南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「リベンジ」の資料として活用しよう! 第2回五ッ木・駸々堂結果 

第2回の五ッ木・駸々堂の成績が返却されています。
5/16/日にエントリーした表に、今回の平均等を盛り込んだのが以下の表になります。

■第2回五ッ木・駸々堂データ比較
データ比較 平均点 標準偏差
2008年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 5340 人 43 36 37 45 162 116 79 17.6 19.3 16.4 20.4 62.9 46.5 32.9
大阪 3112 人 42 36 38 48 168 *** ***
2009年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 4618 人 37 36 49 44 166 122 73 15.9 19.4 16 17.5 58.6 44.2 31.2
大阪 2867 人 36 35 48 43 162 *** ***
2010年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 4412 人 42 34 45 52 175 122 77 16.5 21.7 14.3 18.5 60.1 45.1 33.6
大阪 2423 人 41 33 44 51 171 *** ***
■第1回五ッ木・駸々堂結果(前回の結果)
2010年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 3146 人 54 46 52 47 200 153 100 17.6 22.5 13.3 15.3 57.9 45.6 35.6
大阪 1816 人 53 45 51 47 197 *** ***


受験者数を見てみると、ここ3年間、減少しています。
今年度の受験者数を2008年度と比較すると82.6%ですが、大阪府は77.9%と、一段と大きな落ち込みになりました。
また、第1回目の結果をまとめたときにも指摘しましたが、算数の標準偏差の広がりが気になります。

5/16/日のエントリーでは、昨年より平均点が高くなるのではないかという予想をしましたが、4教科では10点ほど高くなりました。
しかし、正直なところ、平均を引き上げているのは国語と社会科で、これは意外な感じ。
算数・理科についても、上昇傾向があるのではないかと思っていました。

資料集「6年のまとめ」に掲載されている設問別の正答率表を見ても、正答率が50%を越えているのは、計算問題と平面図形の角度ぐらい。
特に文章題はほとんどの問題が低い正答率になっています。


前回の第1回の試験と比較すると、大阪では約600名、全体では約1300名が増えています。
前回の試験を受けても、今回のテストは受けていない生徒さんもあるはずですから、もしかしたら、「はじめて五ッ木・駸々堂を受験した」という方が多くあるのかもしれません。
そういった、初々しい受験生の集団ならば、上記のような傾向もあるかもしれません。


その場合、気になるのは志望校の判定結果だと思いますが、この時期はどんな結果が出ていても、(きちんと分析することは必要ですが)単に、落ち込んだり、ましてや志望校を変更するなど、必要ありません。

当塾では、判定結果が「D」であっても、「受験資格有り」だと考えます。
明日、入試があるならば無理ですが、適切な準備をすることで、合格を手にする方が多いのです。
単純に「良い」「悪い」で判断せずに、どこがどう「良かったか」「悪かったか」を判断し、次への資料としてください。



※上記記事は、一部、データに誤りがありましたので、修正するとともに、関連する記事の内容も変更いたしました。
 データの誤りについては、当Blogの読者の方からご指摘がありました。大変、ありがとうございました。
 また、今後、このようなことがないよう、極力、注意いたしますが、万一、訂正・修正の必要を発見された場合、
 ご連絡下さい。
 確認の上、訂正いたします。

スポンサーサイト

◎  「リベンジ」の資料として活用しよう! 第2回五ッ木・駸々堂結果 

第2回の五ッ木・駸々堂の成績が返却されています。
5/16/日にエントリーした表に、今回の平均等を盛り込んだのが以下の表になります。

■第2回五ッ木・駸々堂データ比較
データ比較 平均点 標準偏差
2008年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 5340 人 43 36 37 45 162 116 79 17.6 19.3 16.4 20.4 62.9 46.5 32.9
大阪 3112 人 42 36 38 48 168 *** ***
2009年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 4618 人 37 36 49 44 166 122 73 15.9 19.4 16 17.5 58.6 44.2 31.2
大阪 2867 人 36 35 48 43 162 *** ***
2010年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 4412 人 42 34 45 52 175 122 77 16.5 21.7 14.3 18.5 60.1 45.1 33.6
大阪 2423 人 41 33 44 51 171 *** ***
■第1回五ッ木・駸々堂結果(前回の結果)
2010年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 3146 人 54 46 52 47 200 153 100 17.6 22.5 13.3 15.3 57.9 45.6 35.6
大阪 1816 人 53 45 51 47 197 *** ***


