南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  文化と政策 

いよいよ明日から8月。
夏期講習会も中盤を迎えています。
私たちの塾でも、前期講習を終了し、今日から特別授業期間に入りました。

さて、受験勉強と平行して大切なのが、受験校選びです。
この夏休みの間に、学校を見学に行かれたり、とりあえず場所だけでも知っておこうというご家族もあるかもしれません。

一方で、なかなかわかりにくいのが、いわゆる「校風」です。


進路懇談・進路相談をしていても、校風に関する質問はたくさんいただきます。
ところが、これを伝えるのが難しい。
どうしても感覚的な表現になることが多いために、実際に伝わっているかどうか、不安になることもしばしばです。



最近、ある塾の先生とお話する機会をいただき、その中で出てきたのが以下のような内容。

例えば、東大寺学園の生徒たちは、のびのびと自由に過ごしている。
しかし、派手な服装をしたり、ルールを破ったりするような生徒も(ゼロではないにしてもほとんど)いない。
後から入った生徒たちも、ちゃんとその雰囲気を受け継いでいる。

毎年、卒業生を出し、入学生を迎え入れるということは、約6分の1の生徒が入れ替わるわけだが、その中で、そういった校風・気風を受け継いでいけるのは、そういったものが「文化」として学校に染み付いているからだ。


確かに、そのとおり。

そういった意味では、来年から共学化する上宮は、これまでの文化をどう継承し、発展させるのかといったところが気になります。

一方で、注意したいのは、どちらかといえば「若い」学校。
「文化」といえるほど熟成したものを持っていないことが多く、むしろ学校経営という視点に立った「政策」が、生徒指導に影響していることもしばしば。
もちろん政策にも、優・良・可…とあるわけで…。
こういったことも、学校選びの大切な視点かも知れません。

スポンサーサイト

◎  文化と政策 

いよいよ明日から8月。
夏期講習会も中盤を迎えています。
私たちの塾でも、前期講習を終了し、今日から特別授業期間に入りました。

さて、受験勉強と平行して大切なのが、受験校選びです。
この夏休みの間に、学校を見学に行かれたり、とりあえず場所だけでも知っておこうというご家族もあるかもしれません。

一方で、なかなかわかりにくいのが、いわゆる「校風」です。


進路懇談・進路相談をしていても、校風に関する質問はたくさんいただきます。
ところが、これを伝えるのが難しい。
どうしても感覚的な表現になることが多いために、実際に伝わっているかどうか、不安になることもしばしばです。



最近、ある塾の先生とお話する機会をいただき、その中で出てきたのが以下のような内容。

例えば、東大寺学園の生徒たちは、のびのびと自由に過ごしている。
しかし、派手な服装をしたり、ルールを破ったりするような生徒も(ゼロではないにしてもほとんど)いない。
後から入った生徒たちも、ちゃんとその雰囲気を受け継いでいる。

毎年、卒業生を出し、入学生を迎え入れるということは、約6分の1の生徒が入れ替わるわけだが、その中で、そういった校風・気風を受け継いでいけるのは、そういったものが「文化」として学校に染み付いているからだ。


確かに、そのとおり。

そういった意味では、来年から共学化する上宮は、これまでの文化をどう継承し、発展させるのかといったところが気になります。

一方で、注意したいのは、どちらかといえば「若い」学校。
「文化」といえるほど熟成したものを持っていないことが多く、むしろ学校経営という視点に立った「政策」が、生徒指導に影響していることもしばしば。
もちろん政策にも、優・良・可…とあるわけで…。
こういったことも、学校選びの大切な視点かも知れません。

◎  共学化に大きな期待! 上宮中学校 

気象の世界では「特異日」というものがあるそうで、過去30年間の天候を調べると、ほとんど晴れている、あるいは雨である日のことだそうです。
例えば、東京オリンピックの開会式が行われた10月10日は晴れの特異日。
当日も、見事な晴天でした。

逆に、先日の「七夕」(7月7日)は雨の特異日。
なんだか、毎年、雨のような気がします。

さて、その7月7日に開催されたのが上宮の塾対象説明会。
こちらは、昨年までにない風景で「特異日」でした。

来春の入試から女子の募集を開始し、共学校となる上宮ですが、大変な注目を集めているようです。
まず、会場に到着して、最初に気づいたのが、来場者に女性の方が多いということ。
「共学化」に対して、女性の目できちんと判断していただくのはいいことです。
また、会場の最後部には大きなカメラがあります。
ビデオで記録しているのかと思いましたら、会場に入りきれない方があり、別の部屋にモニターを設けて、そこへ中継しているとのこと。
学校側の予想を超える反響があったということでしょうか。

