南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  五ッ木・駸々堂のやり直し学習会を開催します! 

昨年度も開催した「五ッ木・駸々堂のやり直し学習会」を、今年度も開催します。
第1回は、五ッ木・駸々堂の第1回テストが実施される3月1日日曜日。
実施会場は、以下の教室です。

    ■航路開拓舎 上本町校
          →清風中学校をでて、西へすぐのところにあります。
           また、明星などからも来ていただける距離です。

    ■航路開拓舎 堺市・東区校
          →南海高野線北野田駅の北西にある交差点の北側にあります。
           駅からは5分ほど。1階に「てんとむし」という玩具店、「味香」という喫茶・軽食ができるお店があります。
           初芝立命館中学校はもちろん、帝塚山学院泉ヶ丘中学校からも金剛駅から急行ですぐです。
             (※今回は帝塚山学院泉ヶ丘は試験会場ではありません。)

最大の特徴は、「その日に解いたテストを、その日に解決する」ということ。
テストを受けた印象が濃いうちに、自己採点・やり直しが出来ます。
また、算数の解説授業もおこないます。
問題内容の解説はもちろん、テストの解き方も指導しますので、ぜひ参考にしてください。


対象 真剣に、明るく前向きに中学受験を志す小学校6年生
指導日 ■3月1日(日)=第1回五ッ木・駸々堂終了後です!

   なお、来年の五ッ木・駸々堂の開催については、以下の予定が発表されています。
   航路開拓舎では、第1回~第6回までやり直し会を実施します。(特別会をのぞく)

五ッ木・駸々堂平成21年度実施予定
   第1回:3/1、 第2回:5/17、 第3回:7/5、 第4回:9/6(+Sテスト)
   第5回:10/11、 特別会(小6対象):11/1、 第6回:11/29(+Sテスト)
会場  ◎ 上本町校 清風学園正門西側すぐ(近鉄上本町駅南へ徒歩3分)
 ◎ 堺市・東区校 南海高野線北野田駅徒歩5分(北野田駅北西角交差点北側)
時間帯  教室開放時間帯 13:00~17:00 
     (自己採点・やり直し学習などにご利用ください。担当がアドバイスも致します。)
  14:00~15:20に算数の解説授業を実施します。
費用  無料で開催します。
備考  五ッ木・駸々堂の問題・解答など当日配布された資料とノート・筆記用具などをご用意ください。
 当日は、14:00~15:20に算数の解説授業を実施いたしますが、自習用のスペースも確保いたします。
 教室の関係で、先着順とさせていただきます。


詳しくは、左のリンクからどうぞ。
お問い合わせ・お申し込みも、左の問い合せフォームからお願いします。
また、会場の地図は、以下のリンクを参考にしてください。
特に、堺市・東区校は、一部の検索ソフトで、全く違う場所が表示されます。
お待ちしています。

--------------------会場地図----------------------------------------
                  ■航路開拓舎 上本町校
                  ■航路開拓舎 堺市・東区校

スポンサーサイト

◎  asahi.comで、「私立中高一貫校の人気のヒミツ」を連載中 

asahi.comでは、昨年の11月25日から「私立中高一貫校の人気のヒミツ」を連載中。
実際は、「私立中学・高等学校ガイド なぜ!なに!?中学受験」という一連の記事の一部なのですが、特定の学校にこだわらない「概論」的な記事になっています。

最近は、「カリキュラム編」として、公立中学校との違いを説明しています。
これまでに、

     2008年12月22日…国語教育とその広がりについて
     2009年01月13日…数学教育について
     2009年01月27日…社会科について

以上、3回、記事が掲載されています。


実際は、学校によってカリキュラムが違いますし、年度によっても違いがあることが多いのですが、「公立と私立の違いを大まかに知る」ためには、一度、目を通されてもいいのではないでしょうか。

その後、進学を希望する学校の授業の進め方をきちんと確認するほうが、より学校の工夫を深く知ることができるでしょう。


なお、学校による違いですが…
  毎年、少しずつ見直すものの、先生の体制に関係なくカリキュラムが固定している学校
  先生の体制によって、カリキュラムはもちろん、教材も変化する学校
など、大きな違いがあります。
どちらがいいのかというのは一概にいえません。
しかし、その学校の特色であることは間違いありませんから、学校の説明会などで確認されてはいかがでしょうか。


   》》》asahi.com
            》》2008年12月22日…国語教育とその広がりについて
            》》2009年01月13日…数学教育について
            》》2009年01月27日…社会科について




◎  大阪女学院から入試結果が発表になりました 

大阪女学院の入試結果が判明しました。
以下が、今春(2009年度入試)を含めた、3年間の推移です。

2009年度 募集人員 出願数 受験者数 合格者数 合格最低点 倍率
前期A方式 210 562 540 413 176 1.31
前期B方式 194 187 160 211 1.17
後期日程 286 74 41 96 1.80
2008年度 募集人員 出願数 受験者数 合格者数 合格最低点 倍率
前期A方式 210 553 538 364 181 1.48
前期B方式 244 235 178 216 1.32
後期日程 248 71 46 101 1.54
2007年度 募集人員 出願数 受験者数 合格者数 合格最低点 倍率
前期A方式 210 637 610 391 217 1.63
前期B方式 310 303 257 243 1.21
後期日程 224 85 43 130 1.98