受験者数を見てみると、ここ3年間、減少しています。
今年度の受験者数を2008年度と比較すると82.6%ですが、大阪府は77.9%と、一段と大きな落ち込みになりました。
また、第1回目の結果をまとめたときにも指摘しましたが、算数の標準偏差の広がりが気になります。

5/16/日のエントリーでは、昨年より平均点が高くなるのではないかという予想をしましたが、4教科では10点ほど高くなりました。
しかし、正直なところ、平均を引き上げているのは国語と社会科で、これは意外な感じ。
算数・理科についても、上昇傾向があるのではないかと思っていました。

資料集「6年のまとめ」に掲載されている設問別の正答率表を見ても、正答率が50%を越えているのは、計算問題と平面図形の角度ぐらい。
特に文章題はほとんどの問題が低い正答率になっています。


前回の第1回の試験と比較すると、大阪では約600名、全体では約1300名が増えています。
前回の試験を受けても、今回のテストは受けていない生徒さんもあるはずですから、もしかしたら、「はじめて五ッ木・駸々堂を受験した」という方が多くあるのかもしれません。
そういった、初々しい受験生の集団ならば、上記のような傾向もあるかもしれません。


その場合、気になるのは志望校の判定結果だと思いますが、この時期はどんな結果が出ていても、(きちんと分析することは必要ですが)単に、落ち込んだり、ましてや志望校を変更するなど、必要ありません。

当塾では、判定結果が「D」であっても、「受験資格有り」だと考えます。
明日、入試があるならば無理ですが、適切な準備をすることで、合格を手にする方が多いのです。
単純に「良い」「悪い」で判断せずに、どこがどう「良かったか」「悪かったか」を判断し、次への資料としてください。



※上記記事は、一部、データに誤りがありましたので、修正するとともに、関連する記事の内容も変更いたしました。
 データの誤りについては、当Blogの読者の方からご指摘がありました。大変、ありがとうございました。
 また、今後、このようなことがないよう、極力、注意いたしますが、万一、訂正・修正の必要を発見された場合、
 ご連絡下さい。
 確認の上、訂正いたします。

◎  初芝立命館:平成23年度募集概要発表 

先日の初芝富田林に続いて、今日は初芝立命館の入試日程です。
初芝系列は動きが早い。


2011入試要 ■初芝立命館中学校
入試機会 A日程(専願) B日程(併願) C日程(専願)
募集人員 120名(男女) 立命館コース80名・グローバルコース(40名)
入試科目 【立命館コース】
筆記:国算(50分100点)+理社(30分50点)=300点満点
面接:A日程のみ 受験生のみ対象の個人面接

【グローバルコース】
筆記:国算(50分100点)=200点満点
面接:A日程のみ 受験生のみ対象の個人面接
判定方法 上記の試験結果でそれぞれ判定
出願期間 1/7/金~1/14/金 1/7/金~1/17/月
試験日 1/15/土 1/16/日 1/18/火
発表日 1/15/土 1/16/日 1/18/火
発表方法 1/15/土…HPにて発表
1/16/日 学内に掲示
1/16/日…HPにて発表
1/17/月速達発送
1/18/火…HPにて発表
1/19/水速達発送
手続き
締め切り
1/18/火 15:00まで 1/19/水 15:00まで 1/21/金 15:00まで
[注]作成には万全を期していますが、必ず学校発表のもので確認してください。

