南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  私立も無償化へ? 文科省が低所得世帯を対象に 

公立高校無償化が話題となり、大阪府も公立高校の学費を下げ、実質無償化に足並みをそろえるというのは、先日、お伝えしたばかり。
今度は、文科省が、私立も無償化する方向で、総務省へ要望を提出したとのこと。

以下は、共同通信の記事です。
引用の上、要約しました。
--------------------------------------------------------------------------------
私立も低所得世帯は無償化 文科省が総務省に要望へ
--------------------------------------------------------------------------------
文科省は公立高実質無償化に伴い、地方交付税交付金を転用、私立も低所得世帯は無償化できるよう総務省に求める方針を決めた。

対象は年収350万円以下の世帯とする考え。
私立通学の場合、現状では、低所得世帯でも10万円以上の負担が残る。
高校は入試の結果次第で私立に通わざるを得ないケースも。
この状態に対し、公平性を疑問視する声が出ていた。

文科省によると、授業料滞納の立て替えなどで、自治体負担の経費は年計約320億円。
国は相当する額の交付金を自治体に手当てしているが、無償化すれば不要になる。
これを私立高授業料と支援金との差額を埋める上積み分の財源にできると判断。
浮いた249億円を私立無償化に向け、交付金に組み込むよう総務省に求める。

政府内で合意すれば、小中学校なら年収350万円以下の世帯は完全に無償化が可能に。
上積み対象を約610万円まで広げ、年収に応じて傾斜を付ける考え。
実際の支給額は各自治体が判断。

高校実質無償化は、民主党のマニフェストの看板政策。
文科省は来年度の概算要求で4501億円を盛り込んでいる。
            2009/10/23 02:02 【共同通信】
--------------------------------------------------------------------------------

こうなると、私立への追い風になるかと思うのですが、なかなか、そうはいかないようです。

総務省からの地方交付税は、自治体が自由に使えるお金。
ですから、文科省のねらい通りに、自治体が使うかどうかはわからない。
結局、自治体の判断によるわけです。

さて、そうなると、また、注目されるのが橋下さんの動き。
「教育」に対する投資は、未来への投資です。
「今」のお金に困る大阪府は、どう判断するのでしょう。
「教育」に対する投資とは、「無」から「有」を作り出せる唯一の具体的な投資かもしれませんが…。
すくなくとも、「『公』を重んじ、『私』を捨てる」ような、バランスの悪い政策は勘弁していただきたいものです。

   》》》私立も低所得世帯は無償化 文科省が総務省に要望へ
             2009/10/23 02:02 【共同通信】



ランキングに参加中です。
お役に立ちましたらクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

◎  学費引き下げとともに定員を大幅増:大阪 府立高校 

橋下知事から、相次いで、府立高校の改革が発表されました。

まず、10月22日付けの読売新聞によると、府立高校の定員を1000人増やすとのこと。
以下、抜粋の上、要約しました。

--------------------------------------------------------------------------------
大阪の公立高 定員1000人増…授業料無償化 志願者増に備え
--------------------------------------------------------------------------------
公立授業料無償化などを受け、府と府教委は公立高校入学定員を約1000人増員する。
予想される、公立高の競争倍率上昇に歯止めをかけるねらい。

私立高生を持つ低所得者に対しても、国の助成に加え授業料相当の約55万円を補助。
実質無償化する。

増員は約25校で、1校あたり40人。
どの高校を増員するかは11月中に決める。
今春の府内の高校進学率は前年より1・2ポイント減の91・6%。
景気悪化などの影響から進学者は見込みより1000人以上少なかった。
(2009年10月22日 読売新聞)
--------------------------------------------------------------------------------

つまり…
  公立高校の実質無償化
    →公立高校の人気が高まる
       →受験者が増え倍率が高まる
          →募集定員を増やして、それに備える。
ということ。
実は、今年の中学3年生の総数がこれまでよりも多く、一部の学校では募集定員の増が予想されていました。
授業料の無償化の流れを受け、これを拡大して実施するようです。

「でも、大阪の授業料は、補助される金額よりも高くって、実質無料化にはならないでしょ?」という厳しいツッコミが聞こえたのか、橋下さんは、さらに次のような発表を…。

--------------------------------------------------------------------------------
大阪府立高、授業料値下げへ…国支給との差額解消 実質無料に
--------------------------------------------------------------------------------
国が授業料相当額の年118,800円を保護者に支給するのに合わせ、橋下知事は、全国一高い府立高の授業料(144,000円)を引き下げ、実質無料化する考えを明らかに。
橋下知事は「大阪だけ有償というのは政治家としてできない。授業料を他府県と同じにしないと」と。
必要な約23億円の確保に向け「府庁内全体の金の使い方を徹底してチェックする」
公立高の授業料は各自治体が条例で設定。
大阪と東京(122,400円)だけが国の支給額よりも高い。
(2009年10月23日 読売新聞)
--------------------------------------------------------------------------------