昨年と比較すると、前期が若干、広き門ですが、後期は、かなりの厳しさです。
特に算数が難しく、受験生はかなり手を焼いたということでした。(後期受験者の算数平均50.5)

なお、受験生が前期A方式の集中している点に注目すべきです。
入試制度から考えて、実質的に専願あつかいとなるのがこのA方式。
そういった生徒さんが増えているわけです。

◎  速報!明星:来年度入試、3科・4科選択制を採用 

今年度入試がほぼ終了した段階ですが、いち早く、明星中学校が来年度入試の一部変更を発表しました。

これまで、明星中学校では、3年前から、2次入試で「3科・4科選択制」を採用していましたが、平成22年度から1次入試についても「3科・4科選択制」を採用するとの発表がありました。
詳細については、今後、1次入試も含めて検討し、決定後発表するとのことですので、情報が入り次第、お知らせします。

すでにご存知のように、星光・洛星・高槻が同様の動きを見せています。

今後、男子上位校の3教科入試化の動きは、ますます加速されるものと思われます。


なお、同時に、今年度入試状況も発表になっています。

--------------------------------------------------------------------------------
■明星中学 平成21年度入試状況
--------------------------------------------------------------------------------
  [一次試験]
     出願者数  404
     欠試者数  29
     受験者数  375
     合格者数  224
     実質倍率  1.67倍
     合格基準  269点
     
  [二次試験]
     出願者数  852
     欠試者数  156
     受験者数  696
     合格者数  329
     実質倍率  2.11倍
     合格基準  265.00点
--------------------------------------------------------------------------------



◎  早稲田摂陵に関する一連の報道から… 

今春の入試で話題となったことのひとつに「大学との連携」がありました。
その中でも、注目されたのが早稲田摂陵の誕生です。
サンケイ新聞による一連の報道を追ってみると、様々なことが見えてきます。

以下、引用の上、要約しました。


まず、昨年の10月下旬。
大学のブランド力で、私立中高説明会でも注目されているという記事。
------------------------------------------------------------2008/10/25 12:17
有力大の「ブランド力」魅力 近畿の私立中高説明会がスタート
   特に注目を集めているのが、「早稲田」「立命館」を冠した摂陵中高と初芝堺中高
   摂陵中高の入試部の担当者は「中学の説明会も去年の2倍の参加者数だった。
  “早稲田効果”というほかない」。
   業者テストでの合格難易度も上昇し判定偏差値が中学は約50(前年度約40)
   に達した模擬試験もあるという。
   魅力は1学年40人の早大推薦枠。
   第一ゼミナールは「摂陵受験者が集中する大阪北部は関東からの転勤族の寮も多い。
   早稲田の枠は関西の有名私大以上の魅力があるはず」とみる。


確かに注目度は抜群でした。


しかし、出願状況に関しては以下の報道。
出願者は減少してしまいました。
------------------------------------------------------------2009/01/16 14:58
不況でも子供に投資 私立中入試、高倍率
   21年度から早稲田大の系属校へ移行する摂陵
   倍率は1.61倍から1.17倍に落ち込んだ。
  “早稲田効果”で大阪の中学受験地図を塗り替えるとの見方もあったが
  「非常に厳しい数字だ。告知が足りなかったのか…」と小関校長。
   初年度授業料を71万円(前年度55万円)に値上げすることを決め
  「助成削減を受けての苦渋の決断。景気低迷の中、保護者から敬遠され
   たのかも」と話す。

これより前に、府下の私立中高の学費が値上げになるとの報道がありましたが、その中でも、早稲田摂陵の上げ幅が大きかったために、その点に注目が集まったのは事実かもしれません。


次は、入試翌日の報道。
------------------------------------------------------------2009/01/18 23:08
関西のワセダは穴場? 中学入試1・12倍
   早稲田摂陵中の入試が行われ140人の募集に対し最終的に157人が挑んだ。
   1学年40人が早大へ内部進学ということで注目されたが倍率は1・12倍に。
   同校によると専願は37人で、関東や四国からも志望があった。
   齋藤入試部長は「期待を下回る人数だったが、昨年6月に系属校化を発表して
   間がない。中学入試は数年かけて準備する。志望先として定着するのは来年以降」
   と話していた。


題名から読み取れるのは、「同じ早稲田に行くならば、関西から行けば楽に行けますよ」といったニュアンスでしょうか。
確かに、関東・四国からも出願があったということから考えると、それだけ熱心に早稲田に行きたい方がおられるということです。