上記のデータですが、これも初芝富田林同様、来年度募集用のパンフレットに掲載されたもの。

さて、そのパンフレットの中に「Access」ページがあります。
始業の8:30に間に合うためには、何時の電車に乗ればいいのかという一覧ですが、学校のある北野田周辺+北野田以南では、富田林・岸和田・和泉中央・河内長野を掲載。
大変にローカル色が強いわけです。

一方、北のほうに注目すると、府下では千里中央・高槻・枚方など。
また、他府県では、京都・宝塚・三宮・近鉄奈良・王子と、広域が掲載されています。

これは、まさに初芝立命館の受験者の広がりに合致するわけです。
パンフレットによると、吹田・枚方・門真・奈良・兵庫・京都などからも入学生があるとのこと。


数年前までは、堺市のローカル校といった存在でしたが、最近はかなり様変わりしています。
実際に、大阪北部からも多数の受験生を集めている。
来年度からは高校も同じ校地に移転し、実質的な6年一貫体制が整うわけで、しっかり注目しておくことが必要ですね。


◎  初芝立命館:平成23年度募集概要発表 

先日の初芝富田林に続いて、今日は初芝立命館の入試日程です。
初芝系列は動きが早い。


2011入試要 ■初芝立命館中学校
入試機会 A日程(専願) B日程(併願) C日程(専願)
募集人員 120名(男女) 立命館コース80名・グローバルコース(40名)
入試科目 【立命館コース】
筆記:国算(50分100点)+理社(30分50点)=300点満点
面接:A日程のみ 受験生のみ対象の個人面接

【グローバルコース】
筆記:国算(50分100点)=200点満点
面接:A日程のみ 受験生のみ対象の個人面接
判定方法 上記の試験結果でそれぞれ判定
出願期間 1/7/金~1/14/金 1/7/金~1/17/月
試験日 1/15/土 1/16/日 1/18/火
発表日 1/15/土 1/16/日 1/18/火
発表方法 1/15/土…HPにて発表
1/16/日 学内に掲示
1/16/日…HPにて発表
1/17/月速達発送
1/18/火…HPにて発表
1/19/水速達発送
手続き
締め切り
1/18/火 15:00まで 1/19/水 15:00まで 1/21/金 15:00まで
[注]作成には万全を期していますが、必ず学校発表のもので確認してください。

上記のデータですが、これも初芝富田林同様、来年度募集用のパンフレットに掲載されたもの。

さて、そのパンフレットの中に「Access」ページがあります。
始業の8:30に間に合うためには、何時の電車に乗ればいいのかという一覧ですが、学校のある北野田周辺+北野田以南では、富田林・岸和田・和泉中央・河内長野を掲載。
大変にローカル色が強いわけです。

一方、北のほうに注目すると、府下では千里中央・高槻・枚方など。
また、他府県では、京都・宝塚・三宮・近鉄奈良・王子と、広域が掲載されています。

これは、まさに初芝立命館の受験者の広がりに合致するわけです。
パンフレットによると、吹田・枚方・門真・奈良・兵庫・京都などからも入学生があるとのこと。


数年前までは、堺市のローカル校といった存在でしたが、最近はかなり様変わりしています。
実際に、大阪北部からも多数の受験生を集めている。
来年度からは高校も同じ校地に移転し、実質的な6年一貫体制が整うわけで、しっかり注目しておくことが必要ですね。


