特進 54 53 50 65 65 64 6.4 6.7 6.8
男子A日程特進 164 145 136 59 60 59 19.5 18.4 18.6
女子A日程S特進 56 50 71 65 66 66 6.6 6.3 9.7
女子A日程特進 110 104 88 60 60 61 13.0 13.2 12.0
清風南海も大手塾の影響を受けやすいが、データでは、3年間で、大きな変化はない模様。ただし、女子A日程のS特進の人数増は要注意。 
初芝富田林志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次Ⅲ類 58 51 40 51 51 51 6.9 6.5 5.5
1次Ⅱ類 59 60 45 47 47 48 7.0 7.6 6.2
1次Ⅰ類 85 82 63 42 44 43 10.1 10.4 8.6
1000人当たり人数で、2009年24.5人が、今年は20.3人と減じている。 レベルに大きな変化は無いようであるが、実人数でも45名の減となっている。初芝立命館に流れたか。
初芝立命館志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
A日程立命館 56 43 59 38 42 43 6.6 5.5 8.1
 実人数で16名の増加。平均偏差値も上昇傾向である。茨木市への立命館進出を受け、大阪北中部での注目度が上がっている。人数・レベルともに難化傾向か。
桃山学院志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
A方式選抜 51 63 48 49 50 49 6.0 8.0 6.6
A方式進学 132 141 104 44 44 45 15.7 17.9 14.2
 志望者人数が52名の減。選抜で平均偏差値を1ポイント下げた分、進学で1ポイント上げた格好だが、上下の差が詰まってきたよう。


なお、上記のデータ以外の、一部の学校・コースについては、データ数が少ないなどの理由で取り上げていない場合があります。
また、帝塚山学院泉ヶ丘に関しては、今回から専願・併願の別ができましたので、昨年との比較がすぐできません。
そのため、明日以降にエントリーします。


◎  五ッ木・駸々堂第4回 結果分析:共学校 

第4回の五ッ木・駸々堂の結果分析です。

今回は、共学校。
数年前に比べて、学校が増えました。

対象は、当Blogで取り上げている中学校が中心です。
五ッ木・駸々堂の分類にしたがって、コース別に分けている場合は、コースごとに分析をしています。

--------------------
表の見方
--------------------
対象としたのは、各学校の1次入試(前期、A日程などの呼び方もありますが、1番早い時期の入試だと考えてください)の志望者の動向です。
これは、志望者の数が一番多くなっているということと、他校との掛け持ちがしにくく、希望が比較的ストレートに出ているデータだと考えられるからです。

   ◎志望者数推移
      その学校を志望校とした生徒さんの人数の推移です。
   ◎平均偏差値
      志望者の偏差値を平均したものです。
      五ッ木・駸々堂やその他のテスト会が設定する
      合格基準偏差値とは違います。
      志望者全体のレベルの変化を比較するための数値としてあげました。
      ただし、志望者の人数が少ないと、誤差も大きくなります。
   ◎1000人あたり人数
      全受験生に対する志望者の人数を
      1000人中何人かという形で表現しました。
      百分率(パーセント)の10倍ということが出来ます。
      年度によって、五ッ木・駸々堂の全体の受験者数に変動があります。
      そのため、実人数とは別に計算をしてみました。