先の記事と合わせて読むと、今年、経済的理由で減少した1000名分の生徒さんを、定員の面・授業料の面で救い、進学率を引き戻したいという狙いもあるのでしょうか。

さて、1000人の生徒が増えると、何人の先生が必要になるのでしょう。
1000人といえばかなりの数。
「府立高校」という巨大なシステムの中で考えれば解決するのでしょうが、やはり問題は「生徒一人ひとりに」出来るだけ均質な、しかも質の高い教育がいきわたるかどうか。

この次には、「教育システム」の改革・提案がほしいところです。


   》》》大阪の公立高 定員1000人増…授業料無償化 志願者増に備え
               (2009年10月22日 読売新聞)
   》》》大阪府立高、授業料値下げへ…国支給との差額解消 実質無料に
               (2009年10月23日 読売新聞)


ランキングに参加中です。
お役に立ちましたらクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン

◎  五ッ木・駸々堂 第5回成績の返却が始まっています。 

五ッ木・駸々堂から第5回のテスト結果が返却されています。
今回の受験者数は、6361人。
昨年よりも387人の減でした。
これは昨年の94.3%にあたり、約5.7%の減少ということになります。
この減少には、インフルエンザに対する心配も含まれていると思われますので、それほど、大きな減ではないように思います。
(余談ですが、私立中学校主催の体験学習では、申込者の1割が辞退した学校もありました。)

気になる平均点ですが、前回、かなり下げた国語については、今回5点戻して、35点。
一方、他の科目については、3点~12点下がり、全教科30点台の平均になりました。
以下が、その表です。

平均点の比較 国語 算数 理科 社会 4科A
2009年度(第4回) 30 43 49 41 164
2009年度(第5回) 35 33 37 38 145

過去3年間の平均点を比較したのが以下の表です。
社会をのぞいて、国・算・理が、ここ3年間でもっとも低い平均になっています。

過去3年間平均点 全受験者 国語 算数 理科 社会 4科A
2009年度(H21) 6361人 35 33 37 38 145
2008年度(H20) 6748人 44 38 49 36 167
2007年度(H19) 6797人 39 42 40 36 157
2007~2008平均 6635人 39.3 37.7 42.0 36.7 156.3
今年と平均の差 -274人 -4.3 -4.7 -5.0 1.3 -11.3
昨年度 6748人 44 38 49 36 167
今年と昨年の差 -387人 -9 -5 -12 2 -22

理科についてですが、どの問題を見ても、全般的に昨年より低調でした。
昨年は、本格的な理科計算の問題が水溶液の性質だけでしたが、今年は、力・気体の発生、また、大地の変化の一部と増えたことが影響しているかもしれません。

今後の学習の中では、ますます「入試演習」の割合が増えてくるでしょう。
その中では、取りこぼしやミスを防ぐために、細心の注意をすることが求められるわけです。
五ッ木・駸々堂では、採点済みの答案を返却していただけますから、自分の答案をしっかり見て、研究することもできますね。
テスト終了直後の「やり直し学習会」でも有効なことがあるように、しばらく時間を置いて、自分の答案を見ることでも、新しい発見があるかもしれません。

返却されたままで、ほったらかしということが無いように、しっかり活用しましょう。



《《《お知らせ》》》
毎回、お問い合わせをいただく「五ッ木・駸々堂 やり直し学習会」ですが、11/1/日に実施される特別会では実施しません。
これは、受験生の受験会場が多岐にわたるためです。
すでに、お問い合わせをいただいた方もありますが、どうぞ、ご理解いただきますようにお願いします。
なお、11/29/日に実施される第6回テストでは、開催を予定しています。
たくさんのご参加をお待ちしています。


◎  今、公立中学で心配なこと。 

まず、あらかじめお断りをしておきます。
今日のエントリーは、すべての公立中学校のすべてのテストに当てはまるわけではありません。
ただ、おそらく、保護者の方たちが中学生の時には、ほとんどおこらなかったことだと思いますので、あえて、エントリーしました。