◎  初芝富田林:23年度入試要項発表 

Twitterでご報告しましたように、初芝富田林中学校から入試要項が発表になりました。
以下がその概要です。

2011入試要 ■初芝富田林中学校
入試機会 一次 中期Ⅲ類 二次
募集人員 Ⅰ類…80名 Ⅱ類…40名 Ⅲ類(文・理・医進選抜)…40名
入試科目 国算(50分100点)+理社(40分50点)
出願時に3科or4科を選択
国算(50分100点)+理科(40分50点)
3教科型のみ
国算(50分100点)+理社(40分50点)
出願時に3科or4科を選択
判定方法 3教科型は合計を1.2倍し300点満点として判定
4教科型は3教科を1.2倍したものと4教科の合計得点を比較し、いずれか高いほうで判定
転コース合格あり
3教科合計得点を1.2倍し
300点満点で判定
3教科型は合計を1.2倍し300点満点として判定
4教科型は3教科を1.2倍したものと4教科の合計得点を比較し、いずれか高いほうで判定
転コース合格あり
出願期間 1/6/木~1/12/水 1/6/木~1/16/日
1/16は8:45まで
1/6/木~1/19/水
1/19は8:00まで
試験日 1/15/土 1/16/日 1/19/水
発表日 1/15/土 1/16/日 1/20/木
発表方法 1/15/土…HP速報(22:00ごろ)
1/16/日速達を朝に郵送
1/16/日…HP速報(夜)
1/17/月速達を朝に郵送
1/20/木…正午HP速報
同日速達郵送
手続き
締め切り
1/18/火 15:00まで 1/19/水 15:00まで 1/21/金 15:00まで
[注]作成には万全を期していますが、必ず学校発表のもので確認してください。

上記のデータですが、来年度募集用のパンフレットに掲載されたもの。

昨年と同様に、ほとんどの学校は、まだパンフレットを作成していませんが、初芝富田林はいち早く作成し、Ⅲ類+Ⅱ類+Ⅰ類の新募集体制をアピールする構えです。

日程面では、昨年度と全く同じ流れになります。
また、入試科目や判定方法も変わっていません。

しかし、これまで「中期医進」~「中期Ⅲ類」と、中期に設定された募集コースのシバリが外れ、全コースへの出願となったのが大きな変更。
入試科目が3教科のみになっていますが、実質的には3回の入試機会を設けたことになります。

また、3回目の入試である「二次」において、当日の朝の出願を可能にしたのも大きな変更です。
今春は中期のみで実施されましたが、そのシステムを二次にも拡張。
最近増えてきたインターネット発表が夜間に行なわれることを見越して、翌日の朝に出願可能としたのでしょうか。

受験生の立場からすると、なるべく無駄な受験(体力面でも費用面でも…)は避けたいはずですから、ギリギリまで待っていただけるのはありがたいかもしれません。
しかし、一方で、受験することが決まるまで時間がかかるわけで、そういう面での負担が増えるかもしれません。

何校受験するのか、受験パターンはどうなるのかなどは、もっと後に決めるわけですが、こういった初芝富田林のシステムは、しっかり念頭において判断するほうがいいかもしません。

◎  初芝富田林:23年度入試要項発表 

Twitterでご報告しましたように、初芝富田林中学校から入試要項が発表になりました。
以下がその概要です。

2011入試要 ■初芝富田林中学校
入試機会 一次 中期Ⅲ類 二次
募集人員 Ⅰ類…80名 Ⅱ類…40名 Ⅲ類(文・理・医進選抜)…40名
入試科目 国算(50分100点)+理社(40分50点)
出願時に3科or4科を選択
国算(50分100点)+理科(40分50点)
3教科型のみ
国算(50分100点)+理社(40分50点)
出願時に3科or4科を選択
判定方法 3教科型は合計を1.2倍し300点満点として判定
4教科型は3教科を1.2倍したものと4教科の合計得点を比較し、いずれか高いほうで判定
転コース合格あり
3教科合計得点を1.2倍し
300点満点で判定
3教科型は合計を1.2倍し300点満点として判定
4教科型は3教科を1.2倍したものと4教科の合計得点を比較し、いずれか高いほうで判定
転コース合格あり
出願期間 1/6/木~1/12/水 1/6/木~1/16/日
1/16は8:45まで
1/6/木~1/19/水
1/19は8:00まで
試験日 1/15/土 1/16/日 1/19/水
発表日 1/15/土 1/16/日 1/20/木
発表方法 1/15/土…HP速報(22:00ごろ)
1/16/日速達を朝に郵送
1/16/日…HP速報(夜)
1/17/月速達を朝に郵送
1/20/木…正午HP速報
同日速達郵送
手続き
締め切り
1/18/火 15:00まで 1/19/水 15:00まで 1/21/金 15:00まで
[注]作成には万全を期していますが、必ず学校発表のもので確認してください。