上宮志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次特進 65 48 45 43 42 43 7.7 6.1 6.2
1次標準 91 92 82 39 39 39 10.8 11.7 11.2
志望者人数は、1000人当たり人数から見て昨年並み。ただし、特進の平均偏差値が上昇していることに注目。今回のデータからは、女子の希望者数はわからない。
関西大学連携浪速志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次A関大 66 52 39 38 41 45 7.8 6.6 5.3
1次A特進   49 40   39 40 6.2 5.5
 昨年よりも人数は減じているが、平均偏差値が大きく上昇。大学連携校はどこも増加傾向だが、学校の改革が根付いてきたことも、大きな要因。
近畿大学附属志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期医薬 63 58 52 50 51 50 7.5 7.4 7.1
前期特進 186 161 129 48 48 48 22.1 20.4 17.6
前期標準 284 234 197 43 43 43 33.7 29.7 26.9
 平均偏差値は微減といったところだが、志望者が大きく減じている。関関同立レベルの連携・提携校の増加が影響しているか。次回以降の状況に要注目。
清教学園志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期S特進2類専願 343 197 180 54 53 54 40.7 25.0 24.6
前期S特進1類専願 286 217 210 50 49 49 33.9 27.5 28.7
 ほぼ、昨年並みとなったが、特進Ⅱ類のレベルが上昇。1000人当たり人数では、2009年が52.5、2010年がとわずかに増加傾向。上位の生徒の動向を注目したい。
清風南海志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
男子A日程S特進 54 53 50 65 65 64 6.4 6.7 6.8
男子A日程特進 164 145 136 59 60 59 19.5 18.4 18.6
女子A日程S特進 56 50 71 65 66 66 6.6 6.3 9.7
女子A日程特進 110 104 88 60 60 61 13.0 13.2 12.0
清風南海も大手塾の影響を受けやすいが、データでは、3年間で、大きな変化はない模様。ただし、女子A日程のS特進の人数増は要注意。 
初芝富田林志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
1次Ⅲ類 58 51 40 51 51 51 6.9 6.5 5.5
1次Ⅱ類 59 60 45 47 47 48 7.0 7.6 6.2
1次Ⅰ類 85 82 63 42 44 43 10.1 10.4 8.6
1000人当たり人数で、2009年24.5人が、今年は20.3人と減じている。 レベルに大きな変化は無いようであるが、実人数でも45名の減となっている。初芝立命館に流れたか。
初芝立命館志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
A日程立命館 56 43 59 38 42 43 6.6 5.5 8.1
 実人数で16名の増加。平均偏差値も上昇傾向である。茨木市への立命館進出を受け、大阪北中部での注目度が上がっている。人数・レベルともに難化傾向か。
桃山学院志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
A方式選抜 51 63 48 49 50 49 6.0 8.0 6.6
A方式進学 132 141 104 44 44 45 15.7 17.9 14.2
 志望者人数が52名の減。選抜で平均偏差値を1ポイント下げた分、進学で1ポイント上げた格好だが、上下の差が詰まってきたよう。


なお、上記のデータ以外の、一部の学校・コースについては、データ数が少ないなどの理由で取り上げていない場合があります。
また、帝塚山学院泉ヶ丘に関しては、今回から専願・併願の別ができましたので、昨年との比較がすぐできません。
そのため、明日以降にエントリーします。


◎  適材適所で使いたい!各種の実力テスト 

09/25付けのasahi.comに「中学受験模試ガチンコ 四谷大塚と同じ日にサピックスも」との記事。

首都圏の塾再編の影響か、四谷大塚の「合不合判定テスト」にサピックスが、自塾生向けのテストを同日実施。
合不合判定テストは、参加者が2万人を超える日本最大規模の中学受験模試で、これまでは、サピックスの塾生もこれを受験してきたわけです。

記事の表現を引用すると、「サピックス塾生がごっそり受けなくなると、偏差値が変わってしまう」という心配があるわけです。
サピックスは首都圏上位校をターゲットにした、たくさんの塾生を抱えています。
まさに、そういった層の生徒が「ごっそり」抜けると、平均や標準偏差など、偏差値を算出する基準となる数字が変化してしまいます。

これに対して、四谷大塚は午後開始のテストを1時間遅らせるなど、掛け持ちを可能にしたそうですが、掛け持ちをしている時点で、実力がきちんと発揮できるものかどうか「?」なのですが…。



現在の、大阪の状況はどうかというと、ある程度、「住み分け」が出来ています。

まず、圧倒的に受験者が多いのが五ッ木・駸々堂のテスト。
歴史も古く、模擬試験受験者の追跡調査も綿密に行なわれているために、事実上の近畿圏中学受験標準テストとして、塾・私立ともに活用しています。