さて、肝心な中身ですが、来年度から共学化する意義については、以下のような説明がありました。

-----共学化の目的
     女性の社会への参画が当たり前となった時代に、性差を意識せず、
     お互いに協力し高めあう環境が必要。
     上宮としても10年・20年先に活きる教育を行うことを理念としており、
     共学化の必要を感じていた。
-----共学化のタイミング
     今年、学園は120周年。来年は121年魔という新しい節目の年であることに加え、
     パワーコースから初の卒業生があり、更なる活性化を目指した。
-----共学化の基本方針
     社会で必要な資質の向上・全人教育を目標とした上宮教育の基本理念は堅持。
     当然、女子生徒についても、社会で活躍し社会に貢献したいという生徒を
     育ててゆく。

このように、これまでの伝統を堅持しながら、同時に時代の変化に対応していくということを「変わらぬ強さと変わりゆく強さ」と表しておられました。


気になる入試ですが、中学入試は今春と同じ160名の募集。
募集人数・合否基準ともに男女差は設けないとのこと。
つまり、男女関係なく、成績順に合否が決まるということです。

注目したいのは、入試日程です。
入試機会は、3回。
1次は、もちろん1月15日土曜日の解禁日ですが、2次Aは1月17日月曜日に、そして2次Bは1月17日月曜日の午後3時から実施されます。
最近、増えてきている午後入試を取り入れたというわけです。



入学した生徒さんの、成長の段階をしっかりと見つめながら指導していただけるというのが、私の上宮に対する一番の印象。
1次・2次をとわず、受験の可能性があるならば、10月17日日曜日の体験学習会などに参加し、学校の様子を見てください。


最後に、ひとつだけ気になったことを。
説明会そのものは、昨年と同じ、つまり、これまでの男子校の上宮でした。
それでも、今後の保護者対象の説明会などでは、「女子が生活する場」としての上宮の姿を、もっともっと見せていただけると思います。





◎  共学化に大きな期待! 上宮中学校 


共学化に大きな期待! 上宮中学校
気象の世界では「特異日」というものがあるそうで、過去30年間の天候を調べると、ほとんど晴れている、あるいは雨である日のことだそうです。
例えば、東京オリンピックの開会式が行われた10月10日は晴れの特異日。
当日も、見事な晴天でした。

逆に、先日の「七夕」(7月7日)は雨の特異日。
なんだか、毎年、雨のような気がします。

さて、その7月7日に開催されたのが上宮の塾対象説明会。
こちらは、昨年までにない風景で「特異日」でした。

来春の入試から女子の募集を開始し、共学校となる上宮ですが、大変な注目を集めているようです。
まず、会場に到着して、最初に気づいたのが、来場者に女性の方が多いということ。
「共学化」に対して、女性の目できちんと判断していただくのはいいことです。
また、会場の最後部には大きなカメラがあります。
ビデオで記録しているのかと思いましたら、会場に入りきれない方があり、別の部屋にモニターを設けて、そこへ中継しているとのこと。
学校側の予想を超える反響があったということでしょうか。

さて、肝心な中身ですが、来年度から共学化する意義については、以下のような説明がありました。

-----共学化の目的
     女性の社会への参画が当たり前となった時代に、性差を意識せず、
     お互いに協力し高めあう環境が必要。
     上宮としても10年・20年先に活きる教育を行うことを理念としており、
     共学化の必要を感じていた。
-----共学化のタイミング
     今年、学園は120周年。来年は121年魔という新しい節目の年であることに加え、
     パワーコースから初の卒業生があり、更なる活性化を目指した。
-----共学化の基本方針
     社会で必要な資質の向上・全人教育を目標とした上宮教育の基本理念は堅持。
     当然、女子生徒についても、社会で活躍し社会に貢献したいという生徒を
     育ててゆく。

このように、これまでの伝統を堅持しながら、同時に時代の変化に対応していくということを「変わらぬ強さと変わりゆく強さ」と表しておられました。


気になる入試ですが、中学入試は今春と同じ160名の募集。
募集人数・合否基準ともに男女差は設けないとのこと。
つまり、男女関係なく、成績順に合否が決まるということです。