上記のデータですが、来年度募集用のパンフレットに掲載されたもの。

昨年と同様に、ほとんどの学校は、まだパンフレットを作成していませんが、初芝富田林はいち早く作成し、Ⅲ類+Ⅱ類+Ⅰ類の新募集体制をアピールする構えです。

日程面では、昨年度と全く同じ流れになります。
また、入試科目や判定方法も変わっていません。

しかし、これまで「中期医進」~「中期Ⅲ類」と、中期に設定された募集コースのシバリが外れ、全コースへの出願となったのが大きな変更。
入試科目が3教科のみになっていますが、実質的には3回の入試機会を設けたことになります。

また、3回目の入試である「二次」において、当日の朝の出願を可能にしたのも大きな変更です。
今春は中期のみで実施されましたが、そのシステムを二次にも拡張。
最近増えてきたインターネット発表が夜間に行なわれることを見越して、翌日の朝に出願可能としたのでしょうか。

受験生の立場からすると、なるべく無駄な受験(体力面でも費用面でも…)は避けたいはずですから、ギリギリまで待っていただけるのはありがたいかもしれません。
しかし、一方で、受験することが決まるまで時間がかかるわけで、そういう面での負担が増えるかもしれません。

何校受験するのか、受験パターンはどうなるのかなどは、もっと後に決めるわけですが、こういった初芝富田林のシステムは、しっかり念頭において判断するほうがいいかもしません。

◎  帝塚山学院(住吉):来年度入試で3教科入試を導入 

帝塚山学院(住吉):来年度入試で3教科入試を導入
Twitterでもご報告しましたが、今日、帝塚山学院で塾対象の説明会がありました。

今春の入試では、女子の各中学校が生徒確保に苦労する中で、新しく1次B入試を設けた帝塚山学院は、出願者数が昨年の320名から522名と、前年比163%の大きな伸び。
入学者も定員を超えて確保するなど、大変に好調な動きを見せています。

昨年度にプレテストを2回実施し、その2回目を関学内で実施するなど、これまで数年間を経て行ってきた学院の改革が形になってきているようです。
特に、兵庫県南部からのイベント参加・出願などが増えているそうで、ともすれば大阪のローカル校的イメージだったわけですが、そういった面からも変化しているように感じます。


さて、来年度入試での変更点ですが、募集人員などは変更ないものの、入試科目が一新されます。

■帝塚山学院 来年度入試 入試科目(全日程)
    関学コース
      4教科 国語100+算数100+理科50+社会50=300点満点
      3教科 (国100+算100+理50)×1.2or(国100+算100+社50)×1.2=300点満点
      
    ヴェルジェコース
      4教科 国語100+算数100+理科50+社会50=300点満点
      3教科 (国100+算100+理50)×1.2or(国100+算100+社50)×1.2=300点満点
      2教科 (国語100+算数100)×1.5=300点満点
   
   ○3教科受験生は受験前に「算国理」か「算国社」を選択します。
   ○判定方法は…
   例)ヴェルジェ4科受験者は4科・3科・2科で採点し、もっとも高い点数で判定。


  ※詳細は、今後発表される学校側の入試要項などでご確認下さい。


今春の入試と比較すると、3教科入試を導入し、関学コースの2教科入試を廃した形になります。


さて、男子で進んできた4教科入試⇒3教科入試への変更の波が、女子にも及んできたわけです。
しかも、実は震源は兵庫。

受験生にとっては準備の勉強の負担が減るとか、複数の判定を受けることが出来、特定教科の失敗をカバーできる場合があるなど、良いこともあるわけです。

しかし、一方で、「入試の意味」、具体的には「なぜ4教科でなければならないか」ということと同時に「なぜ3教科でもいいのか」「なぜ2教科でもいいのか」あるいは「なぜ国算社でもいいのか」といったことにこたえられないと本当の改革ではありません。
今後の学院の広報などに、注目しておきたいと思います。