また、大手塾は、独自に模試を実施。
主に、上位校をターゲットにし、五ッ木・駸々堂の受験については、クラス・コースや、試験の時期によって調整を行なっているようです。

さらに四谷大塚の合不合判定テストも、府内で実施されており、受験者も増加傾向。
ただ、信頼にたるデータを出すための受験者数を確保できていないのも事実で、まだまだ発展途上といった感じです。
もちろん、全国展開を考えている塾ですから、今後、影響力をもってくると思いますが、幸いなことに、五ッ木・駸々堂とは別の日程で実施されています。

航路開拓舎では、育伸社の月例テストを毎月受験し、その結果を進路指導の一番の基礎資料に使っています。
それができるのも、これまでにたくさんの生徒さんが受験してこられたデータがあるから。
結果を独自に分析することで、合格可能性予想は、ほぼ100%に。

これに、各学校で実施されるプレテストの結果分析などを加えていくのですが、これは、受験生がしぼられた中でのテスト。
また、学校の運営の中でのテストという、「模擬入試」という側面もあります。

それぞれのテストに、それぞれの個性があるわけです。


せっかく貴重な時間を使って、塾生の皆さんが一生懸命に取り組んだ結果についても、それぞれのテストの個性を見極めて、活用すべき。
同時に、どのテストを「どのように受験するか」ということも、しっかりと考える必要があるでしょう。


   》》》asahi.com「中学受験模試ガチンコ 四谷大塚と同じ日にサピックスも
                                 2010年9月25日




◎  適材適所で使いたい!各種の実力テスト 

09/25付けのasahi.comに「中学受験模試ガチンコ 四谷大塚と同じ日にサピックスも」との記事。

首都圏の塾再編の影響か、四谷大塚の「合不合判定テスト」にサピックスが、自塾生向けのテストを同日実施。
合不合判定テストは、参加者が2万人を超える日本最大規模の中学受験模試で、これまでは、サピックスの塾生もこれを受験してきたわけです。

記事の表現を引用すると、「サピックス塾生がごっそり受けなくなると、偏差値が変わってしまう」という心配があるわけです。
サピックスは首都圏上位校をターゲットにした、たくさんの塾生を抱えています。
まさに、そういった層の生徒が「ごっそり」抜けると、平均や標準偏差など、偏差値を算出する基準となる数字が変化してしまいます。

これに対して、四谷大塚は午後開始のテストを1時間遅らせるなど、掛け持ちを可能にしたそうですが、掛け持ちをしている時点で、実力がきちんと発揮できるものかどうか「?」なのですが…。



現在の、大阪の状況はどうかというと、ある程度、「住み分け」が出来ています。

まず、圧倒的に受験者が多いのが五ッ木・駸々堂のテスト。
歴史も古く、模擬試験受験者の追跡調査も綿密に行なわれているために、事実上の近畿圏中学受験標準テストとして、塾・私立ともに活用しています。

また、大手塾は、独自に模試を実施。
主に、上位校をターゲットにし、五ッ木・駸々堂の受験については、クラス・コースや、試験の時期によって調整を行なっているようです。

さらに四谷大塚の合不合判定テストも、府内で実施されており、受験者も増加傾向。
ただ、信頼にたるデータを出すための受験者数を確保できていないのも事実で、まだまだ発展途上といった感じです。
もちろん、全国展開を考えている塾ですから、今後、影響力をもってくると思いますが、幸いなことに、五ッ木・駸々堂とは別の日程で実施されています。

航路開拓舎では、育伸社の月例テストを毎月受験し、その結果を進路指導の一番の基礎資料に使っています。
それができるのも、これまでにたくさんの生徒さんが受験してこられたデータがあるから。
結果を独自に分析することで、合格可能性予想は、ほぼ100%に。