11月も目前です。
中学校では、2学期の中間テストが終了し、結果が返却されています。

堺市の各中学校では、おそらく同じソフトで、同じような成績表を返却されています。
その中に、「度数分布」を表した表があるわけです。

以下に、生徒数320名で、平均点がほぼ50点になるようにグラフを作成してみました。
これは、ダミーデータですから、どの学校のどの科目というわけではありません。

グラフ2


グラフをご覧いただいてわかることは、「平均点付近の生徒が多く」「高得点になるほど、また、点数が低くなるほど人数が少なくなる」ということで、例えるならば「山型」のグラフになっています。

こういったグラフであれば、見慣れておられると思います。

さて、次のグラフはどうでしょうか。
これもダミーデータですが、先ほどと違い「谷型」になっていますね。

グラフ1


つまり、比較的高得点の生徒さんが多い一方で、一桁得点の方が50名以上おられます。
実は、こういった分布でも、320名で平均がほぼ50点になるのです。

仮に、学校の先生に、「テストの平均は?」とお聞きして、「ほぼ50点です」とおっしゃっても、その分布に注意する必要がありますね。

さて、本題はここから。
実際に、2番目の「谷型」のグラフになることがあるのでしょうか。

残念ながら、公立中学校の結果を見せていただくと、かなりたくさん見かけます。
テストの内容にもよるでしょうか、特に英語に顕著のように思います。
府下全体や全国規模になるとデータがありませんので、わかりません。
しかし、こういった事例は増えているのではないでしょうか。


この結果を取り上げて、生徒さんの学力が低下していると主張するつもりはありません。
しかし、かつては、学力が低くても、何とか努力して、点数を上げようとする生徒がほとんどでした。
その努力の集積があの山型の分布だったように思うのです。
保護者の方たちのときはいかがだったでしょう。

最近は、能力があっても、それを磨かず、テストで発揮しようとも思わない生徒さんが増えているのではないでしょうか。

ここには、基礎学力の問題・小学校での指導の問題・家庭での指導(特に「努力」や「学力」に対する価値観)・中学校での指導・そういった状況を許容する社会状況…などなど、様々な原因があると思います。
あえてここでは論じません。

考えたいのは、中学受験を目指している場合、目標とする中学校ではどう対応しているかということです。
基礎学力や本来の能力に差があるとしても、「できるかぎり力を発揮し、自己表現を目指す」ように指導しておられるのかどうか。
私立中学校へ進学を希望する方たちが、私学へ期待している大切な要素のように思います。

私が知っているかぎりですが、当Blogで取り上げている学校では、「谷型」に分布している中学校は無いようです。
また、冒頭に書きましたようにすべての公立で起こっている問題でもないわけですから、ことさらに騒ぎ立てるつもりもありません。
しかし、「わが子を進学させる学校」として考えた場合には、ちょっと気にしておくべきことではないでしょうか。


ランキングに参加中です。
お役に立ちましたらクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン

◎  初芝橋本中学 11/14/土に体験学習会を実施します 

先日、大阪南部の各中学校の体験学習会・プレテストの日程をエントリーしましたが、初芝橋本中学校でも体験学習会が実施されますので、ご紹介します。

--------------------------------------------------------------------------------
 第3回 初芝橋本中学 体験入学のご案内
--------------------------------------------------------------------------------
  日時:11月14日(土) 午前9:00~12:30頃まで
  内容:国語・算数のプレテスト(各40分)
       その後、学校紹介と体験授業(国語・社会・数学・理科・英会話・情報)
       ※保護者の方には入試説明会を実施。その後、校内見学・授業見学
  申し込み方法:塾を通じて申し込む
  持ち物:筆記用具と上履き、下足袋
  交通:南海高野線林間田園都市からスクールバスを運行。また、自家用車も可
--------------------------------------------------------------------------------

こういった機会の必要性は、これまでにもいくつかご紹介してきましたが、実際に学校に「行く」ことで、学校までの経路がわかるわけです。

地図で見ているだけではなく、実際に電車を利用し、駅に降り、スクールバスを利用することで、通学の時間などと同様に、通学の環境もわかります。
特に、初芝橋本の場合は、「林間田園都市駅からバス」と聞いただけで敬遠する人もありますが、実際は、話から感じるほど大変ではありません。
また、学校の周辺の様子も良く見てほしいポイントです。

こういった様々な「雰囲気」を、体験するためにも、ぜひ、この機会を活用してください。


   》》》初芝橋本中学校高等学校




ランキングに参加中です。

お役に立ちましたらクリックお願いします。

↓  ↓  ↓

blogram投票ボタン


◎  進学適性チェックテストを実施します! 