◎  帝塚山学院(住吉):来年度入試で3教科入試を導入 

Twitterでもご報告しましたが、今日、帝塚山学院で塾対象の説明会がありました。

今春の入試では、女子の各中学校が生徒確保に苦労する中で、新しく1次B入試を設けた帝塚山学院は、出願者数が昨年の320名から522名と、前年比163%の大きな伸び。
入学者も定員を超えて確保するなど、大変に好調な動きを見せています。

昨年度にプレテストを2回実施し、その2回目を関学内で実施するなど、これまで数年間を経て行ってきた学院の改革が形になってきているようです。
特に、兵庫県南部からのイベント参加・出願などが増えているそうで、ともすれば大阪のローカル校的イメージだったわけですが、そういった面からも変化しているように感じます。


さて、来年度入試での変更点ですが、募集人員などは変更ないものの、入試科目が一新されます。

■帝塚山学院 来年度入試 入試科目(全日程)
    関学コース
      4教科 国語100+算数100+理科50+社会50=300点満点
      3教科 (国100+算100+理50)×1.2or(国100+算100+社50)×1.2=300点満点
      
    ヴェルジェコース
      4教科 国語100+算数100+理科50+社会50=300点満点
      3教科 (国100+算100+理50)×1.2or(国100+算100+社50)×1.2=300点満点
      2教科 (国語100+算数100)×1.5=300点満点
   
   ○3教科受験生は受験前に「算国理」か「算国社」を選択します。
   ○判定方法は…
   例)ヴェルジェ4科受験者は4科・3科・2科で採点し、もっとも高い点数で判定。


  ※詳細は、今後発表される学校側の入試要項などでご確認下さい。


今春の入試と比較すると、3教科入試を導入し、関学コースの2教科入試を廃した形になります。


さて、男子で進んできた4教科入試⇒3教科入試への変更の波が、女子にも及んできたわけです。
しかも、実は震源は兵庫。

受験生にとっては準備の勉強の負担が減るとか、複数の判定を受けることが出来、特定教科の失敗をカバーできる場合があるなど、良いこともあるわけです。

しかし、一方で、「入試の意味」、具体的には「なぜ4教科でなければならないか」ということと同時に「なぜ3教科でもいいのか」「なぜ2教科でもいいのか」あるいは「なぜ国算社でもいいのか」といったことにこたえられないと本当の改革ではありません。
今後の学院の広報などに、注目しておきたいと思います。




◎  帝泉:小4+小5対象の体験入学:受付開始です! 

先日、ご連絡しました小4・小5対象の帝塚山学院泉ヶ丘中学校体験入学ですが、今日の午前9:00から受付を開始しています。
申込期間は3日間限定で、05/21/金の17:00までですの注意してください。

申し込みは、以下の専用フォームからお願いします。

   》》》帝塚山学院泉ヶ丘中学校ホームページ  》》トップページ

◎  大阪女学院:オープンキャンパスの残りがわずかになっています。 

小学校5・6年生を対象にした大阪女学院のオープンキャンパス。
第1回は終了し、第2回も定員を超えました。
残る第3回のみ、申し込み可能な状態です。

第3回の日程は06/12/土、時間は受付開始が12:30で13:00~14:30の予定です。
申し込みは先着300名までの定員制。

学校のホームページからの申し込みになります。
残りは5/18終了時点でのこり約150名ほど。

ほとんどの学校が、「行く」ことで印象が変わったり、新しい発見があるわけですが、大阪女学院はその期待が大きい学校のひとつです。

以下がURLになります。


   》》》大阪女学院  》》オープンキャンパス申込



back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。