これに、各学校で実施されるプレテストの結果分析などを加えていくのですが、これは、受験生がしぼられた中でのテスト。
また、学校の運営の中でのテストという、「模擬入試」という側面もあります。

それぞれのテストに、それぞれの個性があるわけです。


せっかく貴重な時間を使って、塾生の皆さんが一生懸命に取り組んだ結果についても、それぞれのテストの個性を見極めて、活用すべき。
同時に、どのテストを「どのように受験するか」ということも、しっかりと考える必要があるでしょう。


   》》》asahi.com「中学受験模試ガチンコ 四谷大塚と同じ日にサピックスも
                                 2010年9月25日




◎  五ッ木・駸々堂第4回 結果分析:男子校 

五ッ木・駸々堂も第4回になり、受験生の志望校も、かなりしぼられてきたと思います。
今年度も、過去3年間の推移を表にまとめてみました。

対象は、当Blogで取り上げている中学校が中心です。
五ッ木・駸々堂の分類にしたがって、コース別に分けている場合は、コースごとに分析をしています。

--------------------
表の見方
--------------------
対象としたのは、各学校の1次入試(前期、A日程などの呼び方もありますが、1番早い時期の入試だと考えてください)の志望者の動向です。
これは、志望者の数が一番多くなっているということと、他校との掛け持ちがしにくく、希望が比較的ストレートに出ているデータだと考えられるからです。

   ◎志望者数推移
      その学校を志望校とした生徒さんの人数の推移です。
   ◎平均偏差値
      志望者の偏差値を平均したものです。
      五ッ木・駸々堂やその他のテスト会が設定する
      合格基準偏差値とは違います。
      志望者全体のレベルの変化を比較するための数値としてあげました。
      ただし、志望者の人数が少ないと、誤差も大きくなります。
   ◎1000人あたり人数
      全受験生に対する志望者の人数を
      1000人中何人かという形で表現しました。
      百分率(パーセント)の10倍ということが出来ます。
      年度によって、五ッ木・駸々堂の全体の受験者数に変動があります。
      そのため、実人数とは別に計算をしてみました。

大阪星光志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
--- 242 252 225 65 65 63 28.7 32.0 30.8
 志望者数・平均偏差値ともに下降している。しかし、1000人あたり人数では、2008年度よりは多いので注意。なお、大手塾の動向に影響されやすいので参考程度に。
清風前期4C志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期理Ⅲ 46 51 37 58 57 58 5.5 6.5 5.1
前期理数 56 62 51 53 52 53 6.6 7.9 7.0
前期標準 117 123 112 47 47 47 13.9 15.6 15.3
 志望者数は、全コースで減。1000人当たり人数を見ると、上位のコースでの減少幅が大きい。これも、大手塾の参加動向による可能性あり。ただし、平均偏差値が、理Ⅲ・理数で上昇していることに注目しておくべき。
明星志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
--- 263 197 145 53 54 53 31.2 25.0 19.8
平均偏差値では踏みとどまったものの、人数面で大きな落ち込み。少数精鋭の入試になる可能性あり。

取り上げた3校とも人数が減少しています。
共学志向の影響もあるかもしれません。
また、表中にも書きましたが、大手塾の参加状況の影響を受けやすい学校群になります。
比較的、上位のコースでの減少が多いように思いますので、その点も考慮すべきでしょう。

以前も書きましたが、ある学校の受験者数が減少したからといって、入試が楽になるわけではありません。
入試の条件は全ての受験生にとって同じ。
しっかり目前の課題をこなし、入試合格へ結び付けてください。

今後、女子校・共学校もエントリー予定です。


◎  五ッ木・駸々堂第4回 結果分析:男子校 

五ッ木・駸々堂も第4回になり、受験生の志望校も、かなりしぼられてきたと思います。
今年度も、過去3年間の推移を表にまとめてみました。

対象は、当Blogで取り上げている中学校が中心です。
五ッ木・駸々堂の分類にしたがって、コース別に分けている場合は、コースごとに分析をしています。

--------------------
表の見方
--------------------
対象としたのは、各学校の1次入試(前期、A日程などの呼び方もありますが、1番早い時期の入試だと考えてください)の志望者の動向です。
これは、志望者の数が一番多くなっているということと、他校との掛け持ちがしにくく、希望が比較的ストレートに出ているデータだと考えられるからです。