航路開拓舎の上本町校と堺市・東区校では、11月1日と8日の日曜日に、「進学適性チェックテスト」を実施します。

バナー300-60


このテストは、現在の学力だけでなく、アンケートによって、「もし、受験するならこんな学校」をご紹介するものです。
計算と漢字をテストから独立させ、現在の基礎力を見ると同時に、思考力や図形を見る力などは総合テストで判定します。
また、解答の方法は、記述式になります。
ですから、初めてこういったテストを受験するお子さんも、安心して受験できます。

詳しくは、上記のバナーから、航路開拓舎 堺市・東区校のホームページにリンクしていますので、そちらをご覧ください。
学研のホームページやお問い合わせフォームについては、リンク先トップページ上部の「Event」に関するバナー「進学適性チェックテスト」からリンクしています。

たくさんの方のご参加をお待ちしています。


◎  四天王寺中学:採点基準は? 

10月も下旬に差し掛かりました。
この時期になると、すべての受験生が入試演習に取り組んでいるといってもいいでしょう。

入試演習で、一番効果的なのは、正誤をきちんと確認し、その理由を探ることです。
そのためには、「入試本番と同様の基準で採点する」ことが不可欠になります。
特に、国語を始めとする記述問題では、その基準が難しく、悩むことも多いでしょう。
必ず、お通いの塾の先生の意見を参考にして、採点してください。
自分でマルと思っていても、不正解だったり、逆に、間違いと思っていても、正解の場合もあります。
また、部分点をつけるにしても、きちんとした判断の基準が必要です。


さて、そういった中で参考になるのが、一部の中学校で発表されている採点基準です。
今回は、四天王寺中学で発表されているものを掲載します。
参考にしてください。

--------------------------------------------------------------------------------
国語
--------------------------------------------------------------------------------
  ①漢字の書き取り問題に関して
     書き取りに関しては、ハネは正確に書いてください。
     トメ・ハライに関しては字によります。
  ②抜き出しの問題に関して
     誤字減点します。
     脱字は厳しく採点します。
    (不可になるかどうかは問いによって違います。)
  ③記述問題に関して
     内容によりますがポイントを押さえていれば、部分点を与えます。
--------------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------------
算数
--------------------------------------------------------------------------------
  ①部分点に関して
     部分点はありません。
     約分に関しては部分点はあります。
  ②答えの単位に関して
     単位は解答用紙に記入済みです。
    (コンパス・定規は使用可)
--------------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------------
理科
--------------------------------------------------------------------------------
  ①小6の3学期の範囲からの出題に関して
     極力配慮する予定です。
   ※学校で学習していない範囲が出題されるかどうかということです。(南十字☆)
  ②計算問題の答えにおける分数・小数に関して
     答えの表示形式は問題文中に指示しています。
     その指示に従ってください。
--------------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------------
社会
--------------------------------------------------------------------------------
  ①小6の3学期の範囲からの出題に関して
     配慮しています。
  ②人名や都道府県名などのひらがなに関して
     教科書に出ている漢字は、原則として不可になります。
   ※教科書表記が漢字なら解答も同様に漢字で書きなさいということ。(南十字☆)
--------------------------------------------------------------------------------

どうでしょうか。
今後も、機会があれば、他の学校についても、わかるものについて、エントリーしてみます。



ランキングに参加中です。

お役に立ちましたらクリックお願いします。

↓  ↓  ↓

blogram投票ボタン

◎  秋の夜長に「オリオン座流星群」 23日までピーク 

10月も、もう下旬です。
この頃になると、かなり遅い時刻まで勉強しておられる方もあるでしょう。
明日の学校のことを考えると、あまり夜更かしはできませんが、来週は「オリオン座流星群」のピークにあたるとのこと。
観測できる時刻も深夜からということですから、勉強で興奮した頭のクールダウンをかねて、ちょっと星空を眺めてはどうでしょうか。

オリオン座流星群といっても、オリオン座の星が流れるわけではありません。
見える方向がオリオン座の方向だから、こういった名前になっています。
流星の原料は、有名なハレー彗星がまき散らしたちりで、これが地球の大気の中に飛び込んできて発光します。

ここ数年は、活動が活発化しており、2006年には、1時間あたり50個以上観察されたそうです。

今年も、18日に月が新月となるなど、観測の条件が整っています。
流星群といっても、「雨あられ」と降り注ぐのではありませんが、一瞬の神秘的な光は、なかなか印象深いものです。
もちろん、見えている間に、志望校合格のお願いを忘れずに!