注目したいのは、入試日程です。
入試機会は、3回。
1次は、もちろん1月15日土曜日の解禁日ですが、2次Aは1月17日月曜日に、そして2次Bは1月17日月曜日の午後3時から実施されます。
最近、増えてきている午後入試を取り入れたというわけです。



入学した生徒さんの、成長の段階をしっかりと見つめながら指導していただけるというのが、私の上宮に対する一番の印象。
1次・2次をとわず、受験の可能性があるならば、10月17日日曜日の体験学習会などに参加し、学校の様子を見てください。


最後に、ひとつだけ気になったことを。
説明会そのものは、昨年と同じ、つまり、これまでの男子校の上宮でした。
それでも、今後の保護者対象の説明会などでは、「女子が生活する場」としての上宮の姿を、もっともっと見せていただけると思います。





◎  五ッ木・駸々堂の寸評です 

一応、できるだけ更新を心がけようと思いながら、なかなか果たせない毎日が続いています。
一つの理由は、歯の治療。
実は、極度の歯医者嫌いで、週に1回の治療のたびに、かなりのエネルギーを使うんです。
先生は、とてもきちんとしていただくんですが、どうも生理的にあわないというか…。
今から来週の火曜日がきになって仕方がありません。


さて、日曜日に実施された五ッ木・駸々堂のテストに関して、寸評です。
一昨年・昨年と比較して、算数のレベルが揺れているように感じます。

五ッ木・駸々堂のやり直し学習会では、おもに前半の基本問題を集中して指導しましたが、後半には、難しい問題もありました。
以下、あくまでも私の感想ですが、ご参考になれば…。


》》》算数------------------------------------------------------------

毎年、7月のテストから総合問題の色合いが濃くなるため、訓練が十分でないと、ひときわ難しく感じる傾向がある。
ただし、今回の問題を見ると、「典型的で解きやすい問題」(大問2の各問題、大問3-(1),(2)、大問5-(3)など)と、「典型問題を発展させた問題」(大問5-(1),(2)、大問6など)に大きく二分される。
この時期は、臨機応変に問題の程度を判断できない子供たちがほとんどだと思うが、全問にまじめに取り組むことで時間が不足したりして、失点をしている場合があるのではないか。
一方で、解ける問題を「摘まみ食い」できた生徒さんは、得点を確保している可能性がある。
平均点は、昨年を下回り、場合によっては、30代ではないか。


》》》国語------------------------------------------------------------

五ッ木・駸々堂の国語といえば、文章内容が難解な場合が多い。
しかし、今回の2問とも、小学校6年生の子供たちの感覚・感性にそった内容だったように思う。
特に、物語文の出題では、長文の中の一部分が出題されるケースが多いのに対して、今回の大問1では、おそらく作品のほとんど全部が掲載してあるため、場面や心情の変化、出来事の推移などがとらえやすかったと思う。
ただし、心配なのは、ボキャブラリの数。
どれだけ言葉を知っているかということで、大問1の(7)では解説なしに「頭のしんがほてってきた」とある。
また、大問2の(2)も同様。
さらに、大問2では文章中に難しい熟語がちりばめられている。
そういった点を理解し、また、さまざまな問題のパターンに慣れているほうが、今回の試験では有利。
「解き方」=文章を読んで理解し、出題の意図をつかみ、求められている答えを判断し、さらにそれを書く力が身についているかどうかを見るにはよいテストだと思う。
成績が悪ければ、それを反省材料として、夏期の学習に活かせばよい。

》》》理科------------------------------------------------------------

典型的な問題が多く、基礎・基本を測り、さらに計算に対応する基礎力を見る良問。
むしろ、以前の問題のほうが歯ごたえのある問題が多くあったように思う。
しかし、このテストできちんと点数を取れているかどうかは、少々、別問題。
知っている~覚えている~解けるという各段階をきちんと経て、出題に対して正答を書く練習がどれほどできているかどうかがわかる問題。

》》》社会------------------------------------------------------------

理科と比較すると、結構、歯ごたえがある。
特に大問3番の産業別人口比率の三角グラフは、始めてみる生徒さんが多いのではないか。
大問の1番にしても、奈良時代から江戸時代ということで、時代の幅も広がり、総合問題化している。
社会でも、実戦力を測ることができたのではないか。


試験後、しっかりやっておかないといけないのは、やり直しです。
また、成績が返却された後には、「できている単元」「できていない単元」を把握し、さらに「できなかった理由」をつかむこと。
おそらく、夏期講習の直前という時期にはなりますが、結果から「夏期講習会の学習目標」を探ることができるはずです。