   ◎志望者数推移
      その学校を志望校とした生徒さんの人数の推移です。
   ◎平均偏差値
      志望者の偏差値を平均したものです。
      五ッ木・駸々堂やその他のテスト会が設定する
      合格基準偏差値とは違います。
      志望者全体のレベルの変化を比較するための数値としてあげました。
      ただし、志望者の人数が少ないと、誤差も大きくなります。
   ◎1000人あたり人数
      全受験生に対する志望者の人数を
      1000人中何人かという形で表現しました。
      百分率(パーセント)の10倍ということが出来ます。
      年度によって、五ッ木・駸々堂の全体の受験者数に変動があります。
      そのため、実人数とは別に計算をしてみました。

大阪星光志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
--- 242 252 225 65 65 63 28.7 32.0 30.8
 志望者数・平均偏差値ともに下降している。しかし、1000人あたり人数では、2008年度よりは多いので注意。なお、大手塾の動向に影響されやすいので参考程度に。
清風前期4C志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
前期理Ⅲ 46 51 37 58 57 58 5.5 6.5 5.1
前期理数 56 62 51 53 52 53 6.6 7.9 7.0
前期標準 117 123 112 47 47 47 13.9 15.6 15.3
 志望者数は、全コースで減。1000人当たり人数を見ると、上位のコースでの減少幅が大きい。これも、大手塾の参加動向による可能性あり。ただし、平均偏差値が、理Ⅲ・理数で上昇していることに注目しておくべき。
明星志望者数推移 平均偏差値 1000人当たり人数
コース 2008 2009 2010 2008 2009 2010 2008 2009 2010
--- 263 197 145 53 54 53 31.2 25.0 19.8
平均偏差値では踏みとどまったものの、人数面で大きな落ち込み。少数精鋭の入試になる可能性あり。

取り上げた3校とも人数が減少しています。
共学志向の影響もあるかもしれません。
また、表中にも書きましたが、大手塾の参加状況の影響を受けやすい学校群になります。
比較的、上位のコースでの減少が多いように思いますので、その点も考慮すべきでしょう。

以前も書きましたが、ある学校の受験者数が減少したからといって、入試が楽になるわけではありません。
入試の条件は全ての受験生にとって同じ。
しっかり目前の課題をこなし、入試合格へ結び付けてください。

今後、女子校・共学校もエントリー予定です。


◎  大阪女学院:再来年からの入試要項を検討 

大阪女学院から入試状況の発表がありました

上宮の共学化に見られるように、最近、男子校・女子校は人気が低迷。
高校を含め、様々な学校が共学へと動いています。

しかし、そんな中で男子校・女子校であることを堅持する学校には、やはりそれだけの魅力があって、女子校の大谷や、男子校では清風など、共学でないメリットを生かした教育環境を作り上げています。

大阪女学院もそのひとつ。
キリスト教の精神を生かした生徒指導を行い、生徒一人一人の個性に応じて指導。
大学への進学目標も、個人の希望を生かして設定するそうです。

また、入試の方法も、ユニーク。
ここ数年、府下中学入試の解禁日をあえて選ばず、解禁二日目に「前期日程」入試を実施。
さらに、その中にA方式とB方式を設けています。

この「前期A方式」と「前期B方式」の違いですが、A方式が実質、専願といってもよいような仕組みです。
まずB方式の場合、入試日の翌日に発表がありますが、それから4日後に入学手続きを行います。
したがって、その間に他校を受験したり、他校の合否結果を待って手続きをすることが出来る。
言い換えると、大阪女学院に入学しなくてもいいわけです。
一方、A方式は、入試翌日に発表があり、発表当日に手続きと合格者面接を実施します。
発表の当日にすべてが決まるわけで、それ以降に他校を受験しにくくなっているわけです。