   》》》毎日jp 「オリオン座流星群:23日までピーク 1時間50個も?
   》》》AstroArts 「2009年10月21日 オリオン座流星群が極大
   》》》つるちゃんのプラネタリウム「オリオン座流星群が極大 2009年10月21日未明




ランキングに参加中です。

お役に立ちましたらクリックお願いします。

↓  ↓  ↓

blogram投票ボタン

◎  秋の夜長に「オリオン座流星群」 23日までピーク 

10月も、もう下旬です。
この頃になると、かなり遅い時刻まで勉強しておられる方もあるでしょう。
明日の学校のことを考えると、あまり夜更かしはできませんが、来週は「オリオン座流星群」のピークにあたるとのこと。
観測できる時刻も深夜からということですから、勉強で興奮した頭のクールダウンをかねて、ちょっと星空を眺めてはどうでしょうか。

オリオン座流星群といっても、オリオン座の星が流れるわけではありません。
見える方向がオリオン座の方向だから、こういった名前になっています。
流星の原料は、有名なハレー彗星がまき散らしたちりで、これが地球の大気の中に飛び込んできて発光します。

ここ数年は、活動が活発化しており、2006年には、1時間あたり50個以上観察されたそうです。

今年も、18日に月が新月となるなど、観測の条件が整っています。
流星群といっても、「雨あられ」と降り注ぐのではありませんが、一瞬の神秘的な光は、なかなか印象深いものです。
もちろん、見えている間に、志望校合格のお願いを忘れずに!


   》》》毎日jp 「オリオン座流星群:23日までピーク 1時間50個も?
   》》》AstroArts 「2009年10月21日 オリオン座流星群が極大
   》》》つるちゃんのプラネタリウム「オリオン座流星群が極大 2009年10月21日未明




ランキングに参加中です。

お役に立ちましたらクリックお願いします。

↓  ↓  ↓

blogram投票ボタン

◎  【新版】プレテスト開催予定一覧 

先日、アップしましたプレテストの日程一覧ですが、近畿大学附属中学校(11/7/土実施分)が掲載されていませんでしたので、改めて、アップします。

前回のエントリーでもご紹介しましたが、こういった機会は、どんどん活用してください。


なお、詳細のお問い合わせは、各校へお願いします。

種別 学校名 行事名 開催日 受験後の対応
帝塚山学院 プレテスト 10/17/土 11/07/土に分析会+個別アドバイス会
浪速プレテスト 10/17/土 ***
体験学習会 10/17/土 ***
賢明< /TD> 入試説明会 10/17/土 ***
上宮& lt;/TD> 体験学習会 10/18/日 ***
上宮太子 体験学習会 10/25/日 ***
帝塚山学院泉ヶ丘 プレテスト 11/03/火 11/14/土にプレテスト個別懇談会実施
清教学園< /A> 清教中模試 11/03/火 11/23/月・祝に成績懇談会
近大附属 プレテスト 11/07/土 ***
初芝立命館 オープンスクール 11/08/日 11/21/土に個別入試説明会開催
初芝富田林 体験入学 11/08/日 ***
浪速プレテスト 11/14/土 ***
帝塚山学院 プレテスト 12/06/日 ***
賢明< /TD> 入試説明会 12/12/土 ***


上記の表のうち、いくつかは、すでに締め切っている可能性もありますので、学校やお通いの塾に確認をお願いしたいのですが、出来るだけ参加されることをお勧めします。

今回追加した近畿大学附属の場合は、終了後に、「採点結果・合格可能性判定・得点分布表・採点済みの答案用紙・模範解答」を送付していただけます。
こういった対応は学校によって、違いがありますが、「採点済みの答案用紙」を見ることができるというのは、大きな利点です。
採点の方法や基準などが分かるからで、実際の入試で、答案を作るときに必ず役立つでしょう。

また、ほとんどの学校のプレテストは、実際の入試傾向に合わせたもの。
ですから、一般的な実力テストを受験する場合と違って、「その学校の出題傾向でどれだけ力を発揮できるか」ということも測ることができます。
来年度、募集コースをS特進Ⅰ類+S特進Ⅱ類とした清教(※関学コースも残っています。)では、来春の入試を念頭においた内容にされているそうですから、清教を第1進学希望にしている方はもちろん、検討対象にしている方も、「自分の力がどこまで発揮できるか」を試すことができるでしょう。
このように、「来年度の入試を垣間見ることができる」というのも、プレテストの大切な働きかもしれません。


ランキングに参加中です。
お役に立ちましたらクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。