航路開拓舎では、小6の夏期講習会を「単元別の学習から総合問題への対応」「融合問題・発展問題を知り、実戦力を磨く」時期だと考えています。
単純にいうと「実力をテストに表現できるようになる、基本の練習をしましょう」ということです。

今回の五ッ木・駸々堂のテストは、「実戦力」の有無を測るにはいいテストだと思います。
ある意味、悪い点数を取るほうが、今後の課題がしっかりわかるわけですから、点数の「よい」「悪い」だけに注目せず、今後の勉強の材料として活用してください。




◎  五ッ木・駸々堂の寸評です 

一応、できるだけ更新を心がけようと思いながら、なかなか果たせない毎日が続いています。
一つの理由は、歯の治療。
実は、極度の歯医者嫌いで、週に1回の治療のたびに、かなりのエネルギーを使うんです。
先生は、とてもきちんとしていただくんですが、どうも生理的にあわないというか…。
今から来週の火曜日がきになって仕方がありません。


さて、日曜日に実施された五ッ木・駸々堂のテストに関して、寸評です。
一昨年・昨年と比較して、算数のレベルが揺れているように感じます。

五ッ木・駸々堂のやり直し学習会では、おもに前半の基本問題を集中して指導しましたが、後半には、難しい問題もありました。
以下、あくまでも私の感想ですが、ご参考になれば…。


》》》算数------------------------------------------------------------

毎年、7月のテストから総合問題の色合いが濃くなるため、訓練が十分でないと、ひときわ難しく感じる傾向がある。
ただし、今回の問題を見ると、「典型的で解きやすい問題」(大問2の各問題、大問3-(1),(2)、大問5-(3)など)と、「典型問題を発展させた問題」(大問5-(1),(2)、大問6など)に大きく二分される。
この時期は、臨機応変に問題の程度を判断できない子供たちがほとんどだと思うが、全問にまじめに取り組むことで時間が不足したりして、失点をしている場合があるのではないか。
一方で、解ける問題を「摘まみ食い」できた生徒さんは、得点を確保している可能性がある。
平均点は、昨年を下回り、場合によっては、30代ではないか。


》》》国語------------------------------------------------------------

五ッ木・駸々堂の国語といえば、文章内容が難解な場合が多い。
しかし、今回の2問とも、小学校6年生の子供たちの感覚・感性にそった内容だったように思う。
特に、物語文の出題では、長文の中の一部分が出題されるケースが多いのに対して、今回の大問1では、おそらく作品のほとんど全部が掲載してあるため、場面や心情の変化、出来事の推移などがとらえやすかったと思う。
ただし、心配なのは、ボキャブラリの数。
どれだけ言葉を知っているかということで、大問1の(7)では解説なしに「頭のしんがほてってきた」とある。
また、大問2の(2)も同様。
さらに、大問2では文章中に難しい熟語がちりばめられている。
そういった点を理解し、また、さまざまな問題のパターンに慣れているほうが、今回の試験では有利。
「解き方」=文章を読んで理解し、出題の意図をつかみ、求められている答えを判断し、さらにそれを書く力が身についているかどうかを見るにはよいテストだと思う。
成績が悪ければ、それを反省材料として、夏期の学習に活かせばよい。

》》》理科------------------------------------------------------------

典型的な問題が多く、基礎・基本を測り、さらに計算に対応する基礎力を見る良問。
むしろ、以前の問題のほうが歯ごたえのある問題が多くあったように思う。
しかし、このテストできちんと点数を取れているかどうかは、少々、別問題。
知っている~覚えている~解けるという各段階をきちんと経て、出題に対して正答を書く練習がどれほどできているかどうかがわかる問題。

》》》社会------------------------------------------------------------

理科と比較すると、結構、歯ごたえがある。
特に大問3番の産業別人口比率の三角グラフは、始めてみる生徒さんが多いのではないか。
大問の1番にしても、奈良時代から江戸時代ということで、時代の幅も広がり、総合問題化している。
社会でも、実戦力を測ることができたのではないか。


試験後、しっかりやっておかないといけないのは、やり直しです。
また、成績が返却された後には、「できている単元」「できていない単元」を把握し、さらに「できなかった理由」をつかむこと。
おそらく、夏期講習の直前という時期にはなりますが、結果から「夏期講習会の学習目標」を探ることができるはずです。