学校の先生の言葉をお借りすると、「専願であってほしい」入試ということになりますが、実際は、高校入試のように厳密なものではありませんから、合格+手続き=入学とならないケースも多いようです。

また、「試験~発表」までの期間が短くなってきたのもその原因のひとつ。
最近は、試験当日の夜にweb発表ということもめずらしくなくなっています。
結果が早くわかれば、それだけ対応も早くできるわけで、入試解禁日に大阪女学院を受験し、そこに合格した場合、2日目に試験を実施する大阪女学院を受験しないケースも出てくるわけです。

来春の入試では、大阪女学院も現行の入試日程に大きな変更は加えていません。
しかし、こういった他校の動きを考えると、改革の時期に来ていると判断されたようで、再来年からの変更を視野に入れ、現在、新システムをどのようなものにするか、実施の是非も含めて検討されているそうです。

その中には、入試日程の見直しはもちろん、判定科目の見直しも取り上げられているそうで、受験生全員に4教科入試を実施した上で、3教科・4教科の判定を行い、高得点を本人得点にするような方法も検討中とのこと。

具体的には、来年の夏期講習前には少しずつ発表されそうです。
判明しだい、ご連絡していきます。



◎  大阪女学院:再来年からの入試要項を検討 

大阪女学院から入試状況の発表がありました

上宮の共学化に見られるように、最近、男子校・女子校は人気が低迷。
高校を含め、様々な学校が共学へと動いています。

しかし、そんな中で男子校・女子校であることを堅持する学校には、やはりそれだけの魅力があって、女子校の大谷や、男子校では清風など、共学でないメリットを生かした教育環境を作り上げています。

大阪女学院もそのひとつ。
キリスト教の精神を生かした生徒指導を行い、生徒一人一人の個性に応じて指導。
大学への進学目標も、個人の希望を生かして設定するそうです。

また、入試の方法も、ユニーク。
ここ数年、府下中学入試の解禁日をあえて選ばず、解禁二日目に「前期日程」入試を実施。
さらに、その中にA方式とB方式を設けています。

この「前期A方式」と「前期B方式」の違いですが、A方式が実質、専願といってもよいような仕組みです。
まずB方式の場合、入試日の翌日に発表がありますが、それから4日後に入学手続きを行います。
したがって、その間に他校を受験したり、他校の合否結果を待って手続きをすることが出来る。
言い換えると、大阪女学院に入学しなくてもいいわけです。
一方、A方式は、入試翌日に発表があり、発表当日に手続きと合格者面接を実施します。
発表の当日にすべてが決まるわけで、それ以降に他校を受験しにくくなっているわけです。

学校の先生の言葉をお借りすると、「専願であってほしい」入試ということになりますが、実際は、高校入試のように厳密なものではありませんから、合格+手続き=入学とならないケースも多いようです。

また、「試験~発表」までの期間が短くなってきたのもその原因のひとつ。
最近は、試験当日の夜にweb発表ということもめずらしくなくなっています。
結果が早くわかれば、それだけ対応も早くできるわけで、入試解禁日に大阪女学院を受験し、そこに合格した場合、2日目に試験を実施する大阪女学院を受験しないケースも出てくるわけです。

来春の入試では、大阪女学院も現行の入試日程に大きな変更は加えていません。
しかし、こういった他校の動きを考えると、改革の時期に来ていると判断されたようで、再来年からの変更を視野に入れ、現在、新システムをどのようなものにするか、実施の是非も含めて検討されているそうです。

その中には、入試日程の見直しはもちろん、判定科目の見直しも取り上げられているそうで、受験生全員に4教科入試を実施した上で、3教科・4教科の判定を行い、高得点を本人得点にするような方法も検討中とのこと。

具体的には、来年の夏期講習前には少しずつ発表されそうです。
判明しだい、ご連絡していきます。




back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。