しかし、本当に「穴場」だったかというと、そんなことはない。
なぜなら、合格者数は、全入試を通じて57名だったからです。

ここに早稲田摂陵の考えが一番、反映されているところで、合格者を人数で選ぶのではなく、レベルで選んだということでしょう。

学校側のコメントには、以下のようにあります。
全文、そのまま引用させていただきます。

平成21年度中学入学試験結果速報------------------------------------------------
平成21年度中学入学試験が17日(土)と18日(日)に実施されました。 A入試におきましては実質競争率4.6倍、B入試におきましては2.4倍 となりました。また、A・B入試全体の合格者平均点は315点(満点450点)でした。


この一連の流れから考えさせられるのは、「大学名」という大きな「灯台」を立てた各中学校が、本当にその目標に船を導けるのかどうかということ。
単に、中学校・高等学校の人数確保、あるいは大学への入学者確保といった「看板」として「大学名」を利用することも出来るわけで、受験者は、それをきちんと見分けなければならないということでしょう。

今回の早稲田摂陵の入試の詳細は、徐々に明らかになってくるでしょう。
また、今年の入試の結果が、来年の難易度にも反映していくわけで、受験希望の方はきちんとつかんでおく必要があります。


(今日のエントリー、少々長くなりました。しかし、本当に報道すべきは、早稲田摂陵の入試結果だと思うのです。)


   》》》有力大の「ブランド力」魅力 近畿の私立中高説明会がスタート
   
   》》》不況でも子供に投資 私立中入試、高倍率
   
   》》》関西のワセダは穴場? 中学入試1・12倍


   》》》早稲田摂陵  》》平成21年度中学入学試験結果速報




◎  近畿大学附属中学:後期入試結果 

近畿大学附属中学から、後期入試の概況が発表になりました。

--------------------------------------------------------------------------------
■近畿大学付属中:後期結果
--------------------------------------------------------------------------------
  【後期入試概況】(  )内は昨年度
    志願者数 460名  (502名)
    受験者数 254名  (308名)
    合格者数 121名  (129名)
    実質倍率 2.1倍  (2.4倍)
  
      合格基準点[後期試験は320点満点]
         医薬進学コース 218点   (215点)
         英数特進コース 211点   (210点)
         英数標準コース 200点   (205点)
--------------------------------------------------------------------------------

志願者・受験者ともに昨年を下回っていますので、実質倍率も下がっています。
しかし、2倍を越える厳しい状況だったようです。

学校側によると「実力の伯仲する受験生がたくさんあつまり、判定に苦慮」したとのことでした。

◎  城星学園:B日程の結果発表について 

現在、B日程の結果が発表されています。

先日、不具合を報告させていただいたところ、学校から「今回はFireFoxでも正常に表示されることを確認しております」という旨のメールを頂きました。
さきほど確認しましたが、きちんと表示されています。

学校側にも、入試事務等でお忙しい中ですのに、しっかりとした対応をしていただきました。




◎  近大附属:後期試験出願数確定 

近畿大学附属の後期試験の出願数が確定しました。

--------------------------------------------------------------------------------
  ■近畿大学附属中学校 後期試験  最終出願数 460名(502名)
--------------------------------------------------------------------------------


昨年よりも、若干少なめのようです。




◎  入試結果:近畿大学附属中 

近畿大学附属中学校から、前期入試の結果が発表されました。

--------------------------------------------------------------------------------
近畿大学附属中学:2009年度入試前期結果
--------------------------------------------------------------------------------
      以下、学校が公表した数値です。( )内は、昨年度の数値です。

 志願者 393名(354名)
 
 受験者 385名(343名)
 
 合格者 257(229名)
      医薬  36名(23名)
      特進 100名(89名)
      標準 121名(117名)
 
 合格最低点
      医薬 268点(266点)
      特進 252点(245点)
      標準 222点(215点)
 
 実質倍率 1.50倍(1.50倍)
--------------------------------------------------------------------------------

実質倍率が、昨年と同じであるということから考えると、それほど難易度は変化していないように見えます。
ただし、合格最低点が、少し上がっています。
しかも、医進は+2点ですが、特進・標準ともに+7点となっていますから、昨年度合格者よりは、基準が高くなったようです。
受験者の平均得点などのデータを加味して判断しなければ、判断できませんが、いわゆる「底上げ」になった可能性はあります。

なお、後期試験の出願は今日の正午が最終になっています。

プレゼント、贈答品に最高級チョコレートはいかが?

◎  城星学園のweb発表について 

学校側に最終的な確認をとっていませんが、FireFoxで閲覧した場合に、正常に表示されないようです。

本来は、合格者番号はpdfファイルとして、中・高のホームページのトップにあります。
センター一番下の部分ですが、インターネット・エクスプローラーでしたら「合格者番号」と表示されているのですが、FireFoxだと「海外語学研修レポート」になっています。
それをクリックすれば、FireFoxでもpdfファイルが閲覧できますが、ちょっと、注意が必要です。

なお、現在、学校側に連絡中です。





back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。