航路開拓舎では、小6の夏期講習会を「単元別の学習から総合問題への対応」「融合問題・発展問題を知り、実戦力を磨く」時期だと考えています。
単純にいうと「実力をテストに表現できるようになる、基本の練習をしましょう」ということです。

今回の五ッ木・駸々堂のテストは、「実戦力」の有無を測るにはいいテストだと思います。
ある意味、悪い点数を取るほうが、今後の課題がしっかりわかるわけですから、点数の「よい」「悪い」だけに注目せず、今後の勉強の材料として活用してください。




◎  清教学園 2011年度の要項が発表されました 

清教学園から、2011年度の入試要項が発表になりました。。
以下がその概要です。

2011入試要 ■清教学園中学校
入試機会 前期 後期
募集人員 約210名
S特進コースI類…約110名
S特進コースII類約100名
約30名
S特進コースI類…約10名
S特進コースII類…約20名
入試科目 国語・算数(60分100点)
社会・理科(30分50点)
判定方法 ①4教科合計300点
②3教科(算国理)250点×1.2=300点

①②のうち、高いほうを本人の得点として判定。

※II類からI類への転科合格制度あり
出願期間 12/24/金~01/08/土 12/24/金~01/08/土
01/16/日
試験日 1/15/土 1/17/月
発表日 Web:1/15/土21:00以降
掲示1/16/日09:00
Web:1/17/土21:00以降
掲示1/18/火09:00
発表方法
手続き
締め切り
専願合格者
01/16/日
児童・保護者同伴必須
1/17/月
保護者のみ
併願合格者
01/20/木
児童・保護者同伴必須
01/20/木
児童・保護者同伴必須
[注]作成には万全を期していますが、必ず学校発表のもので確認してください。

基本的には、今春の入試要項と同じですが、前期のS特進II類の募集人員が、今春は約90名だったものが、来春は約100名に増加。
一方、後期は約30名から約20名に減っています。

どこの学校も同じですが、やはり、入試解禁日(1月15日)の受験は、専願の色合いが強いわけで、清教学園の場合、そういった受験生の願いにこたえるための変更ではないかと思います。

また、後期入試では、清風南海など、レベルの高い学校との併願で受験する方も多いわけで、前期よりも難しくなっています。
そういったことからの判断もあるかもしれません。

まだ、入試日程の全体像が見えていませんので、詳しい判断は出来ませんが、今後、判明しだいご報告します。




   》》》清教学園ホームページ  》》入学案内





◎  清教学園 2011年度の要項が発表されました 

清教学園から、2011年度の入試要項が発表になりました。。
以下がその概要です。

2011入試要 ■清教学園中学校
入試機会 前期 後期
募集人員 約210名
S特進コースI類…約110名
S特進コースII類約100名
約30名
S特進コースI類…約10名
S特進コースII類…約20名
入試科目 国語・算数(60分100点)
社会・理科(30分50点)
判定方法 ①4教科合計300点
②3教科(算国理)250点×1.2=300点

①②のうち、高いほうを本人の得点として判定。

※II類からI類への転科合格制度あり
出願期間 12/24/金~01/08/土 12/24/金~01/08/土
01/16/日
試験日 1/15/土 1/17/月
発表日 Web:1/15/土21:00以降
掲示1/16/日09:00
Web:1/17/土21:00以降
掲示1/18/火09:00
発表方法
手続き
締め切り
専願合格者
01/16/日
児童・保護者同伴必須
1/17/月
保護者のみ
併願合格者
01/20/木
児童・保護者同伴必須
01/20/木
児童・保護者同伴必須
[注]作成には万全を期していますが、必ず学校発表のもので確認してください。

基本的には、今春の入試要項と同じですが、前期のS特進II類の募集人員が、今春は約90名だったものが、来春は約100名に増加。
一方、後期は約30名から約20名に減っています。

どこの学校も同じですが、やはり、入試解禁日(1月15日)の受験は、専願の色合いが強いわけで、清教学園の場合、そういった受験生の願いにこたえるための変更ではないかと思います。

また、後期入試では、清風南海など、レベルの高い学校との併願で受験する方も多いわけで、前期よりも難しくなっています。
そういったことからの判断もあるかもしれません。

まだ、入試日程の全体像が見えていませんので、詳しい判断は出来ませんが、今後、判明しだいご報告します。




   》》》清教学園ホームページ  》》入学案内






back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。